テニス知識

高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

冬場の時期、トレーニングに汗を流すテニスプレイヤーのみなさんも多いと思います。

ランニングはもちろん、素振りやウェイトトレーニングも、実は音楽を聴きながらリズム良く継続出来ると、試合でも身体が動きやすい。

ベイビーステップの主人公も、音楽の力を通じて自分のテニスのリズムを確認する、そんな場面もありましたよね。

自分らしい曲、を身体に染み込ませておくと、試合の緊張した場面でもリズムが取り戻せる。

口ずさんでしまうくらい、身体と音楽をシンクロさせてみるのも、立派なテニス選手としての実力です。

 

高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

 

1.リズム感は、大人になってからでも養える!

私自身、音楽には疎い方なんですが・・・。

それでも、以前にリズムトレーニングみたいなことを実践して、衝撃的だったことがあります。

テニスのラリー、どんなラリーでも、実はある一定のリズムがある。

速い、遅いはあるけど、それに合った曲調の音楽を聴きながらラリーすると、すごく身体が動きやすい。

ステップも、先回り出来てミスが減る。

ボールを打っている音は聴こえ辛いですけど、あまり気になりませんでした。

そして何より、ランニングやサーキットトレーニングみたいな厳しいトレーニングの時、ですよね。

私自身、随分音楽の力には助けてもらいました。

 

2.「この曲までは、頑張る!」と思えれば、自分を追い込める

ランニングでも、素振りでもウェイトトレーニングでも、一緒です。

どこかで終わりを作らないといけないけど、自分に甘えたくはない。

そんなときには、「曲」を区切りにすると良いですよ。

「大好きなこの曲、まではやり切る!」と決めると、自分の中でも自然と追い込める。

楽しようと思う気持ちに、打ち勝つことが出来る。

そしていざ、試合前にその曲を聞くと・・・思い出すんですよ、必死でやったトレーニングを。

「あれだけやったんだから、そう簡単には負けないよな」と思えてくる。

こういうメンタルは、自分自身で作ることが出来るはずです。

 

3.高音質で防水仕様、ワイヤレス

私が現役の頃は、コード有りでウォークマンにつないだまま。

結構、大変でしたけど、ランニングはさほど気になりませんでした。

でも、素振りになると、背中にコードを回しても、なかなかラケットは振り辛い。

ボレーの練習は出来るけど、サーブやストロークはフォームが大きいのでコードが邪魔になってしまうんですよね。

でも今なら、当然のようにワイヤレスのイヤホンがありますからね。

それに、汗や雨にも強い防水加工もバッチリ、しかも高音質。

コスパも含めて、オススメは「サンワダイレクト Bluetoothイヤホン」です。

 

4.高機能なのに、低価格

特徴としては、シンプルなのに高機能で低価格。

学生のみなさんにも、充分に手に入る金額感だと思います。

イヤーフックとカナル型デザインで外れにくく、耳にしっかり固定されるので、体を動かしている最中も外れにくくアクティブに使用できます。

 

出典:prtimes.jp

 

フル充電で8時間の再生も可能なので、iphoneやipodよりも先に電池切れということも少ないでしょう。

テニスのトーナメント大会、も朝から夕方までしっかり乗り切れると思います。

 

左右にマグネットを内蔵している構造なので、ピタッとくっつけてすっきり収納することができます。充電はUSBポートから充電できるので、付属のケーブルを使用することで。パソコンの充電ポートやUSB充電器から手軽に充電することができます。

 

出典:prtimes.jp

約16gの軽さで、付け心地も良く耳も痛くならない、ワイヤレスイヤホン。

まだまだ寒いこれからの時期に、大活躍だと思いますよ。

 

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…

関連記事

  1. テニス ソックス

    テニス知識

    テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよう!

    テニスをしていると、意外と消耗品になるのがソックス。クレーコー…

  2. テニス知識

    バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

    「ここぞ」という時に、踏ん張れる。ストロークでもボレーでも、最…

  3. テニス 振動止め

    テニス知識

    テニスラケットに振動止めって、必要?不必要?

    いくつか、ご質問頂きましたので、私も考えてみたいと思います。皆…

  4. テニス知識

    伸びるボールが打ちたいなら、ガットを緩めに調整が基本

    ボールの飛びを、ガットで調整する。これ、意外と頭に無い方が多い…

  5. テニス知識

    KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」をサポートしよう

    みなさんは、テニスを続けている中で怪我に苦しんだとはありませんか?…

  6. テニス知識

    大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

    みなさんは、こんな経験ありませんか?テニスの大会でお昼ご飯を食…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ダブルス

    ポーチに出ないと発生する、ダブルスでのデメリット5つ
  2. メンタル

    練習の頻度に関わらず、テニス歴3年以上なら「習う」段階から卒業していこう
  3. テニス ストローク

    ストローク

    テニスのラリーでは、「まず良いボールを打つこと」に集中して、打球方向は見ないに限…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    結果を出せるテニス選手になりたければ、「うろたえ癖」を解消する必要があります
  5. ストローク

    ドロップショットが相手に効くのは、「その前のショットがしっかり深い」ときだけ
PAGE TOP