テニス スマッシュ

ボレー

ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!

目次

ダブルスの試合で、実力に関わらず大事なこと。

前衛のプレーって、難しいし、怖い・・・と感じている方は、とにかくこれだけでも意識して欲しい。

初心者の方で試合に出る!という方でも、すごく大事なポイントです。

出来ないなりに、出来ることがテニスにはあります。

ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!

1.ポーチに出るのは・・・やっぱり怖い!

と、感じるのは、当然。

試合に出始めたばかりの方なら、いきなり動くのはすごくハードルが高いですよね。

触ったらミスしそうだし、邪魔してしまう感覚になってしまう。

だったら、「前に詰める」ことをしっかりやってみてはどうでしょうか?

これだけでも、かなり相手は嫌なはずですよ。

ネット近くに詰めるだけで、相手にプレッシャーもかけられるし、ミスも減る。

良いことずくし、です。

2.触らなくても、相手からミスを誘える前衛が最高

私は、こういう前衛が理想だと思っています。

自分で決めるまでもなく、相手にプレッシャーをかけてミスを誘う。

自分で決めること、ばかりに頭がいっている人は、ミスかナイスショット、の繰り返しじゃないですかね?

これでは、試合で計算出来ない。

前に詰めて、相手が打つ瞬間に「出るぞ!」と少しフェイトを入れるだけで、ダブルスは面白いように相手がミスしてくれます。

ポーチに動くことは難しくても、数メートル前に出るだけなら、誰でも出来ますからね。

3.でも、ロブが来たらどうしよう・・・?

と、思う方も多いでしょう。

前に詰めていれば、相手は必ず上げて来ます。

これは、最初は後衛に任せてもOK。

その後、ロブを上げて来るような相手なら、少し下がったポジションを取れば良いと思います。

ただし、大事なのは前に詰める姿勢自体は、止めないこと。

相手がロブを上げて来たから、下がる・・・のでは、相手の思うツボ。

相手のロブを先読みするポイントはあって良いけど、基本は前に詰める。

詰めて相手にプレッシャーをかける姿勢、だけは忘れないで下さい。

4.ボレーが苦手な人は、そもそもネットから遠いんです

この事実、と向き合いましょう。

ネットから遠い位置でボレーしているから、アウトもするしネットも多い。

しっかり前に詰めれば、打てるコースは拡がるし当たり損ないでもコートに入る。

ネットから遠い前衛なんて、試合では全然怖く無いんですよね。

みなさんも、相手にした時にそうじゃないですか?

前に詰めて、プレッシャーをかける前衛こそ、強いし頼りになる。

試合では、これが大事です。

自分のプレッシャーが効かない?

それは、ポジションの問題です。

きっと、まだまだ前に詰めて良いと思いますよ。

試合の後半、大事な場面では必ずこの前に詰める1歩、が効いてきます。

前衛であるアナタ自身の動き、で勝敗は決まる。

それくらいの覚悟を持って、ぜひプレーしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. ボレー

    「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント

    普段、ウォーミングアップのときにやる機会も多いボレーボレー。お…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの連続性は、「バックボレーの後の構え直し」のスピードにかかってくる

    ネットプレーでのスピード感。何度も、打った後の「構え直し」が大…

  3. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレー強化に即効性がある練習メニューは、ズバリ「ノーバウンド限定テニス」です!

    ボレーが上手くなりたい、上達したいと思ってもなかなか難しい。な…

  4. ボレー

    バックボレーをクロスに打つ、のは簡単なようで難しい

    バックボレーのコントロール、みなさんどうでしょうか。何となく、…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて」仕留めるのが上手い…

    ネットプレーが上手い選手を相手にしたときに、ポジショニングでプレッシャ…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの高等技術「ハーフボレー」は、膝曲げ押し出し打点前、で誰でも身につきます

    テニスの試合の中で、サービスライン付近で打つ機会が多いハーフボレー。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    サイドスライスで相手を走らせれば、楽にポイントを取れる
  2. テニス サーブ

    サーブ

    「サービスエースの種類、実はたくさんあるの知ってますか?」テニスの試合をよく観察…
  3. その他

    「高校2年生のテニスコーチデビュー」を経験できたことで得れたもの
  4. テニス サーブ

    リターン

    切れ味鋭いサーブの対策は、チーム内で絶対に必要になる
  5. テニス ストローク

    ストローク

    深いショットを自分が打てた時ほど、ライジングカウンターをケアしないといけない
PAGE TOP