テニス スマッシュ

ボレー

ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!

ダブルスの試合で、実力に関わらず大事なこと。

前衛のプレーって、難しいし、怖い・・・と感じている方は、とにかくこれだけでも意識して欲しい。

初心者の方で試合に出る!という方でも、すごく大事なポイントです。

出来ないなりに、出来ることがテニスにはあります。

ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!

1.ポーチに出るのは・・・やっぱり怖い!

と、感じるのは、当然。

試合に出始めたばかりの方なら、いきなり動くのはすごくハードルが高いですよね。

触ったらミスしそうだし、邪魔してしまう感覚になってしまう。

だったら、「前に詰める」ことをしっかりやってみてはどうでしょうか?

これだけでも、かなり相手は嫌なはずですよ。

ネット近くに詰めるだけで、相手にプレッシャーもかけられるし、ミスも減る。

良いことずくし、です。

2.触らなくても、相手からミスを誘える前衛が最高

私は、こういう前衛が理想だと思っています。

自分で決めるまでもなく、相手にプレッシャーをかけてミスを誘う。

自分で決めること、ばかりに頭がいっている人は、ミスかナイスショット、の繰り返しじゃないですかね?

これでは、試合で計算出来ない。

前に詰めて、相手が打つ瞬間に「出るぞ!」と少しフェイトを入れるだけで、ダブルスは面白いように相手がミスしてくれます。

ポーチに動くことは難しくても、数メートル前に出るだけなら、誰でも出来ますからね。

3.でも、ロブが来たらどうしよう・・・?

と、思う方も多いでしょう。

前に詰めていれば、相手は必ず上げて来ます。

これは、最初は後衛に任せてもOK。

その後、ロブを上げて来るような相手なら、少し下がったポジションを取れば良いと思います。

ただし、大事なのは前に詰める姿勢自体は、止めないこと。

相手がロブを上げて来たから、下がる・・・のでは、相手の思うツボ。

相手のロブを先読みするポイントはあって良いけど、基本は前に詰める。

詰めて相手にプレッシャーをかける姿勢、だけは忘れないで下さい。

4.ボレーが苦手な人は、そもそもネットから遠いんです

この事実、と向き合いましょう。

ネットから遠い位置でボレーしているから、アウトもするしネットも多い。

しっかり前に詰めれば、打てるコースは拡がるし当たり損ないでもコートに入る。

ネットから遠い前衛なんて、試合では全然怖く無いんですよね。

みなさんも、相手にした時にそうじゃないですか?

前に詰めて、プレッシャーをかける前衛こそ、強いし頼りになる。

試合では、これが大事です。

自分のプレッシャーが効かない?

それは、ポジションの問題です。

きっと、まだまだ前に詰めて良いと思いますよ。

試合の後半、大事な場面では必ずこの前に詰める1歩、が効いてきます。

前衛であるアナタ自身の動き、で勝敗は決まる。

それくらいの覚悟を持って、ぜひプレーしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. ボレー

    テニスの試合で、ネットプレー対ネットプレーになったときに求められる、「足元のボール」のさばき方につい…

    足元のボール、特にネットプレーやサービスライン近くにいるときに、テニス…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「肘の曲げ伸ばし」を使えると、パンチ力とスピードが伝わる

    ボレーでパンチが欲しい人は、手首に頼りがち。「だって、ボレーは…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ドロップボレーには、絶妙なタッチ感覚が必要?

    テニスの試合で、上手い!と思われるショット。それはやはり、ネッ…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実

    先日、ある女子ダブルスの草トーナメントを見る機会がありました。…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーはエースを狙うのでは無く、「相手を走らせるショット」だと考えるとミスが激減するはず

    ウィンブルドンの試合を観ていると、改めてシングルスのネットプレーの重要…

  6. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・・?

    試合の中で、ネットに出ようと思ったけど・・・アプローチが浅い!甘くなっ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 試合

    メンタル

    テニスは「試合に出れるようになってから出る」という発想は、必要無い
  2. ストローク

    深いボールは、「しっかり打ってからジャッジ」が基本です
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「軸足セットで、踏み込みながらボレー」の基本を確認しよう
  4. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスの試合で重要な、「リターンからのストレートアタック」は、しっかり事前にパ…
  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必…
PAGE TOP