テニス スマッシュ

ボレー

ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!

ダブルスの試合で、実力に関わらず大事なこと。

前衛のプレーって、難しいし、怖い・・・と感じている方は、とにかくこれだけでも意識して欲しい。

初心者の方で試合に出る!という方でも、すごく大事なポイントです。

出来ないなりに、出来ることがテニスにはあります。

ポーチに出るのが怖ければ、ポジションをしっかり前にしてプレッシャーをかけよう!

1.ポーチに出るのは・・・やっぱり怖い!

と、感じるのは、当然。

試合に出始めたばかりの方なら、いきなり動くのはすごくハードルが高いですよね。

触ったらミスしそうだし、邪魔してしまう感覚になってしまう。

だったら、「前に詰める」ことをしっかりやってみてはどうでしょうか?

これだけでも、かなり相手は嫌なはずですよ。

ネット近くに詰めるだけで、相手にプレッシャーもかけられるし、ミスも減る。

良いことずくし、です。

2.触らなくても、相手からミスを誘える前衛が最高

私は、こういう前衛が理想だと思っています。

自分で決めるまでもなく、相手にプレッシャーをかけてミスを誘う。

自分で決めること、ばかりに頭がいっている人は、ミスかナイスショット、の繰り返しじゃないですかね?

これでは、試合で計算出来ない。

前に詰めて、相手が打つ瞬間に「出るぞ!」と少しフェイトを入れるだけで、ダブルスは面白いように相手がミスしてくれます。

ポーチに動くことは難しくても、数メートル前に出るだけなら、誰でも出来ますからね。

3.でも、ロブが来たらどうしよう・・・?

と、思う方も多いでしょう。

前に詰めていれば、相手は必ず上げて来ます。

これは、最初は後衛に任せてもOK。

その後、ロブを上げて来るような相手なら、少し下がったポジションを取れば良いと思います。

ただし、大事なのは前に詰める姿勢自体は、止めないこと。

相手がロブを上げて来たから、下がる・・・のでは、相手の思うツボ。

相手のロブを先読みするポイントはあって良いけど、基本は前に詰める。

詰めて相手にプレッシャーをかける姿勢、だけは忘れないで下さい。

4.ボレーが苦手な人は、そもそもネットから遠いんです

この事実、と向き合いましょう。

ネットから遠い位置でボレーしているから、アウトもするしネットも多い。

しっかり前に詰めれば、打てるコースは拡がるし当たり損ないでもコートに入る。

ネットから遠い前衛なんて、試合では全然怖く無いんですよね。

みなさんも、相手にした時にそうじゃないですか?

前に詰めて、プレッシャーをかける前衛こそ、強いし頼りになる。

試合では、これが大事です。

自分のプレッシャーが効かない?

それは、ポジションの問題です。

きっと、まだまだ前に詰めて良いと思いますよ。

試合の後半、大事な場面では必ずこの前に詰める1歩、が効いてきます。

前衛であるアナタ自身の動き、で勝敗は決まる。

それくらいの覚悟を持って、ぜひプレーしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. 【終了しました!4/16(土)レッスンイベント】佐藤博康プロと3時間 ダブルス練…
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス 客観視

    ボレー

    テニスの基本である「低い姿勢」がネットプレーに必要な理由5つ

    「腰を落として!」「膝を曲げて!」日本のテニススクール…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ストローク

    ボレー

    試合の中でフォアハンドボレーの決定力が無い、と感じている人が意識したい5つのポイント

    フォアハンドボレー、試合の中で打つときには絶対にポイントを取りたい。…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    どうしても、「ボレーの独特の癖が抜けない」と感じている人に、試して欲しい7つのこと

    ソフトテニス、バドミントンなどを経験されて、硬式テニスを始められた皆さ…

  5. ボレー

    つなぐボレーで攻撃していく、コツは簡単

    つないでいるのに、強い。攻撃的にプレー出来ている人は試合でも強…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    テニスの試合で、「ダブルスのサーブ&ボレーの実力」は、2ndボレーの精度で分かる

    ダブルスの試合では、シングルスの試合よりもサーブ&ボレーがやりやすい。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスの試合に強いペア」は相手の逃げ道を作らない!巧みなポジション変更を学び…
  2. サーブ

    「サーブのトスを低くしてみる」ことで、アナタは劇的に変わるかも知れません
  3. サーブ

    ほとんどの人のサーブ、力が伝わらない理由とは?
  4. テニス ラケット

    日々の雑記

    辛いときは遠慮なく、テニスから離れましょう
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    雰囲気が悪くなるようなポイント後こそ、ペアで会話しないと
PAGE TOP