ボレー

遅く緩いボールをドロップボレー、出来る?

ドロップボレーを打つ!時に、相手のボールが緩い、遅い。

こういう時って、実は難しいと思いませんか?

ドロップボレーは相手のボールの勢いを殺して、前に落とすショット。

最初からボールが死んでいるような時は、打つのが難しい。

そう感じている方に、少しでもヒントになれば嬉しいです。

しっかりスライス回転をかけよう

コツは、基本これです。

スライス回転を、しっかりかける。

しっかりスライス回転をかけたドロップショット、ドロップボレーを打てれば試合でも有効です。

スライス回転をかける意識があると、ラケットを少し動かして山なりなドロップボレーを打てる。

ラケット動作を完全に止めてドロップボレー、は打てないですからね。

ボールが死んでいる、遅いボールを打つ時にはこの意識が大事。

「当てるだけ」だと思っていると、上手く打てません。

相手は必ず、プレッシャーをかけて来る!

これを覚悟しましょう。

アナタ自身が打つ前に、相手はドロップ系のショットを警戒して、前に走って来る。

ボールが遅い、死んでいる時は、相手が打ってからも時間があるんですよね。

だからこそ、しっかりプレッシャーを覚悟しておかないと。

相手が前に走って来る、それでも打つのかどうか。

試合では、相手も必死に走りますからね。

練習以上に、その必死さを感じるはずです。

全く気にしない、というのは無理でしょう。

覚悟して、それでも打つという勇気が大事です。

遠慮なく打って、相手を動かせば良い

私の感覚では、遅いボールでもどんどんドロップ系のショットを使って良い。

相手に読まれていても、走られても、とにかく相手を動かすことが大事ですから。

遅いボールですと、相手もよく見えますからね。

打つコースもよく見える、だから拾われても良いと思って打って良いんです。

打たないと、打つ癖も付かないですからね。

遠慮なく打って、どんどん相手を走らせましょう。

   

応用編としては・・・

ドロップショットと見せかけて、深く打つ。

これが、試合では有効になります。

スライスのドロップショットを打つ技術が身に付くと、そのまま深くも打てますからね。

相手が前に走って来るようなら、切り替えて深く打つ。

難しいように感じるかも知れませんが、グリップはそのままで良いので楽ですよ。

相手からすると、本当にどっちか分からない・・・だけど、前に出ないとドロップショットのケアは出来ない、という感じで追い込まれていく。

ぜひ、意識して練習して欲しい応用編です。

お勧めの練習法

長いスライス、短いスライス、スライスでのドロップボレー。

この3種類をしっかり、打てるかどうか。

普段のストレートラリー、同じ構えから3種類を打てるように練習しておきましょう。

ボレーに入ったら、長いスライスボレーと短いスライスボレー。

同じ構えから軌道を変えることが出来るかどうか、自分でテーマを持って練習すること。

そうすれば、試合でも自然に同じ構えから打てるようになるので、良いフェイントになると思いますよ。

実際に、試合では長短のスライスが有効。

ドロップボレーも、短いスライスだと思えば良いんです。

当てるだけで、勢いを殺して打つボレーが打てるのは相手のボールが速い時だけ。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    相手ボレーヤーに「ハーフボレー」をさせた後は、徹底的に前に詰めて攻撃していこう!

    相手ばボレーをするときに、アナタはどのあたりをチェックしますか?…

  2. テニス リターン

    ボレー

    打つ方向に踏み込んでいくボレーは、逆クロス方向だけ

    ボレーは、踏み込んでいく方向があります。みなさんは、こんなアド…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチが苦手な人へ、必要なたった一つのこと

    ダブルスの試合で、ポーチが必要なのも分かった。そして、早めに動…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    「両手のバックハンドボレーが難しい・・・」と自分のテニスで悩む人にヒントになる考え方4つ

    一般のテニススクールでは、女性のバックハンドボレーは両手で勧められます…

  5. ボレー

    ポーチに出るタイミング、勘ではダメ

    ダブルスの試合。ポーチに出る場面。これをどうやって、決めてい…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    身体から遠い位置のボレーは、あえてインパクト面を残して安定感アップ!

    テニスの試合、練習のように自分の身体近くにばかりボールは飛んで来ない。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    ダブルスの初中級レベルの相手なら、「前衛のバックボレー狙い」から一気にチャージし…
  2. テニス サーブ

    フットワーク

    打った後素早く戻るには、頭の位置をキープするのが一番
  3. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合では、「シンプルにバックハンド側に打って、前に出る」だけで勝てる…
  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    「ベースラインからのグランドスマッシュ」は、しっかり練習しておかないと試合で恥ず…
  5. 戦術

    「パワーショット受け身鍛錬術」テニスの試合で必要なディフェンス力を磨くには?
PAGE TOP