ボレー

遅く緩いボールをドロップボレー、出来る?

ドロップボレーを打つ!時に、相手のボールが緩い、遅い。

こういう時って、実は難しいと思いませんか?

ドロップボレーは相手のボールの勢いを殺して、前に落とすショット。

最初からボールが死んでいるような時は、打つのが難しい。

そう感じている方に、少しでもヒントになれば嬉しいです。

しっかりスライス回転をかけよう

コツは、基本これです。

スライス回転を、しっかりかける。

しっかりスライス回転をかけたドロップショット、ドロップボレーを打てれば試合でも有効です。

スライス回転をかける意識があると、ラケットを少し動かして山なりなドロップボレーを打てる。

ラケット動作を完全に止めてドロップボレー、は打てないですからね。

ボールが死んでいる、遅いボールを打つ時にはこの意識が大事。

「当てるだけ」だと思っていると、上手く打てません。

相手は必ず、プレッシャーをかけて来る!

これを覚悟しましょう。

アナタ自身が打つ前に、相手はドロップ系のショットを警戒して、前に走って来る。

ボールが遅い、死んでいる時は、相手が打ってからも時間があるんですよね。

だからこそ、しっかりプレッシャーを覚悟しておかないと。

相手が前に走って来る、それでも打つのかどうか。

試合では、相手も必死に走りますからね。

練習以上に、その必死さを感じるはずです。

全く気にしない、というのは無理でしょう。

覚悟して、それでも打つという勇気が大事です。

遠慮なく打って、相手を動かせば良い

私の感覚では、遅いボールでもどんどんドロップ系のショットを使って良い。

相手に読まれていても、走られても、とにかく相手を動かすことが大事ですから。

遅いボールですと、相手もよく見えますからね。

打つコースもよく見える、だから拾われても良いと思って打って良いんです。

打たないと、打つ癖も付かないですからね。

遠慮なく打って、どんどん相手を走らせましょう。

   

応用編としては・・・

ドロップショットと見せかけて、深く打つ。

これが、試合では有効になります。

スライスのドロップショットを打つ技術が身に付くと、そのまま深くも打てますからね。

相手が前に走って来るようなら、切り替えて深く打つ。

難しいように感じるかも知れませんが、グリップはそのままで良いので楽ですよ。

相手からすると、本当にどっちか分からない・・・だけど、前に出ないとドロップショットのケアは出来ない、という感じで追い込まれていく。

ぜひ、意識して練習して欲しい応用編です。

お勧めの練習法

長いスライス、短いスライス、スライスでのドロップボレー。

この3種類をしっかり、打てるかどうか。

普段のストレートラリー、同じ構えから3種類を打てるように練習しておきましょう。

ボレーに入ったら、長いスライスボレーと短いスライスボレー。

同じ構えから軌道を変えることが出来るかどうか、自分でテーマを持って練習すること。

そうすれば、試合でも自然に同じ構えから打てるようになるので、良いフェイントになると思いますよ。

実際に、試合では長短のスライスが有効。

ドロップボレーも、短いスライスだと思えば良いんです。

当てるだけで、勢いを殺して打つボレーが打てるのは相手のボールが速い時だけ。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 【満員御礼・大阪開催】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン 9/1(火) 13~1…
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーの基本である「斜め前に踏み込みながらボレー」を実践して、守備範囲を拡げよう!

    シングルスでもダブルスでも、ネットプレーを入れていくのには勇気が要りま…

  2. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスの試合では、「ネットスレスレ付近を通過するボール」は対応が難しい

    特にネットプレー、ボレーのときに、ですね。皆さんも経験があるん…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    リターン側の前衛は、シンプルなプレーでミスを減らそう

    ダブルスのリターンゲーム、アナタは前衛。ここで、どんなプレーが…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践すると打ちやすい!

    今回は、ドロップボレーを打つ際のコツ、アイデアを一つご紹介。腕…

  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットに近い位置で、「ラケットヘッドを立てて身体の横向き」を作れば、アングルボレーは簡単に打てます

    ダブルスの試合、レベルが高くなってくるとセンターはしっかり2人で守って…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「厳しいロブをしっかりカットして粘りたい」ときには、まず相手の出方を確認しよう

    ネットプレーが上手い人、試合に強い人はアップヘッド(頭の上)のボールの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. ストローク

    ダブルスの試合で、ボールが浮かないようにするには?
  2. シングルス

    シングルスの試合で、3回左右に振られたら厳しくなる方へ
  3. テニス フットワーク

    その他

    テニスで結果を出して「大きな目標を成し遂げたい」なら、まず今いるチーム内でNo.…
  4. メンタル

    苦しんだ経験は、必ず誰かの助けになる
  5. テニス知識

    高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
PAGE TOP