テニス ボレー

ボレー

ドロップボレーには、絶妙なタッチ感覚が必要?

テニスの試合で、上手い!と思われるショット。

それはやはり、ネットに出てポトッと落とすドロップボレーですよね。

華麗なショット、上手い人やタッチ感覚に優れた人にしか打てないショットだと思われがちですが・・・それは違います。

絶妙のタッチ感覚、そんなものは必要ありません。

必要なのは、ポジショニング、です。

 

ドロップボレーには、絶妙なタッチ感覚が必要?

 


 

1.ネットに詰めれば、タッチ感覚必要無し!

だと、私は考えています。

ドロップボレーが難しいのは、ネットから離れた場所から打つ時。

その時には、確かに微妙な距離を調整する、タッチ感覚が必要になります。

でも、ネットに詰めた状態であれば、どうでしょう。

もう、タッチ感覚は私は必要無いと思うんですよね。

イメージしてみて下さい。

ネットに触れる距離でボレーするなら、すごく気持ちも楽じゃないですか?

 

2.「楽に決まる!」と思える自信こそ、大事

タッチ感覚よりも、これが大事です。

ネットに詰めて、ドロップボレー、はすごく楽なんだという感覚が持てるかどうか。

実際にやってみたら、すごく楽に打てると思います。

軽く触って、前に落とすだけ。

タッチ感覚も、そこまで必要無いと思うんですよね。

狙う場所が自分の近く、ですから気持ち的にも楽だし決まるイメージが湧いてくる。

この自信を持てれば、試合でもドロップボレーを打てるようになるはずです!

 

3.キーワードは、先回り

私もよくダブルスの前衛で、このドロップボレーを使います。

ただ、相手が打ってから動いては当然遅い。

先回りして、ネット近くで詰めた状態でそこにボールが飛んで来る、のが理想ですよね。

これはもう、山を張って勝負に出る。

先回りをしようと思えば、出来る、という自信もみなさんには持って欲しいんですよね。

ネット近くでボレー出来ない人は、そもそも相手が打ってから動こう、という意識が強過ぎ。

それじゃあ、ずっとラリーに参加出来ないまま試合終了ですよ。

 



 

4.膝を柔らかく、ネットに詰めれば大抵決まるはず

私の経験上、もう一つのコツは膝。

膝を柔らかく使えれば、もう完璧です。

相手のボールが速くても、それをブロックして前に落とすだけ、ですからね。

遠くの場所に深く打つ、方が難しいじゃないですか。

膝を柔らかく使って、ボレーで相手の打ったボールの勢いを吸収する。

練習から、このイメージをしっかり持ちましょう。

実際の試合では、緊張もしますからね。

膝を柔らかく、少し目線を落とすだけで緊張も緩和されるはず。

意識は上半身より、下半身でいきましょう!

 

5.お勧めの練習法は?

ボレーボレーのラリーを、意図的に相手の前に落としてみる。

それを、片方の選手がネットに詰めてやってみたりしましょう。

ノーバウンドのボレーボレー、だけだと普通の練習、じゃないですか。

相手の前に落とす、のをまずは短い距離で打てるようになってみることが大事、です。

これに慣れたら、ボレー対ストローク、のボレー側で前に詰めてドロップボレー、を打っていきましょう。

ストローク側の選手は、「やられ役」に徹すること。

キーワードは、先回りでネットに詰めること。

これだけは、技術的な問題だけはなく、「やるかやらないか」ですよ。

 

前に詰めることが、出来るかどうか。

先回り出来る勇気が、あるかどうか。

これが成功の鍵を握っているはずです。

練習から、後ろを捨ててリスクを取る、ことを意識してみて下さい。

きっと、道は拓けるはずです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. ボレー

    ボレーが軽いのは、打点が遠いから

    ただ当てて返すだけのボレーだと、試合で厳しくなる。でも強打し…

  2. テニス ストローク

    ボレー

    「両手のバックハンドボレーが難しい・・・」と自分のテニスで悩む人にヒントになる考え方4つ

    一般のテニススクールでは、女性のバックハンドボレーは両手で勧められます…

  3. テニス 練習

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレー対ストロークのラリー練習が続かない」人が見直したい4つの意識

    テニスの練習、球出しからラリー練習まで様々ありますが、最初の「壁」とな…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    フォアハンドボレーでもっとパンチ力が欲しい人は、「ラケットを持たない腕の脇の開け閉め」を有効活用しよ…

    フォアハンドボレーを、しっかり決めることが出来ると試合はやりやすい。…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します

    テニスの試合、いかに「予測」が大事かは何度も書いてきました。そ…

  6. ボレー

    並行陣のサーブ&ボレーは、「ファーストボレーをストレートに流す準備」が大事

    ダブルスの試合、サーブ&ボレーで前に出ても沈められて、苦しくなる人。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ダブルスで前衛にいるときに、パートナーの後衛から「前に行くね」と言われたら・・・…
  2. テニス 走力

    フットワーク

    相手に攻撃されそうなときには、「とにかくスタンスを広くする」だけで守備力が上がり…
  3. テニス シングルス

    練習メニュー

    もの凄く集中して、普通のことをするのが良い練習
  4. テニス メンタル

    その他

    自分にとって「慣れて得意になった」と思っている技術ほど、実は改良の余地があるのが…
  5. テニス ストローク

    リターン

    リターン時の身体の向きは、少しだけコートの内側向きに
PAGE TOP