テニス メンタル

ボレー

ハイボレーを、「力の入らない場所」で打ってないですか?

ハイボレー、カットボレーを使う機会、特にダブルスで多いですよね。

相手が意図的に、ココでロブを攻めて来ることも多い。

そんな時に、アナタの返球が中途半端だと・・・ずっと相手の攻勢を許してしまうでしょう。

技術的な問題の大前提、今日はしっかり確認しておきましょう。

頭上のボールって、結構テニスで差が出る部分ですからね。

 

ハイボレーを、「力の入らない場所」で打ってないですか?

 

1.身体が伸びきって打つと、力が入らない

みなさん、こんなショット多くないですか?

頑張って下がって、腕を伸ばして触るけど・・・そのボールに力はない。

身体が伸びきってしまうと、ボールに力を伝えるのって難しいですよね。

「いや、触るのに精いっぱいなんだけど」と思う方も多いでしょう。

でも、これも一種の「早くボールに触りたい病」の一つ。

実は、もう少しボールを引き付けて触る、ハイボレーを打つ必要があるんです。

打点は高ければ良い?

そんなことはありません。

力が入らない、コントロール出来ない場所で触っても、相手の脅威にはなり得ません。

 

2.軽く肘が曲がるくらい、がちょうど良い

ポイントは、肘。

肘が軽く曲がるくらい、の打点でハイボレーも打ちたい。

最後腕を伸ばしたくなるんですけどね。

少しだけ曲がるくらいの余裕、を残しておく、そこまで引き付ける。

自分が動く、ことが大事です。

そうしないと、まず力が入らない。

スライス回転をかけることも出来ません。

早くボールに触りたい、気持ちを抑えて引き付ける。

下がりながら打つ、ときにもしっかりボールにスライス回転をかけてパワーを伝えること。

この意識、大事です!

 

3.ただの返球では、相手の攻撃を凌げない

結局、相手もロブで攻撃して来る。

女子ダブルス、ミックスダブルスでは多いですよね。

何となくの返球、にしかなっていないと、結局また「良い精度のロブ」を打たれる。

ジワジワ追い込まれて、結局最後は決められる・・・・ようになる。

だからこそ、ハイボレーでの返球にはしっかり精度を求めたい。

相手の攻撃を、凌ぐだけでなくどこかで反撃する。

反撃する為には、余裕を持って肘を曲げること。

ちょっとの意識では、結構変わると思いますよ。

 

4.この機会に、上に強くなろう!

とにかく、テニスは上のボール。

頭上のボールを、いかに攻撃につなげていけるか、が大事です。

ハイボレー、ただつなぐだけ・・・になってはいませんか?

それでは、レべルの高い試合に勝てない。

無理せず、しっかりハイボレーにスライスをかけて攻撃していく。

相手が望むような、甘い返球をしない。

その為には、しっかり練習の中で意識していかないと。

早く下がる、ボールをしっかり引き付ける、コントロールする。

細かい技術論の前に、これが大事ですよ。

 

女子ダブルスの強さ、はこれで決まります。

ハイボレーの応酬、も試合では多いじゃないですか。

ネットプレーが増えれば、それだけ自分の頭上での処理が増える。

しっかり覚悟して、この戦いに挑んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです
  5. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ボレー

    足下のボレーを返球する、すぐ使えるテクニック5つ

    足下のボレーを、まずは相手のコートに返す。この技術があるだけで…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    【動画リンク有り(外部)】ボレーのテイクバックをコンパクトに改善するコツ

    今回は、外部のサイトの動画を通じて「コンパクトなボレー」を解説してみた…

  3. テニス 技術

    ボレー

    テニスの試合では、強力なスマッシュが打てなくても、「ロブ対処上手」にはなれる!

    強いスマッシュが打てないと、ネットに出れない?それは誤解です。…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    厳しいリターンに対するファーストボレーは、グリップを握り過ぎないことが第一

    最近のダブルスの試合、プロ選手の試合では「並行陣」が確実に減りつつあり…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    ダブルスで4人がつなぎ合うボレーを打破するには、アングルボレーを使うしか無い

    ダブルスの試合、特に女子ダブルスですかね。40代以上のベテラン…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスでの「ポーチボレーの落とし穴」にはまって試合に勝てない人とは?

    ダブルスの前衛ですごく積極的に動いてボレーに出てくれるけど、なかなか「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. その他

    サッカー選手のディフェンスに観る、「テニスのプレーにも必要な、相手に抜かれてから…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃していく場面で「打ち方が変わる」人は、いつまで経っても中級者
  3. シングルス

    シングルスの試合で、3回左右に振られたら厳しくなる方へ
  4. 練習メニュー

    「試合に勝つ為のテニスの練習」では、徹底的に効果を求めるチーム全体の姿勢が大切
  5. テニス ボレー

    メンタル

    テニスのようなスポーツでは、「失敗の要因を突き詰め過ぎない」ことも大事だと私は思…
PAGE TOP