テニス メンタル

ボレー

ハイボレーを、「力の入らない場所」で打ってないですか?

ハイボレー、カットボレーを使う機会、特にダブルスで多いですよね。

相手が意図的に、ココでロブを攻めて来ることも多い。

そんな時に、アナタの返球が中途半端だと・・・ずっと相手の攻勢を許してしまうでしょう。

技術的な問題の大前提、今日はしっかり確認しておきましょう。

頭上のボールって、結構テニスで差が出る部分ですからね。

 

ハイボレーを、「力の入らない場所」で打ってないですか?

 

1.身体が伸びきって打つと、力が入らない

みなさん、こんなショット多くないですか?

頑張って下がって、腕を伸ばして触るけど・・・そのボールに力はない。

身体が伸びきってしまうと、ボールに力を伝えるのって難しいですよね。

「いや、触るのに精いっぱいなんだけど」と思う方も多いでしょう。

でも、これも一種の「早くボールに触りたい病」の一つ。

実は、もう少しボールを引き付けて触る、ハイボレーを打つ必要があるんです。

打点は高ければ良い?

そんなことはありません。

力が入らない、コントロール出来ない場所で触っても、相手の脅威にはなり得ません。

 

2.軽く肘が曲がるくらい、がちょうど良い

ポイントは、肘。

肘が軽く曲がるくらい、の打点でハイボレーも打ちたい。

最後腕を伸ばしたくなるんですけどね。

少しだけ曲がるくらいの余裕、を残しておく、そこまで引き付ける。

自分が動く、ことが大事です。

そうしないと、まず力が入らない。

スライス回転をかけることも出来ません。

早くボールに触りたい、気持ちを抑えて引き付ける。

下がりながら打つ、ときにもしっかりボールにスライス回転をかけてパワーを伝えること。

この意識、大事です!

 

3.ただの返球では、相手の攻撃を凌げない

結局、相手もロブで攻撃して来る。

女子ダブルス、ミックスダブルスでは多いですよね。

何となくの返球、にしかなっていないと、結局また「良い精度のロブ」を打たれる。

ジワジワ追い込まれて、結局最後は決められる・・・・ようになる。

だからこそ、ハイボレーでの返球にはしっかり精度を求めたい。

相手の攻撃を、凌ぐだけでなくどこかで反撃する。

反撃する為には、余裕を持って肘を曲げること。

ちょっとの意識では、結構変わると思いますよ。

 

4.この機会に、上に強くなろう!

とにかく、テニスは上のボール。

頭上のボールを、いかに攻撃につなげていけるか、が大事です。

ハイボレー、ただつなぐだけ・・・になってはいませんか?

それでは、レべルの高い試合に勝てない。

無理せず、しっかりハイボレーにスライスをかけて攻撃していく。

相手が望むような、甘い返球をしない。

その為には、しっかり練習の中で意識していかないと。

早く下がる、ボールをしっかり引き付ける、コントロールする。

細かい技術論の前に、これが大事ですよ。

 

女子ダブルスの強さ、はこれで決まります。

ハイボレーの応酬、も試合では多いじゃないですか。

ネットプレーが増えれば、それだけ自分の頭上での処理が増える。

しっかり覚悟して、この戦いに挑んでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    ネットプレーで、「どんなに打ち込まれても壁のように返し続ける!」ことができれば、相手は勝手に崩れてく…

    ネットプレーでは、様々なシチュエーションでのボレーの技術が求められます…

  2. テニス ラケット

    ボレー

    「アングルボレーは、前に腕を押し出す」ことでテニスの試合でミスが減り、使えるショットになります!

    ダブルスでもシングルスでも、「上手いな~!」と周りを唸らせるショットの…

  3. ボレー

    ダブルスで勝てない選手は、「サービスラインあたりから強引に」直線的なボレーを打ち過ぎ

    これはダブルスに限った話では無いのですが・・・。ボレーを打つ、…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスでの「ポーチボレーの落とし穴」にはまって試合に勝てない人とは?

    ダブルスの前衛ですごく積極的に動いてボレーに出てくれるけど、なかなか「…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    「サービスダッシュとも言うけれど・・・」テニスで自分を変えたければ、時には思い切った行動を!

    サーブ&ボレーを本気で練習し始めたのは、20歳過ぎてから。それ…

  6. ボレー

    ネットに近いほど、ドロップボレーは山なりで!

    相手の前のスペースを使う、ドロップボレー。これは、相手に触ら…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「意外と○○が原因かも…」アナタがダブルスペアと上手くいかない理由5つ
  2. テニス リターン

    フットワーク

    テニスの動きで、「頭が前に突っ込んで態勢が崩れる人」は、つま先より前に膝が出ない…
  3. テニス ダブルス

    リターン

    ダブルスで自分のリターンが浮いてしまう人は、「低い目線をキープする」ことを意識す…
  4. テニス サーブ

    メンタル

    「自分はメンタルが弱い」と思っているなら、「メンタルの強さ」が求められる場面を作…
  5. テニス メンタル

    日々の雑記

    危ないところにこそ、踏み込んでいこう
PAGE TOP