ダブルス

【試合前・保存版】ダブルスの試合で、ペアと確認しておくこと5つ

皆さんからいくつか寄せて頂くメッセージの中で、「試合前に観て、結果が出ました!」という声を多く頂くようになります。

文章だけのサイトで不十分でありながら、参考にして頂く方がいて本当に嬉しいです。

と同時に、試合前に確認する情報としてまとめておいた方が良いかな、とも思いました。

私がダブルスで試合をするとき、試合前に確認する情報をまとめてみました。

試合30分前、に確認しておくと試合もスムーズに入っていけるでしょう。

 

【試合前・保存版】ダブルスの試合で、ペアと確認しておくこと5つ

 


 

1.リターンのサイド

どちらがサイドを担当するか、は出来れば試合前ではなく練習時から確認しておきたい。

でも即席ペアで出場、ということもあると思いますし、まずはこのリターンのサイドから確認しておく。

どちらでも良い、という人は「どちらだとより、攻撃的にプレー出来るか?」を考えてみましょう。

セカンドサーブから攻撃しやすい、という視点は自分のリターンをアクティブにしてくれます。

 

2.どちらからサーブを打つのか

これも見落とされがちですが、ダブルスの試合ではどっちから先にサーブを打つのか。

基本はサーブが得意な選手から、ですが、前衛を先にやりたいという選手もいるのがダブルス。

後は、キープ合戦になることが想定される試合では、先に打った選手が4-4、または4-5という緊張感のあるゲームで回ってくることが多い。

セカンドサーブが安定していて、勝ちパターンがより見える形から入るのをお勧めします。

 

3.ポーチに出る、出ないをいつ決めるか

ダブルスは前衛勝負。

しっかりポーチに出ることで相手にプレッシャーがかかりますし、強い相手にも勝つことが出来る。

まずは事前の打ち合わせで、ポーチに出る、出ないを決めるタイミングを確認しておきましょう。

ポイント間の打ち合わせなのか、前衛がサインを出すのか。

慣れないうちは、ポイント間で話して決めるのが確実ですね。

 

4.浅いボールの処理

雁行陣が主体なのか、どんどん前に出ていく並行陣で勝負するのかも大事なポイント。

ここで決めておきたいのは、雁行陣で前に浅いボールが来たときにどうするのか。

そのままボレーにつなげて並行陣を取るのか、ストレートへ展開して雁行陣のままで戦うのか・・・など。

チャンスをどう攻撃していくのか、を事前に決めておくことは大事です。

後衛の展開するイメージを前衛も共有出来れば、それだけで加勢しやすいしポイントに絡みやすい。

前衛がボールに触れないダブルスは、間違いなく弱いダブルスです。

 

5.リターンからの攻撃パターンを3つ確認

ダブルスの試合では、リターンからどう攻撃していくのか、が試合の肝。

クロス、ストレート、ストレートロブ、が基本の3種類のリターンになるので、この3種類からの攻撃パターンをしっかり共有しておきましょう。

例えばストレート、であれば前衛にぶつけるつもりで打って、その返ってきたボールから2人で攻撃していく。

ストレートロブは相手のバックボレーで触らせて、ここでも前衛から積極的にチャージしていく、など。

ただリターンを1発で打って攻撃、ではなく、そこにどう前衛が絡むのかまで決めておきましょう。

 

簡単にで良いので、こういった打ち合わせは紙に書きましょう。

書いておくと整理出来て、試合前の緊張感も和らげることが出来る。

何も打ち合わせしないと・・・ただ不安になるし、試合で場当たり的な作戦しか実行できない。

今回ご紹介した内容は、ご存知の通り「当たり前」に準備すべきこと。

細かい作戦内容は、相手のことも考えつつ、もっと深く考えていく。

そして現場での観察眼と判断力、も大事ですね。

ですがまずは今回の5つ、からしっかりペアで考えて試合に臨みましょう!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  3. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣で速いボールに腰が引けてしまう人は、低い態勢のまま前に出よう

    並行陣でダブルスをプレーしているときに、気を付けたいこと。サー…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    センター攻撃に大事なのは、執拗さ

    ダブルスの試合で、相手2人の中心を突く。これは、テニスの試合で…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」は、テニスの試合では難しく考えなくてOK!

    ダブルスは二人で戦う。二人で戦うんだから、コミュニケーションが…

  4. ダブルス

    ダブルスで相手を驚かす、サーブ&逆陣形戦術

    ダブルスの試合、どうしても手が無いような時。試合で勝ちたい、だ…

  5. ダブルス

    相手が「陣形を作ろうとするショット」を、見逃してはいけない

    ダブルスの試合、で特に大事な考え方。それは、相手に自分たちの得…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は無い!

    最近、ハイレベルな準決勝のダブルスを観戦して来ましたが、改めて気付い…

特集記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で勝ちたいなら、「リターンの前衛の選手」は大きな声でセルフジャッジ…
  2. テニス ボレー

    戦術

    ラリーの中で、ボールを凝視してはいけない
  3. テニス マナー

    戦術

    自分の直感を大事にしないと、感性が磨かれず成長も無い
  4. テニス ロブ

    リターン

    「セカンドになったら、攻めよう」と考える人が9割
  5. 日々の雑記

    サンタの恰好をするテニスコーチ、に一言
PAGE TOP