テニス サーブ

ダブルス

テニスのダブルスの試合で、「サーブが強烈な相手と対戦」したときに、基本的な揺さぶりのパターン4つ

ダブルスが得意なプレイヤ―で、一般の大会でもすごくサーブが良い選手がいます。

サーブ&ボレーを主軸に、どんどんプレッシャーをかけてくる、乗ってくると手が付けられないような選手、いますよね。

ではこういった選手を「乗せないため」には、ダブルスの試合で何が求められるのか?

自信満々の選手を揺さぶっていくには、ペアでの具体策を準備する必要があります。

既に実践している人も多いと思いますが、改めてリターン側からどういうプレッシャーのかけ方を実践できるか。

まともにリターンしていては辛い相手に対して、考えてみましょう!

 

テニスのダブルスの試合で、「サーブが強烈な相手と対戦」したときに、基本的な揺さぶりのパターン4つ

 


 

1.ファーストサーブは2バック、セカンドサーブになったら前衛はサービスライン上に

男子プロテニスの試合は、まさにこんな感じですね。

ファーストサーブは2人で下がってベースライン、セカンドサーブになるとリターンしない選手=前衛は前に移動する。

つまりは相手に、「セカンドサーブは攻撃するよ」というメッセージをしっかり伝えるということ。

ファーストサーブはまず、2人でしっかり下がって粘る。

セカンドサーブになったら、ファーストボレーに飛び込んでポーチにいけるよう、しっかりメリハリを付けたポジションと役割を意識しましょう。

 

2.前衛の頭上に高いロブを打つ

ビッグサーバーは、サーブからの展開で自分で仕留めたいという意識が強い。

だからこそ、その相手に対して、「私たちは、こっちと勝負します」というメッセージも込めて、前衛の頭の上にロブを上げてみる。

サーブ自体が強力ですから、触られるくらいのロブでOKです。

上手くミスしてくれれば、「せっかくの俺のナイスサーブを・・・」と、仲間割れの要因になってくれる可能性も。

とにかくリズムの良い相手ではなく、前衛も上手く参加させながら試合を進行していきましょう。

 

3.まず得意コースをふさぐ

どんなにサーブが得意な相手でも、必ず得意なコースがあります。

全てのコースが得意な選手なら、その相手はとっくにプロで活躍しています。

まずはしっかり観察して、「得意なコース」をしっかり予測して塞ぎましょう。

もし逆側に来たら、もう当てて返すだけでもOK。

とにかく得意コースからの展開だけを防いでみると、何かリズムを崩してくれるかも知れない。

両サイドで、ペアでお互い情報交換をしっかりして挑むようにしてみて下さい。

 

4.リターンのポジションを大胆に変えてみる

どうにも策が無い、相手の良い調子が止まらないときには、大胆にリターンの位置を変えてみましょう。

後ろにする、前にする、フォアハンドを空けてみる・・・大事なのは、「おっ、何か変えてきたな・・・」と相手に感じさせること。

意識付けさえ出来れば、どこかプレーが崩れてくれるかも知れない。

揺さぶるって、そういう小さいことから始まります。

効果があるかどうか、まずはとにかく諦めないでやってみて下さい。

 

試合では、相手のリズムに乗ってはいけません。

特にダブルスの試合は、進行もとかく早くなりがち。

しっかりペアで打ち合わせの時間を取って、考えて、相手より後にポジションをセットするくらいで大丈夫。

「揺さぶり」で相手を崩せるようになると、ダブルスは楽しい。

リターン一つで、まだまだアナタのテニスは変わっていきます。

ぜひその醍醐味に、アナタも触れてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    試合前に自分のダブルスペアと、どんな会話してる?

    皆さん、実際の試合前、どうでしょう?初めて組むペア、というより…

  2. ダブルス

    「ナダルのダブルス!?」をイメージしてみると、テニスの試合で必要なものが見えてくる

    シングルス世界ナンバー1に、長く君臨していたナダル選手、彼は世…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    「これくらい、分かっているだろう」ということは、大抵分かってはいない

    「きっと○○だろう」「○○は大丈夫だと思う」ダブルスペ…

  4. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、「とにかく速くて深いサーブ」は迷わずロブでの応戦に徹しよう

    試合でのロブの重要性について、何度か書いてきました。しかし実際…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合では、「低いリターンを打っている」限りは、相手ポーチを怖がる必要は無い!

    最近、ハイレベルな準決勝のダブルスを観戦して来ましたが、改めて気付い…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛が動いた!と思ったら、後衛はどうすれば良い?

    ダブルスの試合で、後衛にいるときに意識したいこと。前衛に気持ち…

特集記事

  1. ストローク

    ネットプレイヤー対策としての「浮かないスライス」は、ボールの下ではなく横を触って…
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスに「ストレス解消性」を求めるのは、ちょっと違うと思う
  3. テニス メンタル

    ボレー

    「パートナーのサーブが遅い!」だからこそポーチに出れる、逆転の発想とは?
  4. テニス 言葉

    メンタル

    自分のテニスに粘りが足りないという人ほど、テニスの言葉のニュアンスを変えていこう…
  5. テニス メンタル

    サーブ

    前足、後ろ足、前足、のリズムがサーブの基本
PAGE TOP