テニス ボレー

ダブルス

前衛が触る機会を、どうやって後衛が作るのか

ダブルスの試合で、リズムが悪いときは・・・?

きっと、前衛が触れないで後衛だけのプレー、になっている時でしょう。

そんな状態が続くと、後衛は厳しいし前衛は申し訳無さが募っていく。

そうならないように、ゲームメイカーの後衛はしっかり考えておかないと。

前衛を使える後衛は、やっぱり試合で強いです。

 

前衛が触る機会を、どうやって後衛が作るのか

 


 

1.自分一人で、やろうとしてない?

ミックスダブルスの男性とか、シングルス専門の方とか・・・どうでしょう?

クロス半面で、相手を倒すこと、に頭がいっぱになっていませんか?

自分一人でやろうとしても、なかなかテニスは上手くいきません。

後衛の頑張りだけで勝てるほど、ダブルスは甘くない。

まずは、考え方から変えましょう。

ダブルスは、前衛を触らせた方が強い。

参加してもらうのには、コツやパターンを覚える必要がありますね。

 

2.遠慮なくポーチに出てもらう

声をかけて、決めておく。

サーブの後、リターンの後、すぐにチェンジする約束をしてしまうのも有りです。

「後ろは全部取るから、クロスにポーチお願い」と話して、自分は徹底的にストレートまで走る覚悟を決める。

ここで触れれば、前衛も「後ろは任せて良いんだ!」と思えるようになる。

この環境を作れれば、前衛は動きやすくなるでしょう。

こういうポイントを意図的に作れること、が後衛としては大事。

前衛に、言葉だけじゃなくて姿勢で見せていく、ということですね。

雁行陣なら、頑張って後ろ、ストレートをカバーするのは後衛の仕事です。

 

3.「良いボールを打って出てもらう」は、なかなか上手くいかない

私もよくはまってしまうんですが、「深くて良いボールを打たないと!」と思うのは、危険。

危ないですよ、この考え方は・・・。

基本ですが、やはり狙い過ぎてアウトやネットが増えるし、良いボールを打って前衛が出てくれないと「何だよ・・・出ないのかよ」となってしまう。

前衛を活かす前に自滅してしまう、典型的なパターンです。

だから、私は2.のように決めておく、形が良いと思いますよ。

前衛に触ってもらうには、チェンジしたりポーチに出たり、を予め決めておく。

じゃないと、ずっと「出れたら、出る」のまま出れないですから。

 



 

4.サーブのコントロール、リターンのコントロールが必要

求められるのは、これでしょう。

サーブのコントロールが良ければ、前衛に指示を出しやすい。

リターンもそうですね。

ストレートで相手前衛をアタックしたり、次のボールが読めやすいと、作戦立てやすい。

サーブとリターンから、テニスの試合は始まりますから。

その次、を決めて、前衛が触れるようにする。

それを徹底的に約束して動くだけで、ダブルスらしい戦い方になると思いますよ。

 

成功体験、が一番の薬になります。

とにかく、前衛に動いてもらうコミュニケーション、を繰り返していく。

最初は触れなくても、諦めない。

後衛はコントロールを重視して、カバーに走る。

最後に必ず、前衛は応えてくれるでしょう。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    本当に深い絆でつながったダブルスパートナーは、苦しい時にこそ支え合える

    良いときは良い。何をやっても楽しいし、上手くいっていれば雰囲気…

  2. ダブルス

    並行陣を崩すストロークには、前衛との連動が欠かせない

    ダブルスの試合で、相手がどんどん前に出て来る並行陣、が相手の時。…

  3. テニス ストローク

    ダブルス

    並行陣を相手にしたら、真ん中を狙って相手にボレーさせればOK!

    ダブルスの試合、「並行陣」を相手が繰り出してきたときに、どうするのか。…

  4. ダブルス

    ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識

    ダブルスの前衛にいて、ポーチでサーバーを助けたいけど自信が無い・・・。…

  5. ダブルス

    センターセオリーは、なぜ試合で使えるのか?

    ダブルスの試合でよく聞く、センターセオリー。これを大事にした…

  6. テニス 環境

    ダブルス

    ダブルスの試合で効果的なチェンジプレーは、基本的なプレーで誰でも出来る!

    Iフォーメーションに、オーストラリアンフォーメーション・・・。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 環境

    その他

    どんなに大事な試合に勝利したときにも、「敗者への配慮」を忘れてはいけない
  2. テニス ストローク

    ストローク

    力強いストロークで押して行きたい!人は、「打ち終わりでの肩の入れ替え」を意識する…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「はまらないと勝てないテニス」は、カッコ悪い
  4. テニス 格上相手

    その他

    朝一番のテニスの試合で、「しっかり身体が動けるように」意識したい4つの準備とは?…
  5. 戦術

    その他

    「テニスの醍醐味は、やっぱり団体戦!」大規模な団体戦を、改めてまとめました
PAGE TOP