ダブルス

「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負の分かれ目に

ダブルスの試合の中でポーチボレーをちゃんと仕掛けている?

せっかく最初からネットに張り付いているんだから、ポーチをしないと勿体無い。

でもポーチする気があったとしても、パートナーが1stサーブをなかなか入れてくれなくて、ポーチを仕掛けられなかった・・・なんて話はよく聞く。

 

「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負の分かれ目に

 


 

良いサーブを入れてくれて、それに続いてポーチに出る・・・という組み合わせはダブルスでは理想のパターンだからね。

でも意外とパートナーが2ndサーブを打つ時も、実はポーチに出るチャンスあるってこと、知ってた?

1stサーブよりも弱々しい2ndサーブがなぜチャンスとなるのか、その理由を知っておけば、皆ももっとボレーのポジションで活躍出来るかもしれないよ。

まず自分がレシーバーの立場になって考えてみよう

相手が1stサーブを打つ時何を考えてレシーブに立つ?

しかもその1stサーブは良いサーブで返球が厄介だとする。

そうなると当然考えるのは、そのレシーブが甘くなった時に狙ってくる正面に立つ相手ボレーの選手の存在。

なので良いサーブが入ったら、ストレートのロブで逃げてやろうとか、無理せずスライスでアングルへ角度を付けてレシーブしようとか、対正面敵ボレーの存在を意識してレシーブする。

しかしその1stサーブがラッキーなことにフォルトだったとしよう。

当然残された2ndサーブを相手サーバーは慎重に打つんだけど、1stサーブに比べて甘い2ndサーブは、レシーバーにとって状況が一気に好転する。

その時サーブ&ボレーをする相手の場合は、サーブ打って前へ出てくる選手の足元狙って強烈なレシーブを打ち込もうとか、前へ出てこなかったとしても、クロスへ良いショット打って自分がネットへ詰めてやろうとか、攻撃的なことを考えるでしょ?

そうなると1stサーブでは警戒していた正面のボレーの存在を、2ndサーブではちょっと忘れてしまいやすいんだよ。

そこが2ndサーブでポーチに出るチャンスなんだよね

ただ甘い2ndサーブを強気で振り抜いて打ってくるレシーブをポーチするわけだから、ポーチに出るスタートのタイミングは、レシーブを打つ前に飛び出すくらいじゃないと間に合わないし、思い切ってコートを横切るくらい、かなり大きな動きをしないといけない。

ボレーを打つ技術も速いレシーブに対応できるようにコンパクトにしないといけないし、打つコースも工夫しないといけない。

でも2ndサーブでは自分たちが優勢だと思っているレシーブ側にとっては、そこで思い切ったポーチを仕掛けられるとビックリするんだよ。

もちろん、全ての2ndサーブでポーチに出るわけにはいかない。

一度そういうポーチの出方をすれば、次の2ndサーブの時には、相手レシーブがボレーを警戒してくる。

 



 

でもそれってサーブ側には嬉しいことでしょ?

甘いサーブなのに、レシーバーがボレーを警戒するから、なかなか思い切ってレシーブ出来なくなる可能性もあるからね。

しかも1stサーブに比べてスピードがゆっくりな2ndサーブは、ボレーの選手がポーチに出るフリして出ない・・・というフェイクの動きもレシーバーへ見せ付けやすいのだ。

そういうフェイクによって、レシーブミスを量産させるパターンに引きずり込むことを考えると、ポーチが失敗しても良いので一度思い切ってパートナーの甘い2ndサーブでポーチを仕掛けることは大いに価値あることだと思うよ。

とは言うものの、やはりサーブ打つ人は、きっちり1stサーブを入れ続けるほうがやっぱりボレーを決める効率は良いので、出来るだけ1stサーブを入れてもらいたいもんだね。

さぁ、これで「パートナーが1stサーブ入れてくれないからポーチに出れない!」なんて言い訳は通用しないよ

サーブが良くても甘くても、ポーチは仕掛けましょう。

でもやっぱり、サーバーは出来るだけ1stサーブを入れること。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  2. その練習を、疑おう
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合、「自分がミスして終わりたくない」のは、テニススクール生の性

    女子ダブルスの試合、観ていると気付くことがあります。「あ、この…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーバーにプレッシャーをかけようとして」味方のリターンの邪魔になる動きは無意味です

    全国各地の草トーナメント、学生のダブルス試合でたまに見かけるのが、「相…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、まず「男性が動く」から入っていこう

    ミックスダブルスの試合、序盤で考えるべきことは?私は、まず「男…

  4. テニス ドロップショット

    ダブルス

    雁行陣で粘る学生ペアには、「ドロップショットで前に引っ張り出す」戦術は必要です!

    学生の皆さんはストローク主体。なのでダブルスは必然的に雁行陣主…

  5. テニス リターン

    ダブルス

    「譲り合って、結局返せない」ペアは、あの基本から見直そう

    ダブルスの試合を観ていると、「あ~」と思ってしまうポイントがある。…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合、「ペアがコートの外へ追い出された」ときに必要な守備的なポジショニングとは?

    ペアで連携した守備ができるようになると、ダブルスは強くなるし面白い。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの前衛の極意は、「横取り」にある
  2. テニス 試合

    メンタル

    試合に勝てない人は、相手に付け込む隙を与えている
  3. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブトスが不安定」だとテニスの試合でリズム感が生まれない・・・
  4. テニス テニススクール

    ボレー

    「ココには速いボールが入ってくるな」と感じることが、ネットプレイヤーの第一歩
  5. テニス リターン

    フットワーク

    構え直しは、ゴリ押しで
PAGE TOP