テニス ロブ

ダブルス

テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ

雁行陣主体のダブルスで、有効な「前衛の頭上を抜く」ストレートロブ。

しかしこのロブもあまり高いと後衛とチェンジして、そのままラリーが続いてしまいますし、低いとボレーに捕まってしまう・・・。

本当に有効なのは、そのままロブが抜けて後衛が追い付けない、追い付いても返球するのがやっと、というような鋭いロブですよね。

低さを出しながら、それでも前衛に捕まらないロブを打つコツ、今回はお伝えします!

 

テニスの女子ダブルスの試合で有効な、「低くて鋭いロブ」で前衛の頭上を抜くコツ4つ

 


 

1.前にポジションを取る

ロブを打つのは後ろから・・・と思っていると、良いロブは上げられません。

しっかりコートの中に入って、前衛と近い位置からロブを上げることで、前衛も距離が近いので反応できない

気付いたときにはもう頭上にあり、チェンジするしかない・・・というようなシチュエーションに追い込むことができます。

ライジングショットのイメージで、相手のボールを速いタイミングで捕えるように、後衛のアナタ自身がポジションをしっかり前に取りましょう。

 

2.しっかりクロスに打つ雰囲気を出す

打つコースがばれる、特にストレートロブを上げるような雰囲気が見えてしまっている選手は、後衛失格です。

相手前衛が少し早く気付くだけで、その成功率はかなり下がってしまう。

必要なのは、「クロスにしっかりストロークを打つ」ような雰囲気。

構えが遅い選手は、何かを変えるときに特徴が出やすいので注意が必要です。

速く構えて、しっかり相手に見せ付けて足止めすることができれば、それだけでロブにも有効な要素になってくるのです。

 

3.トップスピンでバウンド後の球威を保つ

トップスピンロブの長所は、何と言ってもバウンド後に伸びていくことで相手にプレッシャーを与えることができる点。

しっかり打てれば、スライスロブよりも相手を追い込むことができますよね。

お勧めは、「ロブを打つぞ!」という意識ではなく、クロスへの弾道が高いストロークをそのままストレートへ打つくらいの気持ちでOK、ということ。

「それだと、触られるんじゃ・・・」と思う方もいると思いますが、正直触られてもOK。

トップスピンがしっかり効いたボールは、ハイボレーもし辛いのです。

触ってミスしたら、しめたもの。

次にぜひ、同じようなボールを打ってみて下さい。

きっと、「手を出したくても、出せない・・・」というもどかしい雰囲気を出して、結果触れず後衛も追い付けない・・・という理想の展開にもっていけるかも知れませんね。
 



 

4.極め付けは、ロブボレー

ロブを最高に速いタイミングで上げるのに、ロブボレーに勝るものはありません

相手のストロークをボレーでストレートロブにコースを変えるのは、正直かなり技術はいります。

並行陣のスキルも必要ですが、まずは何事もトライしてみることが肝心。

相手のストロークが浮いてくる、ただクロスに繋いでくるだけの相手であれば、それほど怖くないはず。

スススッと前に動いて、サービスライン付近でロブボレーをストレートに、トライしてみませんか?

きっと相手は慌てて触ることができない、失敗しても「何かやってくる相手だな・・・」という印象を持ってくれるはずです。

 

クロスのラリーはダブルスでも確かに大切ですが、それだけに固執してはもったいない。

ポイントパターンを、もっと増やしてみませんか?

特に格上のストローカー相手であれば、クロスラリー主体だとしんどくなるだけ。

積極的にストレートに、しかも今回のコツを活かしてロブも上手く活用しながら揺さぶっていきましょう。

きっとシングルスが得意でダブルスはついでに出ている・・・なんて選手には、特に有効かも知れません。

■ダブルスで使えるアイデア、をたくさん身に付けたいなら

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスでは、「前衛にも複数のポジション」がある

    自分がダブルスの前衛のポジションにいるとき、どのくらいの「パターン」を…

  2. テニス サーブ

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブが強烈な相手と対戦」したときに、基本的な揺さぶりのパターン4つ

    ダブルスが得意なプレイヤ―で、一般の大会でもすごくサーブが良い選手がい…

  3. テニス ドロップショット

    ダブルス

    雁行陣で粘る学生ペアには、「ドロップショットで前に引っ張り出す」戦術は必要です!

    学生の皆さんはストローク主体。なのでダブルスは必然的に雁行陣主…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの雁行陣、意外と味方の前衛が邪魔になるケースが多い

    ダブルスの雁行陣、で後衛でプレーしている時に。「何だか、味方の…

  5. ダブルス

    ストライクゾーンで、勝負しよう

    テニスの試合で、特に自滅やミスが多い方に。まず、この大原則で…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    前衛が動いた!と思ったら、後衛はどうすれば良い?

    ダブルスの試合で、後衛にいるときに意識したいこと。前衛に気持ち…

特集記事

  1. その他

    「上達出来る選手であれ」プロテニスの選手の見えざる力とは?
  2. テニス 主将

    ストローク

    「フォアハンドストロークでしっかりエースを狙う」為に必要なのは、パワーやスピード…
  3. 戦術

    感覚を自分で言語化出来れば、テニスは強くなる
  4. テニス ストローク

    スマッシュ

    ネットにガン詰めしたらアングルボレー、じゃないとロブで切り返されますよ
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークで強力な武器になる、「フォアハンドのライジングショト」を鍛える5つのコ…
PAGE TOP