テニス サーブ

ダブルス

「どんなサーブなら、ポーチに出てくれるんだよ・・・」というペアの確執は、乗り越えるべき壁

私は高校時代、ダブルスで勝てない時にはペアとこんな感じでした。

「せっかく自分が良いサーブを打っているのに、前衛が動いてくれない・・・なんでだ・・・」と、思ってしまう。

でもハッキリ口に出して言えないから、モヤモヤしながら試合を続けて結果的に大事な試合で勝てない。

これって、きっと少なからず皆さんも抱えている課題、だと思うんですよね。

わだかまりは、どこかで解消しないといけない。

次のステージに進む、強くたくましいダブルスペアになっていく為には、です。

 

「どんなサーブなら、ポーチに出てくれるんだよ・・・」というペアの確執は、乗り越えるべき壁

 

1.人のせいにしたくなるのが、試合での自分

客観的に思い出せば、私もそうでした。

自分はしっかりプレーして、ダメなのは前衛でありパートナー。

ポーチに動いてくれないと、次のサーブも強気で打とうという気持ちが失せていく。

なんてメンタルが弱いのかと思いますが、それ以前にこれって、準備不足。

試合に臨む一体感が、ダブルスペアとして作れていないんですよね。

上手くいかないのを人のせいにする、そんな癖が自分の中で付いている。

その自分に、どこかで気付かないと選手として強くはなれないでしょう。

 

2.ポーチに出てくれないのには、理由がある

まずは、自分に理由があると考えてみる。

例えばコース、サーブのコースはどうだろう?

ワイドにばかり飛んで、ポーチに出辛いサーブになってはいないだろうか?

その前に、しっかりファーストサーブが入っているんだろうか・・・?

前衛であるパートナーを責めるのは、簡単です。

でも、それだと確執しか生まれない。

とことん、一度自分がやるべきこと、をしっかりやり切ってみる。

きっと、その姿ってパートナーにも伝わると思うんですよね。

言葉で厳しく言う、のは最終手段。

まずはしっかり、自分がプレーでパートナーに姿勢を見せていく、という部分が大事だと私は思います。

 

3.焦らなくても、ペアは自分を見てくれている

しばらくすると、私のダブルスペアもどんどん変わっていきました。

厳しく言わなくても、積極的に動いてくれる。

必死でファーストサーブを入れていけば、それにプレーで応えてくれるようになって、自然と良い結果も出るようになった時があります。

焦らず、じっくり待ってプレーを見てくれていたんだと、今になって思えば感じるんです。

当時は、大変でしたけどね・・・。

もしアナタ自身、ペアに対して不満を多く抱えているのであれば、一度全て、自分に責任があると考えて行動を興してみる、変えてみる。

辛く苦しい、かもしれませんが、きっとその姿勢こそダブルスペアを成長に導いてくれると思いますよ。

 

4.姿勢で伝えてこそ、テニス選手

これはダブルスパートナーだけじゃない。

部活やサークル、社会人チームを背中で引っ張っていくリーダーにも必要な意識でしょう。

言葉にして伝える、ことももちろん大事。

でも、しっかり自分のプレー、姿勢で引っ張っていく、周りを鼓舞していくという気持ちは大事です。

やっぱり、やって見せていかないと人は付いて来ない。

姿勢で伝えたことは、アナタ自身の財産にもなるはず。

「自分は、良いサーブを打ってるのに・・・」と、思う自分を、少し疑ってみませんか?

「本当に良いサーブなのか・・・?」と。

 

5.自分の周りで起きていることは、全て自分が引き起こしている

これは、やや大げさな表現かも知れませんが・・・テニスって、こういうモノです。

アナタの身の周りで起きていることは、アナタ自身が要因となって引き起こしていること。

それが良いこと、悪いこと、たくさんあるでしょう。

周りの人のせいにしても、何も変わりません。

だって、アナタ自身という人間が、変わっていないのだから。

テニスを通じて、こういうことに気付いた人は強くなる。

ダブルスでも、シングルスでも。

そして仕事や勉強でも、勝ち続けていけるんだと思います。

 

文章にすれば簡単ですが、もちろんこれは大変な問題。

時には、姿勢だけではなく言葉で伝える、厳しい衝突も必要でしょう。

でも、その時にも意識して欲しいのは、「自分は本当に、胸を張れるほど出来ているのか?」ということ。

まだまだ、足りない姿勢があるんじゃないのか、と厳しく見つめ直す。

ダブルスペアに話かけてみるのは、その後で良いでしょうね。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう

    やられている訳でもないのに、弱気になってズルズル下がってしまう。…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスの並行陣でのファーストボレー、「出来る範囲でセンター寄り」で後衛に触らせましょう

    ダブルスの並行陣の戦術を実行していくときに、何となくで最初のファースト…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    2回連続動いて、初めて相手は意識する

    テニスの試合で、相手に自分を印象付けること。これは、ただ動けば…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、ストレートロブからのチェンジ後は「前衛はセンターに絞る!」のが基本です

    ダブルスの雁行陣で試合を進めていると、前衛がロブで抜かれたときに少し変…

  5. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛がサインを出すペア」って、何を確認してるんだろう?

    ダブルスの試合で、前衛の選手がサーブを打つ選手にサインを出す。前衛…

  6. ダブルス

    並行陣が出来ると、勘違いしてしまうのはなぜ?

    テニススクールでは、中級以上で並行陣、をやる機会が多いですよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークのリズム感が取れない人は、「ボールがバウンドするのと踏み込む足のタイミ…
  2. テニス メンタル

    戦術

    歳を取れば取るほど、「準備不足」は受け入れられない
  3. その他

    「汗をかこう!暑さに備えよう!」自分の身体を知ることでテニスの試合に勝てるように…
  4. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    打点が後ろになってしまったスマッシュは、「絶対に振り切ってはいけない」ことを覚え…
  5. 練習メニュー

    素振りとは、実は振る練習ではない
PAGE TOP