テニス ダブルス

スマッシュ

スマッシュは「構えながら相手の選手のポジションも確認する」ことで、コース勝負に持ち込めてミスが減る

スピードは無くても、なぜかスマッシュが決まりやすい選手、ペアっていますよね。

相手のポジションをしっかり確認して打つことができれば、リスクを冒さないでもコースで勝負できる。

普段の練習の中で、ボールを見ながら相手も見れる、視野を広げるトレーニングを意識して練習しましょう。

 

スマッシュは「構えながら相手の選手のポジションも確認する」ことで、コース勝負に持ち込めてミスが減る

 


 

■対戦相手は、「予測して先に動く」タイプかも?

スマッシュチャンスは、相手にとってはピンチな状態。

こんなときに、テニス選手は特徴が大きく現れます。

先に予測して動く選手の場合、落ち着いてその逆を突けばスピードはいりません。

回転をかければ、さらに安定感が生まれますね。

試合の中、できれば序盤でその特徴を把握できるように、注意してみておくと良いでしょう。

 

■「関連視野」の広さが、テニスの能力向上には不可欠

「ボールを見ながら、相手も見る」なんて、出来るの!?と思う方もいるかも知れません。

トレーニングすれば、できます。

上を見ながら、眼の端を使って相手コートも確認する。

これは、トレーニングで誰でも身に付くことができる技術です。

特にネットプレーでは不可欠なので、最初は失敗しても、練習を繰り返していきましょう。

 

■どのコースでも打てる「しっかりした横向き」が作れないと、スマッシュも打ち分けが難しい

相手のポジションを確認しても、同じフォームから打ち分けが出来ないとスマッシュは厳しい。

身体が開いてしまっては、大抵逆クロスのコースには打てなくなってしまいます。

身体を閉じて、しっかり打った後にラケットを持たない腕が身体の前にきていますか?

少し窮屈でも、コンパクトで安定したフォームを意識して練習することが大事です。

 

スマッシュの決定力は、そのまま試合の結果に反映されます。

打ち分けができない相手には、どんどんロブを上げてミスを誘いましょう。

相手をしっかり見ながら、ボールも同時に見て良いスマッシュも打つのは楽ではありません。

だからこそ、しっかり練習して試合で使えれば一段レベルを上げることができます。

頑張りましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス 客観視

    スマッシュ

    なぜ私は深い位置からのスマッシュ、にこだわり続けるのか?の理由について

    基本的に、安定志向で粘り重視。こういう視点で、このサイトをご覧…

  2. テニス ガット

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人ほど、「ロブが上がったら足が止まる」ことを再度意識してみよう

    スマッシュが得意かどうか、しっかり観察すれば分かる。序盤から、…

  3. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニス初心者が身に付けたい、「スマッシュの基本」4つ

    この春から、新しくテニスを始める方も多いはず。テニスのショット…

  4. テニス ボレー
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「リストワークでコースを変える」スマッシュを身に付けるとテニスの試合でポイントを獲りやすい

    スマッシュのコースをギリギリまで隠す。テニスの試合でこれをやら…

  6. テニス ボレー

特集記事

  1. テニス 大学

    日々の雑記

    根拠のある自己流は、セオリーに勝る
  2. フットワーク

    スプリットステップ、もっと早く、低く!
  3. メンタル

    相手を追い込みつつ、精神状態は一定を保つこと
  4. テニス 客観視

    メンタル

    苦しんだ人じゃないと、テニスは楽しめない
  5. テニス サーブ

    ボレー

    初心者にボレーを教えるなら、「セットしてから横向きで踏み込む」ことをシンプルに徹…
PAGE TOP