テニス メンタル

スマッシュ

味方のスマッシュチャンスを、「決めてくれるだろう…」と甘く考えてる人は試合で勝てません

ダブルスの試合で、そのペアの強さを測るときにはポイントがあります。

それは、チャンスボールを決めようとするときの、ボールを打っていないペアの動き。

この大切さは何度かこの記事でも書いてきました。

特に一番特徴がでやすいのが、スマッシュですよね。

パートナーが良い動きをしてくれないと、どんなに良いスマッシュも決まり辛い。

結局自滅してしまうのは、もしかするとパートナーの動き方に問題があるのかも知れません。

 

味方のスマッシュチャンスを、「決めてくれるだろう…」と甘く考えてる人は試合で勝てません

 


 

■スマッシュだけじゃない、チャンスボールでの攻撃に対する考え方

これはスマッシュだけに限った問題ではありません。

パートナーが攻撃しようとしている、相手はそれをしっかり待って構えている。

この状態では、1球でポイントが決まるとは考え辛い・・・ですよね?

相手は必死で返球しようとしてきますので、いかにそのボールを逃げる手段にさせないか、が大事になります。

その仕事は、あくまで攻撃をしかける側の、もう一人の選手、パートナーに課せられた使命です。

 

■スマッシュのコースに立って、邪魔になってる場合も・・・

スマッシュの際の正しい姿勢は、ネットよりも低い態勢になってネット近くに待ち構えること。

ボーっと前に立っているだけでは、スマッシュを打つ選手の邪魔にしかなりません。

またネットから遠い位置にいては、次のボールを詰めて攻撃していくことが出来ない。

この両方をクリアする為には、スマッシュの構えに味方の選手が入ったと同時に、準備を始めて行動に移すことが大事です。

 

■味方と攻撃の息を合わせる練習は、ダブルスでは必須です

パートナーと攻撃していくときには、ペアで波状攻撃をしかけていく。

片方の選手だけが攻撃していく、シングルスの選手同士が組んだペアもありますが、これは例外。

相当な技量があるからこそ、分担制が敷けるのです。

私たちは、ペアで2人分、3人分の攻撃力を磨く、コンビネーションを身に付けて初めて、こういったペアに対抗できる。

「今が攻め時だ!」という感覚は、ぜひペアで揃えるようにしておきましょう。

 

最終的に、ネットに近い位置でポイントを終える。

これが出来れば、ダブルスはもっと強くなります。

その為には、何度もこのサイトで書いてきましたが、ボールを打っていない選手の動きこそ大事です。

スマッシュを打ち込む、その前段階で、出来ることはたくさんある。

その確認を再度、行ってみましょう!

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス メンタル

    スマッシュ

    深いロブのスマッシュは、後ろに傾きながら打って良い

    深いロブも、スマッシュで。これは、私自身がテーマに置いているポ…

  2. テニス ストローク

    スマッシュ

    クロス方向へのスマッシュは、スライスサーブの延長で打てば大丈夫

    スマッシュは、「逆クロスが打ちやすい」というのを、何度か書いてきました…

  3. テニス 練習

    スマッシュ

    打点が後ろになったスマッシュでも攻撃する、為に必要な4つのコツ

    スマッシュを打つときに、厄介なのが深いロブ。何度も、「ロブは落…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュの基本は、相手に優位性を渡さないこと

    特にダブルスの試合、ではこの意識が大事。無理に決めよう、として…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    「スマッシュにも深さが必要!」と思ったら、それはテニス選手として大事なステップです

    スマッシュに大事な要素って、何でしょうか?スピード?コントロー…

  6. テニス メンタル

    スマッシュ

    スマッシュは逆クロスのコースが、試合では決まりやすい

    スマッシュをしっかり、試合で打っていくのって・・・難しいですよね。…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる…
  2. 戦術

    技術が無い選手こそ、躍動するポジショニングが必要
  3. テニス メンタル

    サーブ

    サーブの調子が悪い時は、決まってこうなっている
  4. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「浅いボールのアプローチショットが難しい」人はボール…
  5. テニス ストローク

    リターン

    2バックダブルス、リターンでのジャッジが難しい件
PAGE TOP