テニス メンタル

スマッシュ

味方のスマッシュチャンスを、「決めてくれるだろう…」と甘く考えてる人は試合で勝てません

ダブルスの試合で、そのペアの強さを測るときにはポイントがあります。

それは、チャンスボールを決めようとするときの、ボールを打っていないペアの動き。

この大切さは何度かこの記事でも書いてきました。

特に一番特徴がでやすいのが、スマッシュですよね。

パートナーが良い動きをしてくれないと、どんなに良いスマッシュも決まり辛い。

結局自滅してしまうのは、もしかするとパートナーの動き方に問題があるのかも知れません。

 

味方のスマッシュチャンスを、「決めてくれるだろう…」と甘く考えてる人は試合で勝てません

 


 

■スマッシュだけじゃない、チャンスボールでの攻撃に対する考え方

これはスマッシュだけに限った問題ではありません。

パートナーが攻撃しようとしている、相手はそれをしっかり待って構えている。

この状態では、1球でポイントが決まるとは考え辛い・・・ですよね?

相手は必死で返球しようとしてきますので、いかにそのボールを逃げる手段にさせないか、が大事になります。

その仕事は、あくまで攻撃をしかける側の、もう一人の選手、パートナーに課せられた使命です。

 

■スマッシュのコースに立って、邪魔になってる場合も・・・

スマッシュの際の正しい姿勢は、ネットよりも低い態勢になってネット近くに待ち構えること。

ボーっと前に立っているだけでは、スマッシュを打つ選手の邪魔にしかなりません。

またネットから遠い位置にいては、次のボールを詰めて攻撃していくことが出来ない。

この両方をクリアする為には、スマッシュの構えに味方の選手が入ったと同時に、準備を始めて行動に移すことが大事です。

 

■味方と攻撃の息を合わせる練習は、ダブルスでは必須です

パートナーと攻撃していくときには、ペアで波状攻撃をしかけていく。

片方の選手だけが攻撃していく、シングルスの選手同士が組んだペアもありますが、これは例外。

相当な技量があるからこそ、分担制が敷けるのです。

私たちは、ペアで2人分、3人分の攻撃力を磨く、コンビネーションを身に付けて初めて、こういったペアに対抗できる。

「今が攻め時だ!」という感覚は、ぜひペアで揃えるようにしておきましょう。

 

最終的に、ネットに近い位置でポイントを終える。

これが出来れば、ダブルスはもっと強くなります。

その為には、何度もこのサイトで書いてきましたが、ボールを打っていない選手の動きこそ大事です。

スマッシュを打ち込む、その前段階で、出来ることはたくさんある。

その確認を再度、行ってみましょう!

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない

関連記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    背が高い人がスマッシュ上手、とは限らない

    スマッシュが強い相手は、試合で嫌ですよね。ロブが効き辛い、とい…

  2. スマッシュ

    スマッシュとサーブの違いを考えると、「少しだけスマッシュが楽になる」考え方について

    スマッシュに苦手意識を持っている方、色々理由があると思います。…

  3. テニス ボレー
  4. テニス ポジショニング
  5. スマッシュ

    ネットプレーで難しいとされる、「バックハンド側に上がったロブ」をスマッシュで打ち抜くには?

    ネットプレーの弱点、それはバック側に上げられるロブ。この対処を…

  6. テニス ミス

    スマッシュ

    「まぶしい!!」とテニスの試合で大切なスマッシュ練習、避けていませんか?

    スマッシュの練習をレッスンの中でよくやるんだけど、もちろん眩しい太陽が…

特集記事

  1. テニス 雪

    メンタル

    相手から勝利への希望を奪う、覚悟はあるか?
  2. 練習メニュー

    テニスの練習を、自らリードしていける選手になろう
  3. テニス サイト

    テニス知識

    セルフジャッジのカウントコール、一番自然なタイミング?
  4. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニス ストローク

    リターン

    両手バックハンドのリターンが安定しない人は、「後ろ側の腕の脇」を締めて打つ
PAGE TOP