スマッシュ

「ダブルスのスマッシュ、打っていない方は何してる?」細かい意識の差が、ダブルスの実力差です

ダブルスのペアでスマッシュが強い、という印象はどういう時に抱きますか?

きっと「スマッシュが強い人」がいるというよりは、ペアで隙無く「スマッシュをポイントに繋げてくる」ペアだと思います。

ポイントとなるのは、打っている人よりむしろ「打っていない人」の動きと意識。

アナタ自身、しっかりできているか確認してみて下さい。

 

「ダブルスのスマッシュ、打っていない方は何してる?」細かい意識の差が、ダブルスの実力差です

 


 

■スマッシュを打っていない方の選手、何を意識すべき?

ほとんどの初中級のプレイヤーは、スマッシュを打っていない自分が何をすべきか分かっていません。

大抵、「決めてくれ!」と心の中で応援しているだけになってしまっています。

ドキッとした方、まずはその意識から変えていきましょう。

やるべきことは、しっかりあります。

 

■仕事は2つ!スマッシュの邪魔をしないことと、次を決めきること

アナタがするべきことは、2つあります。

スマッシュの邪魔をしない、コースを空ける為にしっかり腰を落としてしゃがむ。

そしてその次のチャンスを決めれるように、しっかりネットに詰めてポイントを決める準備をすること。

この2つはしっかり意識して、実戦できるようにしましょう。

 

■相手の逃げ道を塞ぐことができれば、ダブルスペアとしての未来は明るい

スマッシュを打ち込んで来られた相手は、まず逃げようとするのがテニスの基本戦術。

そこを逃さないで仕留めるのが、パートナーの仕事です。

アナタがスマッシュを打つ際には、しっかりそのあたりの意識も持って、ペアに決めてもらえばOK、くらいの感覚で良いでしょう。

そうすることでリラックスして、結果的に良いスマッシュを打てるようになる可能性が高いです。

 

ダブルスのスマッシュは、とにかく2人で組み立てて打つ、仕留める。

スマッシュを打つパートナーとしての動きは、しっかり練習して身体に染み込ませておくようにしましょう。

逆に試合では、ロブを上げることで相手ペアの連携力を測ることもできますね。

普段の部活や練習から、こういったロブに対応した動きのメニューを入れておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  2. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  5. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える

関連記事

  1. スマッシュ

    風が強い日のテニスの試合では、ある作戦を実行することで「相手を窮地に」追い込めるでしょう

    風が強い日の試合、アナタは思い通りのテニスが出来ますか?自信が…

  2. テニス ボレー
  3. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    テニスの試合で「低い弾道のロブをスマッシュするとき」要注意したい5つのポイント

    スマッシュの重要性は、何度か書いてきました。今回は、低くて速い…

  4. テニス 前衛

    スマッシュ

    ロブを多用してくる相手には、どこかで先読みして下がらないと相手のペースになる

    ロブが得意な相手、女性の方でも多いですよね。こういう相手は、ど…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    スマッシュのフットワークが遅い人のほとんどは、「身体が正面向きで足が運べない」から遅くなる

    スマッシュはラケットワークと同じくらい、フットワークが重要な技術。…

  6. テニス ストローク

    スマッシュ

    「身体の開きを抑えれば見違える!」テニスのスマッシュを安定させるコツ

    ストロークやボレーで相手を追い込んでも、ロブを上げられると途端に不安に…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    決めたことはやる、がダブルスの信頼関係を作っていく
  2. その他

    「男は分析して満足」な生き物だから、テニスで落とし穴にはまりやすい
  3. テニス ボレー

    ボレー

    「フォアハンドのハイボレーでコースを隠す」ことが出来れば、チャンスを確実に決めら…
  4. テニス メンタル

    その他

    「強い選手だけが特別扱い」される部活やサークルは、その選手も弱くなっていく
  5. テニス フットワーク

    ボレー

    身体の正面のボレーを、バックボレーで返球する為の必要な意識4つ
PAGE TOP