スマッシュ

「ダブルスのスマッシュ、打っていない方は何してる?」細かい意識の差が、ダブルスの実力差です

ダブルスのペアでスマッシュが強い、という印象はどういう時に抱きますか?

きっと「スマッシュが強い人」がいるというよりは、ペアで隙無く「スマッシュをポイントに繋げてくる」ペアだと思います。

ポイントとなるのは、打っている人よりむしろ「打っていない人」の動きと意識。

アナタ自身、しっかりできているか確認してみて下さい。

 

「ダブルスのスマッシュ、打っていない方は何してる?」細かい意識の差が、ダブルスの実力差です

 


 

■スマッシュを打っていない方の選手、何を意識すべき?

ほとんどの初中級のプレイヤーは、スマッシュを打っていない自分が何をすべきか分かっていません。

大抵、「決めてくれ!」と心の中で応援しているだけになってしまっています。

ドキッとした方、まずはその意識から変えていきましょう。

やるべきことは、しっかりあります。

 

■仕事は2つ!スマッシュの邪魔をしないことと、次を決めきること

アナタがするべきことは、2つあります。

スマッシュの邪魔をしない、コースを空ける為にしっかり腰を落としてしゃがむ。

そしてその次のチャンスを決めれるように、しっかりネットに詰めてポイントを決める準備をすること。

この2つはしっかり意識して、実戦できるようにしましょう。

 

■相手の逃げ道を塞ぐことができれば、ダブルスペアとしての未来は明るい

スマッシュを打ち込んで来られた相手は、まず逃げようとするのがテニスの基本戦術。

そこを逃さないで仕留めるのが、パートナーの仕事です。

アナタがスマッシュを打つ際には、しっかりそのあたりの意識も持って、ペアに決めてもらえばOK、くらいの感覚で良いでしょう。

そうすることでリラックスして、結果的に良いスマッシュを打てるようになる可能性が高いです。

 

ダブルスのスマッシュは、とにかく2人で組み立てて打つ、仕留める。

スマッシュを打つパートナーとしての動きは、しっかり練習して身体に染み込ませておくようにしましょう。

逆に試合では、ロブを上げることで相手ペアの連携力を測ることもできますね。

普段の部活や練習から、こういったロブに対応した動きのメニューを入れておきましょう!

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  3. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス ミス

    スマッシュ

    「まぶしい!!」とテニスの試合で大切なスマッシュ練習、避けていませんか?

    スマッシュの練習をレッスンの中でよくやるんだけど、もちろん眩しい太陽が…

  2. テニス サーブ

    スマッシュ

    意外とスマッシュ時に、横向きが出来ていない人が多い

    スマッシュの基本、だけど試合では難しいこと。横向きを作ってしっ…

  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    「下がらないから打てないだけ」テニスでスマッシュに苦手意識がある人の一番の特徴

    ダブルスの試合で、せっかく攻撃的な前衛のポジションにいるのに、ロブが上…

  4. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」感覚でちょうど良い

    ネット際のチャンスボール、皆さんはどんなイメージで打ち切っていますか?…

  5. テニス サーブ

特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    相手の当たり損ない、を追いかけられる選手に
  2. ストローク

    フォアハンドストロークの回り込みを、「丸く回り込んでる」人はもったいない!その理…
  3. テニス ロブ

    戦術

    リードしている時間帯こそ、相手の「変化」を見極めることが大事
  4. その他

    T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  5. テニス スライス

    ストローク

    「攻撃的なスライスと守備的なスライス」を使い分けたストローク術とは?
PAGE TOP