その他

「テニス雑誌の技術情報を鵜呑みに」していては、いつまで経ってもアナタ自身成長しない

テニス雑誌、皆さんは本屋で購入したことはありますか?

私は今、3つあるテニス専門誌を全て購読しています。

もちろん勉強の為・・・というのが大きな理由ですが、そこに出ている技術紹介には常に疑問を感じることが多い。

果たしてこの内容、皆さんの参考になっているんだろうか・・・と。

そもそも学生テニスの現場や市民大会で頑張っている皆さんにとって、有益な情報になっているのか・・・が、疑問でなりません。

 

「テニス雑誌の技術情報を鵜呑みに」していては、いつまで経ってもアナタ自身成長しない

 

■半年で1周、するのが基本ルーティン

毎月のようにメインとなる技術テーマが変わる各紙ですが、何年も発行していれば内容は似てくる。

だいたい半年で企画は1周している、ように感じます。

冒頭でメインの技術、ノウハウ紹介をプロ選手の連続写真やスクールコーチの解説で進行・・・している訳ですが、本当に使える技術、その中にどれくらいあるでしょうか?

しっかり身体を使うプロ選手の技術を実践しようにも、ベースとなる筋力は必要だし予測も大事。

そういった前提を抜きにして、「これが最先端だ!」という技術の解説だけが先走っているようにしか思えないのは、私だけでしょうか・・・。

 

■アナタのテニスを見ていないのに、アドバイスになるの?

雑誌はあくまで読者全体に向けてのメッセージ。

アナタのテニスは、誰かに観られている訳では無いのです。

それなのに、書いてある全ての内容を実践しようと必死になっても、それは無理というもの。

まずはしっかり、自分の中で取捨選択をしていく意識を持ちましょう。

プロ選手だって、得意不得意はあるのがテニスの世界。

特集されている技術でも、「こうあるべき」と捕えるのではなく、「こんな考え方もあるのか・・・」くらいで良いでしょう。

本当に自分で活かせると思った内容だけ、実践していけば良いのです。

 

■「疑う目」というのは、テニスの上達において必要です

私の考えでは、「何かを疑ってみる」という感覚は、テニス選手にとって必要です。

「今、こういう技術が出るのはなぜだろう・・・」

「テニススクールごとに、教えるボレーが違うのは、どうして?」

「そもそも、錦織選手の打ち方は彼しか出来ないのでは?」

と、少しひねくれたような感覚は、上達に必要です。

何もかもを正直に鵜呑みにして、頑張っているような人は「頑張っている感」は出るけど強くはなれない。

テニス雑誌一つ取ってみても、その人の感覚や人生観は現れるので面白いですね。

 

色々な人のテニス観に触れるのは、とても有益なことです。

人にアドバイスを求める、書籍に求める、もちろんこのサイトに求めて頂くのもすごく嬉しい。

ですが決めていくのは、アナタ自身。

コートの上で身体を動かすのも、アナタの脳から信号が発せられるから動くのです。

鵜呑みにしないで、一度疑ってみる。

そうすると自分に必要なテニスの技術、きっと見えてくると思います。

ピックアップ記事

  1. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 【満員御礼】5月3日(月/祝) @千葉県幕張 土居コーチ女子ダブルスレッスンイ…
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「5年前のあの時」を思い出すたびに、テニスというスポーツの存在意義を私は再確認します

    5年前の3月11日。日本全国が、忘れられない体験をしたあの日。…

  2. テニス 環境

    その他

    「チャレンジした上でのミス」が許されない環境の中で、学生テニスプレイヤーは画一化されていった

    学生の皆さんのテニスを見ていると、僕らの時代と違う印象を持つことが多い…

  3. その他

    今の状況になって、気付いたこと

    しばらく更新が滞っておりまして、すみません。みなさんは、いか…

  4. テニス メンタル

    その他

    「テニスと俺」アナタは自分とテニスの関係、どんな感じですか?

    「何のためにテニスしてるんですか?」そんな質問をある人から受け…

  5. テニス 確率

    その他

    テニスノートを使って、「テニスの試合の勝率を上げていく」シンプルな方法とは?

    毎日練習や試合の後にテニスノートを付けているけど、「これが効果あるのか…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合では、「ボールの滞空時間を作り、奪い合うこと」が勝利への鍵になる
  2. テニス 準備

    練習メニュー

    まず軌道から入る、技術は後から
  3. テニス ストローク

    ストローク

    深いショットを自分が打てた時ほど、ライジングカウンターをケアしないといけない
  4. テニス メンタル

    その他

    「テニスと俺」アナタは自分とテニスの関係、どんな感じですか?
  5. テニス 走力

    戦術

    ミスのレベルを上げていく、ことこそテニス選手としての成長
PAGE TOP