テニス メンタル

ダブルス

ワンランク上、の前衛になろう

テニスの試合で、結果が出せる。

周りからも、初めて組んだペアにも感謝されるような前衛。

これになるのは、難しいことではありません。

アナタ自身、「前衛が面白い!好きだ!」となることが出来れば、それだけで希少価値は生まれて来ます。

さぁ、一緒にその姿目指して頑張りましょう!

 
 

周りに感謝される、前衛

やっぱり、これ素敵じゃないですか。

ダブルスの試合で、大事な場面で動ける。

後衛、パートナーに感謝されるような前衛、そんな自分をイメージしてみて下さい。

きっと、すごくテニスに自信も付いて来ると思うんですよね。

ワンランク上、の前衛になると自分で覚悟を決めること。

そうすれば、新しいテニスの道は拓けます。



ワンランク上の前衛、とは?

私が考える、ワンランク上の前衛。

それは、チャンスを待たないで、自分から動ける前衛。

相手が強いとか、味方がセカンドサーブだとか関係ない。

相手をよく観察して、クロスだと思ったら迷い無く出る。

ただし、意地になって出続けることは賢いプレーとは言えません。

適度に出たら、次はストレートに誘う。

相手が自分の方に打って来る機会を増やすことも、前衛の仕事ですから。

ワンランク上の前衛は、待ちの姿勢ではなく攻めの姿勢。

これだから、頼りになるんです!



「ここで出る!?」という場面でこそ

私は、前衛としての腕の見せ所だと思います。

正直、40-0のような場面でのサーブ側の前衛は、そりゃ動けますよ。

自分にプレッシャーが無いし、動いて当然、普通のプレーです。

でも、緊迫した場面やタイブレークの最初のポイント、のように「みんなが様子を見たい場面」で、動けるかどうか。

これって、かなり大事なポイントです。

ワンランク上の前衛は、大事な場面こそ積極的に動ける。

みなさんも、一番難しいのはココでしょう。

ミスしたらどうしよう、と考えていた自分を変えないといけないですからね。

でも、一旦変わると後は楽ですよ。

結局出ないと、負けてしまう。

そういう風に思えて来ますから。

   

キャラが変わる、は最高の褒め言葉

「でも自分は、そういうキャラじゃなくて・・・」という方。

私自身まだお会いしたことはありませんが、じゃあアナタ自身はどういうキャラなんですか?と言いたい。

テニスの試合で勝ちたいなら、キャラが変わるって褒め言葉ですよ。

だって、今までの自分とは違う自分、になれたということですから。

それだけ、テニス選手として幅が出来ている、ということ。

前衛で動きまくる、ワンランク上の前衛なんて自分に似合わない?

そう思って逃げていると、勝てる試合も少なくなっていくでしょう。

大丈夫です、周りから何かを言われても、アナタ自身がトライすれば財産として残りますから。

ぜひ、今年残り少ない日数ですが、キャラ変えに挑んでみて下さい。



少し今年を振り返ってみると、私自身色々ありました。

でも、まだまだやろうと思っていたことが出来ていないな、と。

T-PRESSも、ワンランク上のサイト、サービスの質を提供出来るように、キャラを変えていくつもりです。

ぜひ、みなさんもテニスで、前衛で。

前衛でのプレーが変われば、テニス全体が変わりますから。

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    Iフォーメーションが難しいと感じるなら、「ただポジションを戻すだけ」でも、充分効果はある!

    ダブルスのフォーメーションプレー、やってみたいけど難しい・・・と感じて…

  2. ダブルス

    サービスゲームをキープに導く、前衛の基本ステップ

    ダブルスの前衛、みなさんの動きはどうか。ちょっとしたステップで…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    苦しい時こそ、動ける前衛に

    ダブルスの試合で、今年こそしっかり強くなりたい。結果を出したい…

  4. テニス リーダー

    ダブルス

    団体戦のダブルスに、必要な要素とは?

    団体戦を、チームとして勝ち抜いていきたい。そう考えるときに、肝…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    「どんなサーブなら、ポーチに出てくれるんだよ・・・」というペアの確執は、乗り越えるべき壁

    私は高校時代、ダブルスで勝てない時にはペアとこんな感じでした。…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ダブルスペアとの話し合い」は、テニスの試合では難しく考えなくてOK!

    ダブルスは二人で戦う。二人で戦うんだから、コミュニケーションが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーになると「呼吸を止めてしまう」人は多い
  2. メンタル

    相手の安い挑発に乗って一人相撲、負けますよそりゃ
  3. サーブ

    ファーストサーブが入らない、本当の理由
  4. テニス リターン

    メンタル

    テニスの試合に負けてすぐ、「感情的になっているとき」こそ、テニスノートの出番です…
  5. テニス ボレー

    ストローク

    テニスで、「ラケットを強く握り過ぎてしまう人」は、反対の手のひらを大きく広げると…
PAGE TOP