テニス ダブルス

ダブルス

試合で勝てるダブルスペアになっていく為に、「お互いで信頼関係を築く」のに必要な意識とは?

ダブルスのペアは信頼関係が大事。

言葉で言うのは簡単ですが、これをどう築いていくか・・・がテニスでは難しい問題。

学生生活も短いし、ペアはどんどん変わっていくのでなかなか厳しいと思います。

ですが短い期間の練習でも、少し意識を変えるだけで試合に勝つ為に必要な信頼関係は構築できる。

決して長い時間を共にしなければならない、という訳では無いと私は思います。

今回は私の経験上、良い信頼関係を築いてきたダブルスペアの特徴を踏まえて、お話したいと思います。

 

試合で勝てるダブルスペアになっていく為に、「お互いで信頼関係を築く」のに必要な意識とは?

 


 

■まずはしっかり、「自分のテニス」について本音で話し合おう!

ダブルスはペアでの試合、とは言えテニスでは2人一緒にボールを打つ訳では無い。

あくまで局地戦は、個人個人のスキルがベースになる。

このことをしっかり理解して、技を磨いていかなければいけません。

自分のテニスを、しっかりペアに理解してもらうには、言葉でまずは説明してみる。

「サーブについて、実はセンターが得意だからどんどんポーチに出て欲しい」とか、具体的に何でも話してみましょう。

もちろん、マイナスな要素も大事。

弱点はお互いで補って、試合で失点する確率を減らせば良いだけのことです。

 

■ペア同士の思い込みは、コミュニケーション不足

この「会話」が少ないと、「思い込み」が発生します。

「○○さんはきっと、こういうタイプだから」と自分で勝手に決めてしまって、ペアに対して接する。

一度付いた先入観、実はテニスではなかなか払拭できません。

その為にも、常にコミュニケーションはしっかりと取りながら、テニス以外の会話も自然に出来ると良いでしょう。

普段から会話が楽しいペアは、試合のポイント間でもリラックスして打ち合わせが出来ます。

 

■大事な連携は、攻撃よりもむしろ守備の場面で!

連携力は、レベルが高い試合ほど守備力で現れます。

味方のペアが攻撃されているときに、自分が何をケアして準備するか。

ダブルスの試合では、ボールを打っていない選手の動きが、勝負を決めます。

苦手な部分を把握してフォローする、あとはメンタル的に崩れていきそうなときに一声がかけられる。

そんなペアは、信頼関係も自然に生まれて育まれていくでしょう。

 

まずは何事も、興味と観察です。

もっと自分のペアのテニスに、興味を持ってしっかり観察してみましょう。

一つ一つのショットには、その選手なりの理由と背景がある。

お互いがお互いを知って、受け入れることが出来れば強いペアになります。

それには・・・時間って、そんなにかからないはずです。

密に過ごして練習を共にする。

試合に勝ちたいという想いを、ぜひ言葉と行動で共有してみてください!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  5. 読者のみなさんへ、アンケートのお願いです

関連記事

  1. ダブルス

    ミックスダブルスは、女性の前のスペースでチャンスメイク

    ミックスダブルスの試合での、鉄板パターン。それは、どのレベルに…

  2. テニス 客観視

    ダブルス

    「モテモテダブルスプレーヤー」には共通点がある!テニスの試合で使える奴になろう

    選手時代は基本的にシングルスメインだったし、ダブルス出場する時も、適当…

  3. ダブルス

    センターセオリーは、なぜ試合で使えるのか?

    ダブルスの試合でよく聞く、センターセオリー。これを大事にした…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    ダブルスでこそ使える!ドライブボレーの活用法5つ

    ダブルスの試合でぜひ、使って欲しい技術。それは、「ドライブボレ…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣が難しいと感じる人は、ミニ雁行陣だと思えば良い

    どうしても、「並行陣」というのが難しいと感じる方へ。テニススク…

  6. テニス ボレー

    ダブルス

    絶対に勝ちたいダブルスの試合で、私が実際に使用している「4つの基本的作戦」について

    私がダブルスの試合に出る、そして絶対に勝ちたい試合で準備する作戦はシン…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールのバックハンドでのアプローチは、「小さく上に振り上げる」スピン回転を磨…
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスにおいて「ポーチからのアングルボレー」が打てない前衛は怖くない
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「とにかく勝ちたい!」と気負うよりも、「どうやったら負ける確率を下げることが出来…
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである
  5. テニス フットワーク

    その他

    テニスで結果を出して「大きな目標を成し遂げたい」なら、まず今いるチーム内でNo.…
PAGE TOP