テニス サーブ

サーブ

テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

試合でサーブがなかなか入らない。

サーブに自信がある選手ほど、これでパニックになりますよね。

でも、その原因を知っていれば大丈夫。

自分が悪くなるとき、を冷静に判断出来るようにしておきましょう。

 

テニスの試合で力んでサーブが入らないときは、ほとんどが「上から押さえ込み」過ぎている

 


 

1.サーブを上方向に打つ、には勇気が要る

何度かサーブは、「上方向に打つことが大事」と書いてきました。

サーブも山なり、が基本です。

でも・・・どうですか?

実際にサーブを打つ時に、「上方向に打つ」のって、勇気が要りませんか?

サービスエリアにボールをバウンドさせないと、サーブはフォルトになりますからね。

その恐怖心から逃れる為に、どうしても上から押さえつけてしまう。

これがサーブの乱れの元、になるのです。

 

2.勇気を持って上方向に打てば、絶対にサーブは入る!

特にセカンドサーブ、ですね。

アナタ自身、サーブが入らないときは軌道がおかしいはず。

直線的に、抑え込んだような打ち方になっているから入らない。

勇気を出して、上方向に打つ、コートを軸足でキックして身体全体で力を伝えていく意識が大事です。

試合中に、修正出来るかどうか。

「意識は上、山なりのサーブを打てば絶対に入る!」と、思えるかどうかです。

 

3.回転系のサーブを覚えないと、サーブはいつまでも安定しない

今まで書いてきたこと、の大前提は・・・回転系のサーブ。

ぜひ、この春に皆さんしっかり練習して欲しい。

フラット系、合わせるだけのサーブは、卒業しましょう。

「どうやって打つのか?」については、アナタの周りにきっとたくさんヒントがあるはず。

ラケットの持ち方=グリップ、トスの位置、盗めるところは盗んでいきましょう。

力んでしまう人は特に、回転系のサーブに活路を見出せば試合で勝てるはずです。

 

力んでしまうのには、必ず理由があります。

それはスピードを求める・・・というのもあるでしょうが、それ以上に、「サービスエリアにバウンドさせないと!」というプレッシャーのはず。

勇気を出して、上方向にボールを打っていく。

この意識で、必ずサーブは変わるはずです。

 

今回のまとめ

勇気を持って、サーブを上方向に打って軌道を山なりにしていこう!

 

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. サーブ

    試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?

    サーブで緩急を付ける。これは、実はプロでも実践していて、非常に…

  2. テニス 指導

    サーブ

    なぜ部活やサークルで練習する「サーブ練習」のほとんどは、試合に活かされないのか

    皆さんのサーブ練習、どのような形で行っていますか?私は高校時代…

  3. テニス ダブルス

    サーブ

    「アンダーサーブ」を見下していると、大事な試合で相手のアンダーサーブに泣くことに・・・

    試合では、ほとんど観る機会がない「アンダーサーブ」。セカンドサ…

  4. サーブ

    今、急成長中の日本男子選手、「西岡良仁選手の強さ」をサーブの観点から考えてみる

    今年、全豪オープンを予選から突破し本戦入りを果たした西岡選手。…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのときのトスアップの腕、しっかり最後まで活用すれば安定感がアップ!

    サーブで見落とされがちな大切な技術に、トスアップの腕の使い方があります…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「発想の整理」だけで、人は自信が持てるようになるはず

    リターンゲームの方が、サーブを打つより気楽で良いな・・・。と、…

特集記事

  1. テニス サーブ

    リターン

    中級レベルの相手の試合なら、センターへのサーブは捨てても良い
  2. 戦術

    テニスの試合で意外と多い、「ノーアドバンテージ形式」での必勝法、を考えてみた
  3. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「合わせるだけのバックハンドストローク」を、卒業しましょう
  5. サーブ

    テニスの試合、サーブで力が伝わらないと感じている人は、「トスを上げた腕を胸の前」…
PAGE TOP