テニス 戦術

戦術

「新しいことを始める、身に付ける」ときに感じるストレス、に強くなろう

何か新しいことを始める、練習する。

その中で、皆さんはきっと最初に一番ストレスを感じているはず。

人間、慣れていることが一番楽ですしね。

だからこそ、強くなることに「慣れる」ことも大事なんです。

 

「新しいことを始める、身に付ける」ときに感じるストレス、に強くなろう

 


 

1.勉強でも仕事でも、同じです

きっとテニスだけじゃない。

勉強だって仕事だって、一緒でしょう。

何か新しいことに取り組み始めるときに、一番ストレスを感じる。

このストレスに慣れないと、「やっぱり、今までのやり方が良いよな・・・」と思って逃げるように戻してしまう。

皆さん、どうでしょう?

身に覚えの一つや二つ、ありませんか?

 

2.感じるストレスは、きっと小さいものを勝手に大きくしている

自分できっと、大きくしているだけ・・・だと思います。

テニスでも、少しグリップを変えたり打点を変えたり、細かく変更しているときにはストレスを感じる。

でもそのストレスって・・・結局自分で大きくしているだけ。

「またミスか・・・」

「周りから、変えてるって思われているかな・・・」

「新しくして、弱くなったらどうしよう・・・」

という想いが強くなると、新しい取り組みは続かない。

小さい変化のはずが、大きなストレスを自分にかけてしまう。

そもそも、変えていくって「マイナス」からのスタートが当たり前ですからね。

 

3.「マイナス」からスタート出来るのは、本当に変えている証拠

本気で変えていくときには、マイナスからが当たり前。

だって、一度今までの技術を捨てるくらい、変える訳ですからね。

試合に多少勝てなくなっても気にしない。

皆さんに必要なのは、それでも変えて強くしていきたいという勇気と決断力、でしょう。

マイナスになっている自分、ストレスに感じる必要はありません。

このストレスに耐えて、強くなっていくのですから。

 

テニス界って、意外と変えることが出来ない人が多い。

自分はこういうテニス、というのを決めつけている人ほど、成長が止まっている。

自分で変える、という意志があれば、ストレスだって乗り越えられるはず。

自分のテニスをコントロールしていくのは、アナタ自身ですからね。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合では、「ボールの滞空時間を作り、奪い合うこと」が勝利への鍵になる

    テニスのラリーの中で、意識して欲しいのは時間の奪い合い。ここに…

  2. 戦術

    タイブレークは、1ポイント目に奇襲で先手を!

    ゲームカウントが6-6で、タイブレークに。こういう試合、結構多…

  3. 戦術

    一番最初に、4番バッターをもってくる方が勝てる

    テニスの試合、スタートダッシュが肝心。私はいつも、この意識で試…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスを上達させるには、「何となく」を言葉にしていくこと

    テニスついて考えて、試合で勝つ為にプレーする。出来そうで出来な…

  5. テニス ストローク

    戦術

    よし、いける!と相手に思わせて、罠にはめよう

    ダブルスの試合で、上手くフェイントを入れて相手を誘う。前衛のと…

  6. テニス メンタル

    戦術

    敗退の責任の所在は、不明確

    皆さんはテニスを、誰かに教わってますか?顧問の先生、コーチ、先…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. リターン

    相手がトスを上げた瞬間、はポジションチェンジのチャンス!
  2. テニス 予測

    テニススクール

    テニススクールに通っている方は、「お客様」のままで終わるのはもったいないと思う
  3. スマッシュ

    スマッシュで狙う位置、バウンドさせる場所はどこ?
  4. テニス ダブルス

    フットワーク

    試合の中で、「スプリットステップを忘れてしまう」人が意識したいポイント5つ
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    実力で劣る後輩を引っ張るダブルス、に必要な要素4つ
PAGE TOP