戦術

自分の指導観が見えてきたという話

今年は自分のアウトプットを1段階上げる

17年ぶりくらいにオンコートでグループレッスンを実施したりしてます

まだまだ手探りですが、とにかくやろうと決めていたのは「他のコーチやスクールがやっていないこと」

同じようなことをやるなら他でどうぞ、T-PRESSでしか出来ないことを創り出していきたいと考えていくことが大事だと考えています

例えば、私のレッスンでは毎回必ず動画を撮影します

参加者が見返して確認できるように、そして最近では私の音声も統合させた動画を提供することにしています

そしてもう一つ、当日のテーマと練習内容を書いた簡単なシートを用意してみなさんに配布

そこに私からのメッセージを加えて、参考にして欲しい動画のQRコードも加えています

当たり前ですが「やったことを可視化して残す」ことはとても大事ですよね

テニスノートに書くといっても忘れちゃいますし、なかなか続かないのが現状だと思います

小さな取り組みですが、これはまだまだ序の口でありスタート

ここからもっと、新しいチャレンジをみなさんには体験して欲しい

そのベースとなる考え方、指導観のようなものを改めて最近整理しています

そこで見えてきたこと、私がT-PRESSを通じてみなさんに伝えたいこと、それは何なのか

「ボトムアップでテニスが上達する」ということを、根幹に置きたいと考えています

ボトムアップとは、指導される側=参加者のみなさんが自立した選手として成長していける、ボトム=底から上がっていくことで全体で指導が成り立つということ

私は何度も、このブログやYouTube、noteやSNSで「みなさんが自立してこそ、T-PRESSの視聴者さんです」と伝え続けてきました

側からみると、まるで指導を投げ出して放棄しているようですよね

ですが、私はこのボトムアップ理論でみなさんと一緒に成長したい

テニス界はほぼトップダウンの指導や教育環境ですが、そこに一石を投じていきたい

ボトムアップ理論は私と同郷の広島出身でもあり、大学の先輩でもある畑喜美夫さんが提唱する指導理論です

最近では高校サッカー選手権大会でベスト4に進んだ堀越高校、あのチームもボトムアップで選手主体に活動して結果を出したチームとして有名になりました

テニスという個人競技で、しかも私たちT-PRESS視聴者は社会人のみなさんがほとんどです

こんなに新しく、チャレンジできる環境ってなかなか無いですよね

でも、私は信じてるんですよね

みなさんと私なら、必ず達成できると

ボトムアップ理論で社会人からテニスが上達する、成長して人生がより良くなって拓かれていく

今この記事を読んでも、何を言ってるんだかよく分からないという方がほとんどだと思います

楽しみにしてて下さい、本当に

必ずみなさんと一緒に、新しい景色を見られるよう、体験ができるようにがんばります!

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. 戦術

    接触プレーが無いテニス、だからプレッシャーは甘くなる

    テニスはネットを挟んで、相手と相対する競技。こ同じような競技は…

  2. テニス メンタル

    戦術

    アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?

    結局、テニスはここなんです。相手にとって、どうなのか。…

  3. テニス 打点

    戦術

    試合の逆転、はそのずっと前に布石がある

    テニスの試合、悔しい逆転の経験、みなさんもありますよね。される…

  4. テニス ダブルス

    戦術

    「自分らしいプレー」は、オールラウンドなテニスの上に成り立つ

    どこか、勘違いしている人も多いんじゃないでしょうか。自分のプレ…

  5. テニス 練習

    戦術

    前衛でプレッシャーをかけるときは、必ずウォッチの準備を

    自分がネットで、プレッシャーをかけるとき。相手の視界に入って、…

  6. 戦術

    試合中に、ボーッとしてしまう…

    みなさんは、こういう経験無いでしょうか?こういうブログを書い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 予測

    練習メニュー

    チームでの練習メニューは工夫次第、例えば「みんなストロークでネットミスが多い・・…
  2. テニス 雨

    メンタル

    テニスの試合でも「自分のイライラの要因」が分からないから、人はネガティブ思考にな…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝てない人には共通点がある」アナタ自身でチェックして欲しい項目5…
  4. テニス ストローク

    メンタル

    丁寧なテニスが出来ている限り、アナタはそう簡単に負けることは無い
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのときのトスアップの腕、しっかり最後まで活用すれば安定感がアップ!
PAGE TOP