その他

自分のブランド作りを考える2024年

今年やりたいことの一つとして、私富田のブランド作りがあります

読者のみなさんは「???」という感じかと思いますが…

ご存知の通り、T-PRESSは私が信頼するコーチ陣のみなさんのコンテンツが中心のメディアです

今後もその企画は変わらない予定ですし、私自身もよりそれぞれの魅力を引き出していきたい、コーチ陣のブランド作りを継続して行っていきたい

ですが、本当にそれだけで良いのかと

昨年はずっと、私自身自問自答の日々でした

そもそも、私があまり前に出ていくのは好ましくない、コーチ陣の引き立て役としての黒子に徹していく方が望ましいという判断です

もちろん間違いではないでしょうが、ある意味ずっと私自身がみなさんの前から逃げ続けているようにも感じていました

これで本当に、自分は成長できるのか

自分というブランドが育っていかないんじゃないか、という考えが強くなりました

もう一度、T-PRESSの原点である私自身の考えやスタンスを発信する時期なんじゃないかと

昨年も何度かこちらのブログで書いてきましたが、もう逃げずにいきます

私、富田自身の考えや感じたこと、テニス観、創りたい世界をどんどん出していく

そうすることが、きっとT-PRESSを信じてついてきてくれているファンのみなさんに応えることになると確信しています

T-PRESSに出演して頂いているコーチ陣の連載企画は継続していきますし、がんばります

ですがそこで伝えきれていないこと、視聴者のみなさんが困っていること、行き詰まっていること

ここをフォローアップしていくのが、自分の役目じゃないかと考えています

とにかく私は、何度も繰り返しているように視聴回数やチャンネル登録者数、フォロワー数というものに一切興味がありません

興味を持って追いかけた段階で、T-PRESSを支持してくれているファンのみなさん、テニスの試合に勝ちたいみなさんが離れていくのが分かっているからです

ただひたすらに、このブログの読者のみなさん、YouTubeを熱心に観て学ぼうとするみなさん、イベントに足を運んでくれるみなさんの力になりたい

もっともっと、テニスを上達させてより良い人生になるお手伝いがしたい

ここに燃えないと、やっぱりT-PRESSじゃないですから

じゃあ具体的に何をするのか?

はまた随時、ご報告させて頂きます!

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. その他

    「小事」が「大事」を生む

    これは、元プロ野球監督の野村克也さんの言葉です。私自身、この…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスコート脇で「スウェットばかり履いている人」が、大事な試合で勝てないその理由について

    私が大学に進学した15年前くらいから、目立ち始めたこの光景。か…

  3. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおける一球の重みは、実はすごく分かり辛い

    テニスの試合、私はいつも危機感を覚えている。他の競技よりも、試…

  4. テニス ダブルス

    その他

    錦織選手の実力について、アナタはしっかり「自分の意見」を持てているだろうか?

    今年も楽天オープン、日本で一番大きなテニスの大会が始まりました。…

  5. その他

    「上級生について行けば良い」という考えは止めよう

    アナタ自身がもし一年生なら、練習メニューは上級生が決める?その…

  6. テニス テニスボール

    その他

    「君は大学王座の試合を、観たことがあるか?」今年も早稲田が強かった

    先週末にて、大学テニス界の頂点を決める戦い、「全日本大学対抗テニス王座…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ストローク

    チャンスをしっかり浅い場所に角度を付けて打てる、ようになれば上級者
  2. テニス 調子

    日々の雑記

    「恥」を知れば、テニスはもっと強くなる
  3. リターン

    「トップスピンストレートロブリターン」をダブルスの試合で打てると、安全かつ確実に…
  4. テニス 打点

    戦術

    「弱者が強者にテニスで勝つために」必要なのは、単純な粘りだけじゃ無い
  5. ダブルス

    前に入ってストレートアタック が有効な理由
PAGE TOP