テニス メンタル

その他

Q&A「テニスをするには、性格が優し過ぎると言われてしまいます。良いアドバイスはありますか?」

今回は、男性中学生の方から頂いた質問です。

よく「テニスは性格が悪いくらいが、丁度良い」なんて言葉も聞きますが、果たしてどうでしょうか。

日本人にありがちなこの問題、テニスというスポーツの視点から考えて見ます。

 

Q&A「テニスをするには、性格が優し過ぎると言われてしまいます。良いアドバイスはありますか?」

 


 

■日々の生活と、スポーツをやるときは同人格?

ラケットを持つと、急に性格が変わる人、周りにいませんか?

プロ選手でも実はこういうタイプが多くて、普段は仲の良い選手同士でも、コート上に立てば敵同士。

どうやって相手を叩きのめすかを、日々考えています。

これは良い意味で、「世界を二つに分けている」とも言えます。

つまりは使い分けつつ、自分の中でも整理ができているという状態を、意図的に作り出しているのです。

 

■嫌われる必要は無いが、嫌がられる必要はある

テニスというスポーツは、相手を騙し、出し抜くような作戦がたくさんあります。

スポーツは全て、そういった駆け引きの元に成り立っていますが、個人スポーツでもありテニスはそういった要素が目立つのかも知れません。

同じテニス部の仲間から、「嫌われる」のと「嫌がられる」のでは全く意味が違ってきます。

私が考えるに、「嫌われる=人格的に受け入れられない」という関係。

「嫌がられる=オンコートでのテニスの技術が受け入れられない、嫌われる」ということ。

微妙なニュアンスですが、試合に強くなっていくのであれば後者のスタンスは絶対に必要です。

アナタのテニス技術が嫌がられない、つまりは好かれているということは、相手にとってやりやすいテニスということですから・・・。

嫌がられる勇気を、持ちましょう!

 

■オフコートでの行動が、アナタのテニスと性格を創り上げていく

「優しい性格」というのは、テニスに不必要な要素ではありません。

むしろ、大切な要素です。

その優しさで培われた人間関係を大切にしていれば、テニス人生は必ず充実していきます。

但し、対戦相手に対する優しさは、実は真逆の意味を持つことも理解しましょう。

痙攣で苦しんでいる相手に、打ちやすいボールを返球することは逆に「酷」な仕打ちです。

しっかりドロップショットで仕留めてあげるのも、優しさ。

実力が格下の相手に対して、力を見せつけてあげることもまた優しさなのです。

 

言葉で並べるのは簡単ですが、実際のテニス部内での関係やサークルの中でも問題は多いと思います。

一番もったいないのは、「自分の性格はこうだから、こうしないといけない」という、視野の狭い「べき論」になってしまうこと。

アナタの可能性は、無限大なことをお忘れなく。

テニスを通じて、試合の中で色々な性格に変化していくのも面白いです。

昨日錦織選手に勝ったペール選手も、性格なんて誰も分からないし決められない。

そんな選手、嫌がられますよね。

でも思うに、彼は周りから嫌われてはいないはず。

こんな文章でしたが、少しでも質問者の方の参考になれば嬉しいです。

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!

関連記事

  1. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです

    セルフジャッジで揉めるケース、色々ありますよね。ジャッジで入っ…

  2. その他

    「中学生なら高校生、高校生なら大学生」と、次のステージのテニスは早めに観て感じておこう

    サイトをご覧になっている方の中には、今中学生、高校生の方も多いと思いま…

  3. テニス 練習

    その他

    試合後の握手の場面、テニス選手としての器はそこに全て現れます

    プロ選手でも一般の方の試合、学生さんの試合でも、試合終了後は握手をして…

  4. テニス 練習
  5. テニス 部活

    その他

    「雨の日に、どうしてもテニスがしたい・・・」方に贈る、止んだらすぐできる水はけに便利な神グッズ5つ

    練習や大会で、どうしても雨でテニスができない・・・ということ、多々あり…

  6. テニス 練習

    その他

    テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本5つ

    3月・4月は出会いと別れの季節。テニス部でも引退試合から新入生…

特集記事

  1. スマッシュ

    スマッシュで狙う位置、バウンドさせる場所はどこ?
  2. テニス 戦術

    ボレー

    「ボレーがちょっと簡単に思える方法」回転量を意識するとテニスの試合も楽になる
  3. メンタル

    試合でミスを引きずらない、選手になりましょう
  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?
  5. ダブルス

    「自分よりかなりテニスが上手い選手とダブルスを組むことに・・・」アナタが意識する…
PAGE TOP