テニス セオリー

その他

試合では、どんなに速いボールでもしっかりセルフジャッジ出来るようにしておくこと

意外と、無意識のうちに「出来なくても、まぁ良いか」となってしまっていませんか?

速いボールのセルフジャッジ、苦手な人。

これって、セルフジャッジの試合では「自分の弱さ」になっていること、気付いて下さい。

 

試合では、どんなに速いボールでもしっかりセルフジャッジ出来るようにしておくこと

 


 

1.「見えませんでした」という人は、自分に不利にするしかない

セルフジャッジの試合、見えなかった場合はどうなるのか。

もう、インにするしかないでしょう。

セルフジャッジは、自分のコートのジャッジを担当する、つまりは相手が打ったボールをジャッジするということ。

速いショット、も正確にコートのバウンド地点を見極める。

これが出来ないで、一瞬迷ってしまうと「自分に不利に」するしかない。

迷って自分に有利に判定していると、言うまでもなく相手からクレームが入りますし、揉める元です。

速いボールが見えない、というのは言い訳にならないのです。

 

2.ミックスダブルスでありがちな、女性が男性を怖がるケース

よくあるのが、ミックスダブルスの男性のショットを、女性が怖がってしまうケース。

気持ちは分かりますが、しっかりジャッジしていく、という姿勢が大事。

速いボールを怖がっていては、テニスは出来ない。

逆に、相手のボールが速い・・・といときには、そのボールがアウトする可能性だって高い。

しっかりジャッジ、出来るようにボールを見極める。

この意識、女性の方でも大事です。

 

3.速いボールをセルフジャッジ、するにはコツがある

ズバリ、今日はちょっとしたコツを。

速いボールは、ボールを追いかけるように見る、のではなく少し先を見る。

飛んでいく先、軌道の1メートル先を見るような癖を付けると、バウンド地点で即時に正確なジャッジが出来る。

ボールだけを追っていると、予測が出来ないんですよね。

希望になってしまう、「アウトしてくれ・・・」みたいな感じで。

軌道の先を追っていると、精神的にも落ち着けるし客観的に反応出来る。

ぜひ、意識して試して欲しい。

 

セルフジャッジ、もテニスの実力のうち。

ですが、あまり意識が高くない人がほとんど。

だからこそ成長しない、ジャッジが遅くていつも対戦相手ともめる・・・試合にも勝てない。

損していることに、気付いて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  2. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. その他

    「自炊力を養おう」テニスを強くなるには、色々な力があると便利!

    選手にとって体調管理はとても大事なこと。そして体調管理の基本は…

  2. その他

    自分にとって、一番大切なモノ

    今だからこそ、考えてみたいこと。私は、高校時代に授業で経験し…

  3. テニス メンタル

    その他

    「普通に素振り練習しても、テニスの試合で勝つのは難しい・・・?」だからこそ工夫が必要なんです

    テニスの上達において基本となる練習、素振り。「なんだ古臭い・・…

  4. テニス 客観視

    その他

    「シングルス専門、ダブルス専門」を自負する人に伝えたいことがあります

    「私はダブルス専門だから、シングルスはプレーしません」という人がいます…

  5. テニス トレーニング

    その他

    混んでいる電車の中で、「スマートにラケットバッグを運ぶ」方法を考えてみる

    通勤通学、テニスを頑張る皆さんはラケットバックを持って移動する機会が多…

  6. テニス メンタル

    その他

    「テニスの各ショットに必要なグリップチェンジ」は、実は出来ているようで、誤魔化していませんか?

    テニスのグリップは人それぞれ。薄い、厚いという言葉で表現されま…

特集記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーで身体が開く人は、ラケットを持たない手のひらを使おう!
  3. ストレッチ

    テニス知識

    筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  4. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合、「ストロークラリーをカットしてネットに出る」と相手に効果的にプ…
  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの伸びが足りないと感じている人・・・?
PAGE TOP