テニス セオリー

その他

試合では、どんなに速いボールでもしっかりセルフジャッジ出来るようにしておくこと

意外と、無意識のうちに「出来なくても、まぁ良いか」となってしまっていませんか?

速いボールのセルフジャッジ、苦手な人。

これって、セルフジャッジの試合では「自分の弱さ」になっていること、気付いて下さい。

 

試合では、どんなに速いボールでもしっかりセルフジャッジ出来るようにしておくこと

 


 

1.「見えませんでした」という人は、自分に不利にするしかない

セルフジャッジの試合、見えなかった場合はどうなるのか。

もう、インにするしかないでしょう。

セルフジャッジは、自分のコートのジャッジを担当する、つまりは相手が打ったボールをジャッジするということ。

速いショット、も正確にコートのバウンド地点を見極める。

これが出来ないで、一瞬迷ってしまうと「自分に不利に」するしかない。

迷って自分に有利に判定していると、言うまでもなく相手からクレームが入りますし、揉める元です。

速いボールが見えない、というのは言い訳にならないのです。

 

2.ミックスダブルスでありがちな、女性が男性を怖がるケース

よくあるのが、ミックスダブルスの男性のショットを、女性が怖がってしまうケース。

気持ちは分かりますが、しっかりジャッジしていく、という姿勢が大事。

速いボールを怖がっていては、テニスは出来ない。

逆に、相手のボールが速い・・・といときには、そのボールがアウトする可能性だって高い。

しっかりジャッジ、出来るようにボールを見極める。

この意識、女性の方でも大事です。

 

3.速いボールをセルフジャッジ、するにはコツがある

ズバリ、今日はちょっとしたコツを。

速いボールは、ボールを追いかけるように見る、のではなく少し先を見る。

飛んでいく先、軌道の1メートル先を見るような癖を付けると、バウンド地点で即時に正確なジャッジが出来る。

ボールだけを追っていると、予測が出来ないんですよね。

希望になってしまう、「アウトしてくれ・・・」みたいな感じで。

軌道の先を追っていると、精神的にも落ち着けるし客観的に反応出来る。

ぜひ、意識して試して欲しい。

 

セルフジャッジ、もテニスの実力のうち。

ですが、あまり意識が高くない人がほとんど。

だからこそ成長しない、ジャッジが遅くていつも対戦相手ともめる・・・試合にも勝てない。

損していることに、気付いて下さい。

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. 【YouTubeコラボ企画✨】元埼玉県代表ペア 佐藤・松尾に挑戦!…
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス 練習

    その他

    テニス部の新1年生に、「しっかり基本からテニスを教えたい」先輩なら意識したい基本5つ

    3月・4月は出会いと別れの季節。テニス部でも引退試合から新入生…

  2. その他

    テニスの基本グリップは、小指を余らせるとリラックス出来てショットが伸びる

    テニスラケットを、どう持つのか。これって、意外と難しい問題なの…

  3. テニス フットワーク

    その他

    力強いストロークを打つ為に、「テイクバックは早く済ませて、更に身体をひねる」動きは必須です

    ある程度コントロール出来るようにはなってきたけど、ストロークにパワーが…

  4. その他

    「結果の出せるコーチであれ」試合で勝てるテニス選手を育成する為に

    テニスコーチを最初に始めたのは高校2年生の時なんだけど、当然それまでは…

  5. テニス フットワーク

    その他

    「新人を大抜擢する」ことの重要性

    今年の箱根駅伝、終わってみれば青山学院大学の圧勝でしたね。混戦…

  6. テニス メンタル

    その他

    「テニス強豪校の部室って、どんな感じ?」試合に強いテニス部に共通するポイント5つ

    今年もインターハイ、全日本ジュニアが終わり、ジュニア選手はこれでひと段…

特集記事

  1. 戦術

    強い相手と戦うなら、絶対初戦が良い
  2. テニス 練習

    練習メニュー

    「短い練習時間」でも、テニスが上達出来る人、出来ない人はココが違うと思う
  3. テニス シングルス

    その他

    他人と比べられたくない、という人はテニスに向いていない
  4. テニス 部活

    メンタル

    5分で覚える、大事な「テニスの試合前の過ごし方」について
  5. テニス スマッシュ

    ボレー

    やっと届いたボレーは、実はドロップボレーにしやすい
PAGE TOP