テニス フェデラー

メンタル

失点したときこそ、あたかも得点したかのように振る舞おう

テニスの試合では、各ポイント、得点しか失点しか無い。

だからこそ、アナタ自身準備しておきたいこと。

それは、「失点のときの雰囲気」でしょう。

みなさんが対戦していて、「嫌な相手」はどんな選手でしょう?

きっと、こんな感じの雰囲気、じゃないですかね。

メンタルが強い、と呼ばれる選手は、ほぼ全てこういうことを意識してやっていると思います。

 

失点したときこそ、あたかも得点したかのように振る舞おう

 

1.審判台からも感じた、強い選手の共通点

私自身、たくさんの試合をジャッジしてきて感じたこと。

とにかく、強い選手って「落ちない」んですよね。

失点に落ち込まないし、まるで得点したときと同じような雰囲気、でプレーを継続する。

私も審判をしていて、「あれ?今のどっちの得点だっけ??」と思って気になったほど。

失点しているのに、得点したかのように堂々としている。

これは難しいですよね。

かつて、錦織選手もこの点を松岡修造さんに指摘されて、困ったような表情をしていたのを思い出します。

 

 

恥ずかしい、と思うのが普通ですから。

失点したときの雰囲気、意識しないと作れないんです。

 

2.「失点しましたアピール」は、もう止めよう

つい、私たちはこれをやってしまいます。

「しまったー!」と、残念なフリ。

フリ、というか落ち込んでいる雰囲気を周りに見せること、で楽になれますからね。

失点して残念、という感情よりも、これが癖になってしまってるんだと思いますよ。

悔しいフリ、をしているとまでは言いませんが、実際は自分が可愛くて守っているだけ。

失点しましたアピール、結局相手を楽にしているだけ、ですからね。

 

3.悔しがってくれる相手は、やりやすい

みなさんも、そうじゃないですか?

自分の得点、のときに相手が悔しがってくれる。

こういう光景を見て、自分も乗っていける、調子が上がっていく。

本当に悔しいとき、はありますけどね。

でも悔しがっても、得点にはならない。

むしろ、「全然、効いてないから」と少し強がるくらいでも良い。

大事なのは、最後に試合で勝つことですから。

試合の途中、では相手の得になるようなことはやらない。

これに尽きます。

 

4.自分の習慣が、メンタルを形成していく

メンタルが強くなって、これが出来るんじゃない。

こういう小さい習慣が、自分の性格を、メンタルを、作り上げていく。

この覚悟、感覚、が大事ですよ。

自分の習慣に、もっと敏感になって欲しい。

そして、自分の性格やメンタルを変えていく、変えていけるという意識を強く持ちましょう。

強くなりたければ、世界が変わる。

小さい意識、習慣、仕草から、変わっていくのです。

 

まぁ、恥ずかしいですけどね。

「あたかも得点したように」は難しいとしても、「失点を気にしない」くらいの雰囲気、には出来るかも知れませんね。

いや、やっていきましょう。

この意識だけで、試合に出る選手としての格、は一つ上がる。

間違い無く、強くなる。

ぜひ、次の試合から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ

関連記事

  1. テニス 打点

    メンタル

    コードボールに全力ダッシュを繰り返す人に、最後に運はこぼれてくる

    運を呼べる人、手放す人。私は、コードボールがその差が如実に現れ…

  2. メンタル

    「練習上手は勝負好き」緊張感の無いテニスの練習は無意味です

    テニスの練習相手って仲の良い人とやることが多い。試合会場でも知…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    アナタが削るべきムダな時間は、悩んでいる時間です

    学生の皆さんも、社会人の皆さんも。テニスについて考える、悩む時…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合では、「自分の負けパターン」を知っていると、0-4からでも挽回できる!

    テニスの試合、レベルに関係無くスタートが肝心。ですがどんなに注…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「時間無制限!」テニスの試合はラストポイントまで続いてくという意識を持って

    テニスの試合に時間制限は無い。さくさく試合が進むと、3セットマ…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    胸を張れるかどうかが一つの基準になる

    「色々とご意見、ヒント、参考になるのですが、結局自分の正しいテニスが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 雨

    日々の雑記

    最近の雨って、10年20年前と全然違うんじゃないか説
  2. テニス 構え

    リターン

    テニスの試合の「ブレイクポイントでの勝負強さ」、必要なのはメンタルでしょうか?
  3. バボラ ピュアドライブ

    テニス知識

    テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. テニス知識

    これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. テニス スポーツ

    戦術

    負けている時は、焦るな、もがくな
PAGE TOP