テニス メンタル

メンタル

テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう

何度か書いてきたテーマですので、またか・・・と思う方もいるでしょう。

ですが、何度書いても私には伝えたいことがあります。

テニスというスポーツは、本当に残酷で恐ろしい。

それは、ルールがそうさせている、部分も大きい。

知っておく、理解しておく、ということは大事だと思うんです。

 

テニスというスポーツの怖さを、もう一度確認しておきましょう

 


 

1.マッチポイントは、「消える」のがテニス

これは、テニスの怖さの一つ。

例えば卓球やバドミントン、バレーボールのような他のネット系スポーツとは違う。

上記の競技は、最終セットは「〇〇点」を取れば終わり、というルール。

だから、○○点の一歩手前、までいけばマッチポイントは続く、だからこそ相手のプレッシャーも大きい。

卓球なら11点、バレーボールなら15点、決まっている点を獲れば終わり、ですよね。

でも、テニスは違う。

そう、細かいゲームカウントを重ねていく、そして最後は、タイブレーク。

この形式の覚悟、が大事なんです。

 

2.「〇〇点を獲れば終わり」というルールは、テニスには無い

残酷です。

本当に、長い試合を覚悟しないといけない。

マッチポイントのゲーム、を獲り切ることが出来なければまた0-0から、ですし、タイブレークは2点差、が付くまで終わらない。

これって、非常にメンタル的に厳しい戦い、ですよね。

チャンスを失ったらまた作らないといけない。

ショックも大きいし、厳しい戦いを続けていくメンタル、を自分でコントロールしていかないといけない。

ルール上、テニスはリードしている選手に厳しい。

だからこそ、求められるのは自分をコントロールする力、です。

 



 

3.「獲れないかも知れない」というイメージを、どこかで持っておく

これは、決して消極的な考えでは無い。

マッチポイント、サービング・フォー・ザ・マッチ、全ては、獲り切れないかも知れない、と思っておく。

落としても次がある、そのマッチポイント、大事なゲームは、「やることをしっかりやる」ことの集中する。

結果を最初から求め過ぎても、良いことは無いですよ。

でも、試合慣れしていない、メンタルが弱い選手は「ここで決めないと!」と思ってしまう。

変えていきましょう。

自分を強く出来るのは、今日から発想次第です。

 

「簡単に言うけど、難しいよ・・・」と、思います。

はい、私もそう思います。

でも、まずはルールを理解する。

そして、他スポーツと比較してみる。

テニスは厳しいスポーツであると知る、ことから全ては始まります。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. メンタル

    相手にやられて「ダメだ」と思うから、いつまで経っても勝てないんです

    試合の中で、相手にやられてしまう。こういう時の態度にこそ、私は…

  2. テニス トレーニング

    メンタル

    逆境こそ楽しめる、その感覚はテニスが教えてくれる

    テニスの試合で、大逆転を経験する。される方も、する方も、きっと…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合でチャンスを引き出す力」が、実力の拮抗した相手を倒す原動力に

    上のレベルの試合になると、ラリーの中で我慢しないとなかなかチャンスが来…

  4. テニス テニスボール

    メンタル

    「テニスの試合に勝てない・・・」スランプに陥ったら、答えはきっと試合の現場にある

    皆さんにとって、スランプの時期はありましたか?今まさにその時期…

  5. テニス 雨

    メンタル

    大事な試合の後は、一人で帰ろう

    みなさんの中にも、「忘れられない試合」ってあると思います。勝つ…

  6. メンタル

    試合に負け続ける人に共通する、3つのこと

    テニスの試合に、勝つ、負ける。これは、何もテニスコートだけで起…

コメント

    • よしくん
    • 2017年 7月 28日

    いつも楽しく読ませていただいてます.

    この記事のおかげで,
    自分がマッチポイントを握ったときも
    相手にマッチポイントを握られたときにも
    気負ったり,落胆したりすることがなくなりました.

    もちろん,完璧にメンタルをコントロールはできませんが

      • tomita
      • 2017年 7月 28日

      いつもコメント、ありがとう御座います。
      私自身、試行錯誤の連続ですが、少しでも皆さんのお力になれればと思います。
      これからも研究しながら記事を更新していければと思いますので、宜しくお願いします!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. 戦術

    テニスの試合、初対面の相手には遠慮なく「自己紹介」から入っていこう
  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも
  3. テニス 観察

    戦術

    スローボールを混ぜるだけで、アナタの最速球速は上がり続ける
  4. テニス ボレー

    ストローク

    攻撃的なフォアハンドは、「打った側の腕の肩を前に出して」打ち終わろう
  5. テニス ボレー

    フットワーク

    縦ポーチの極意は、とにかく相手に近づくこと
PAGE TOP