テニス メンタル

メンタル

「テニスの試合に勝てない人同士が試合をすると、こうなる」という典型的なパターン例4つ

テニスの試合では、強い人同士が試合をするのは珍しくない。

ですが同じくらい、初戦や2回戦くらいまでは、なかなか試合に勝てない人同士の試合も多い。

よく見ていると、試合に勝てない、結果が出ない人には特徴がある。

同じような人同士が試合をすると・・・よりそれが顕著に現れるように、私は思います。

 

「テニスの試合に勝てない人同士が試合をすると、こうなる」という典型的なパターン例4つ

 


 

1.ファーストサーブが入らない

まず、これです。

セカンドサーブがあるからファーストは思い切り打つ、フリーポイント狙い、のような人が多い。

明らかにファーストとセカンドに差があるから、自分でもリズムが獲り辛い。

セカンドサーブになったらもう、気持ちも引いてしまうしリターン側が有利になっている。

サービスゲームについてしっかりした考えが無いので、勝てない選手はいつもサーブの調子次第になってしまうケースが多いようです。

 

2.リターンの意図が見えない

サーブを返球するリターン。

試合に強い人は、このリターンからしっかり展開を作ってくる。

ダブルスであればリターンダッシュ、シングルスでも、セカンドサーブでプレッシャーをかける、など工夫が効いていると相手は嫌。

サーブが良い相手ほど、自分の中でスライスを使ったり前に踏み込んだり、ポジショニングから考えていかないとダメ。

漠然と来たサーブを返して・・・だと、ミスも多くなる。

リターンが入らないとゲームも締まらないし、自分のサーブのリズムにも影響していきます。

 

3.カウントを忘れる

お互いカウントに神経質になっていないから、今のカウントを忘れてしまう。

目の前のポイントに一生懸命、なのは良いですが、テニスでは各ポイントのシチュエーションによってプレーを変えていくのが当たり前。

試合に勝てない人はその感覚が薄いから、カウントを平気で忘れてしまう。

「今、30-30・・・でしたっけ?」

「いや、僕も分かりません・・・」

みたいな会話、試合に勝てない人同士の典型例です。

 

4.全体的に粘りが無い

ラリーに対して、1ポイントに対しての執着心が無いから淡泊な試合になる。

観戦していて、駆け引きのようなものが無いのも、試合に勝てない人の特徴です。

自分のショット、だけに関心があるから、良いときは自分に酔っている。

負けそうになると、もう諦めムードでボールを追う足が遅くなる。

これって実力は関係無く、どんな意識で試合に臨むか、テニスと向き合うかだと私は思います。

その差って、結構大きいです。

 

実力が無いと試合に勝てない?

そのテニスの実力って、何でしょうか。

しっかりしたショットを打てる、ことだけが試合で勝てる要素には成り得ないのです。

自分の試合の動画、見返したことありますか?

そのときに、「恥ずかしいな・・・」という感覚がありますか?

あればきっと、まだまだ伸びしろあると思います!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. メンタル

    「このポイントは欲しい!」という場面で、私が考えていること

    試合は競ったまま終盤に、4-4で、デュースに入って…。正直、…

  2. テニス 練習
  3. メンタル

    「相手の好プレーに影響されてすぐムキになる人」ほど、対戦相手としてやりやすい相手はいない

    ミックスダブルスの試合を観ていると、面白い。今回はオリンピック…

  4. テニス ミス

    メンタル

    「粘り続ける技術と体力」テニスの試合で格上との対戦で競る為には・・・?

    スポーツと言えば体力が重要になるんだけど、テニスって体力必要?…

  5. メンタル

    自分だけの世界、これが持てるかどうか

    テニスに限らず、だと思います。試合や勝負事に強い人って、自分…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    自分の試合を結果論でしか見れない選手は、そこまでの成長しか出来ない

    以前に、「敗因はいつも同じところにある」という内容を書きました。…

特集記事

  1. 戦術

    打たれてもいないコースを、警戒する必要ある?
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットプレーでは相手の「緩急」に気を付けないといけない
  3. テニス 攻撃

    スマッシュ

    テニスのスマッシュ、実は「角度を付けた方が入りやすい」ことを証明します
  4. テニス メンタル

    日々の雑記

    強くなるとは、知るということ
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ワイドのコースへの有効なサーブを考えるときに、「あえて浅い」という要素は欠かせな…
PAGE TOP