テニス バッグ

テニス知識

Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ

以前に、「試合に強いテニス選手の、ラケットバッグは美しい」という記事を書きました。

これも大事な、準備の一つ。

テニスの試合は、準備合戦の時点でもう大きく差が付いている、のは何度もお伝えしてきた通りです。

でも・・・やっぱりテニスの試合って、荷物が多いしごちゃごちゃしちゃいますよね。

特に遠征や合宿、になると小物も増えて皆さんも整理が大変なはず。

 

Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ

 

1.テニスの遠征に、欠かせないバッグインバッグ

そんなとき、オススメなのがバッグインバッグ。

特に試合でラケットバッグを持参する方には、少し大きめですが大容量の Zatous(ザータス) がオススメです!

まず、テニスの試合や遠征、で持って行く小物からしても・・・。

軽く10個以上、ありますよね。

普段の旅行でも持って行くモノ、もほぼ同じような感じだと思います。

 

テニス 小物

出典:tsite.jp

 

2.機能性重視、で選んで欲しい

これをまとめるには、ビジネス用の小さいバッグインバッグだと物足りない。

当然これにテニス選手として必要なタオル系やグリップテープ、ドリンクに溶かす粉末や怪我したときのケア用品もあるでしょう。

大容量のバッグインバッグ、があればラケバの中もスッキリ快適です。

自分の好きなカラーでまとまっていると、試合にも気分良く入っていけますしね。

 

テニス バッグ

出典:amazon

 

横や上から見てみると、その太さと容量が分かるはずです。

小物が多いと、バッグの中がついグチャッとなってしまいますよね・・・外ポケットにも、色々入れてグチャグチャに。

これを使うだけで、ラケバにスポッとはまる感じで、便利です。

 

テニス バッグ

出典:amazon

 

テニス バッグ

出典:amazon

出典:amazon

テニス バッグ

出典:amazon

 

3.整理上手は試合上手

私は、そう思います。

身の回りの整理整頓、が出来ていない人が、試合を整理出来るとは思えない。

その点、バッグインバッグにこだわる、というのは一つの良い選択でしょう。

色もたくさんバリエーションがあって、ラケバの内側の色と差を付けるとより探しやすいと思います。

小物が整理されているだけで、試合会場で「何かを探す」というストレスも減りますし、試合から帰ってきてこのバッグだけ取り出せば後は洗濯物!みたいな区別も付けやすい。

そのまま別なバッグに入れて、テニス以外の旅行にも行けちゃいますしね。

 

テニス バッグ

 

テニス選手として、試合に勝つために整理整頓する。

これって、見落とされがちですが・・・・学生の皆さんも社会人の皆さんもすごく大事なポイント。

試合会場で何かを探してばかり、慌ててばかりの人が勝てると思います・・・か?

 

 

ピックアップ記事

  1. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. テニス 多動力

    テニス知識

    多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う

    私が中学生、高校生でテニスをやっていた頃。その頃の話題の中心、…

  2. テニス知識

    大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選

    もうすっかり春、そしてこれからは暑い大会シーズンになっていきますね。…

  3. テニス 調子

    テニス知識

    相手が不利なジャッジほど、目を見てしっかり伝えよう

    テニスの試合のセルフジャッジ、みなさんもう一度確認しておきましょう。…

  4. テニス 英語

    テニス知識

    プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

    もしアナタが、将来プロテニス選手やテニスコーチ、審判員として活躍したい…

  5. アシックス

    テニス知識

    テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

    試合で勝ちたいなら、これからの時期はウェア選びも大事。暑く、厳…

  6. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

    社会人でテニスを楽しむ人の悩み、それは「荷物」じゃないでしょうか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークは、「しっかり高い起動」で大きく打つと相手を押し…
  2. テニス メンタル

    戦術

    飛びつきながらも、頭は冷めた感じがベスト
  3. テニス ストローク

    サーブ

    試合で1発目のファーストサーブ、で全ては決まる
  4. 戦術

    強い気持ちがある人しか、真の準備は出来ない
  5. テニス ボレー

    ボレー

    試合の緊張した場面では、「勝負はあくまでネットプレー」で!
PAGE TOP