テニス 準備

戦術

テニスの試合で相手にやられること、失点することは、悪いことじゃない

試合の中で、必要以上に落ち込んでばかりの人、いませんか?

失点すること、相手に決められることは、当たり前ですけど悪いことでも何でもない。

やられても、やり返せば良い、最後に試合に勝つにはどうすれば良いのか。

よく考えて、試合を大きな目線で見ていく感覚、が大事ですよ。

 

テニスの試合で相手にやられること、失点することは、悪いことじゃない

 


 

1.全てを防ぐ守備、なんてものは無い

完璧な戦術、技術が無いように、全てを防ぐような守備は無理。

まずはこれを、しっかり割り切って考えることが大事です。

相手にポイントを取られて、いちいち落ち込んだり気にしていたら、キリが無い。

アナタ自身が、しっかり考えたプラン、作戦の中で、試合が進行しているかどうか、が大事ですからね。

ただ、何も考えないでやられる、のだけはまずいんです。

 

2.「ノンプレッシャー」の相手、にやられるのはダメ

相手が、何もプレッシャーに感じていない。

その中で、気持ち良くショットを決められること、これは許してはいけません。

よくあるケースが、ダブルスのリターンですね。

自分たちのサーブ、相手リターンが気持ちよく踏み込んで、攻撃してくる。

これを許している前衛は、まずい。

相手にプレッシャーをかけて、それでもやられたなら仕方ない、相手が一枚上。

でも、ほとんどの試合って、どうでしょう。

相手が「ノンプレッシャー」の場面、多くないですか?

 

3.やられた後にも、相手に傷を残したい

ただやられるだけ、のポイントは出来るだけ少なくしたい。

相手が攻撃してきて、最後は押し切られても・・・やっぱり、粘りを見せておきたいんですよね。

最後までボールを追う、相手の大チャンスなら山を張って予測して動いてみる。

失点しても、相手に何かを残せるかどうか。

こうやって考えると、2.のようなノンプレッシャーのポイントは少なくなると思いますよ。

 

4.やられることを恐れて、動けないのが一番ダメ

3.のような前衛は、なぜ動けないのか。

相手にプレッシャーをかけられないのかと言えば・・・分かりますよね。

相手にやられること、が怖いんです。

ストレートに打たれるのが怖いから、プレッシャーをかけることが出来ない。

結果的に、自分が関与してなさそうな失点ですが、思いっきり前衛の責任です。

こういうところ、に気付けるかどうかなんですよね、テニスの試合って。

相手にやられることを恐れていたら、そりゃ何も出来ないですよ。

試合に勝ちたいなら、やられる、やり返すの繰り返し、を制していくしかないんです。

 

ノンプレッシャー、に慣れている人は試合に勝てない。

これは、相手にした時にすごく感じます。

「あ、楽しく何も考えず、テニスしている人だな・・・」と分かれば、ノンプレッシャーですから。

相手にやられるのが怖い、という段階は早く卒業していく。

それが、テニス選手としてのスタートラインです。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  3. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. 戦術

    ボールをコントロール、の次は相手をコントロール

    これが楽しいと思えるようになれば、試合も強くなる。みなさんも…

  2. テニス メンタル

    戦術

    頭の良いテニスは、決まった型がある

    頭脳プレーでやられた、みたいな試合。こういう試合って、ある程度…

  3. テニス メンタル

    戦術

    敗退の責任の所在は、不明確

    皆さんはテニスを、誰かに教わってますか?顧問の先生、コーチ、先…

  4. テニス コントロール

    戦術

    安定した守備力、を今年のキーワードにしよう

    試合を戦う上で、ベースとなる部分。必要な部分は、きっとこれでし…

  5. テニス ストローク

    戦術

    今すぐダブルスに勝ちたければ、自分はネット、相手はベースライン

    高校生の皆さんでも社会人、ベテランやシニアの皆さんでも、私が一貫してお…

  6. 戦術

    感覚を自分で言語化出来れば、テニスは強くなる

    自分の感覚を、言葉にして伝える。これって、すごく難しいですよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. メンタル

    自分のモチベーション、相手次第?
  2. テニス ダブルス

    メンタル

    自分が我慢して保たれる世界は、きっと幻想
  3. 日々の雑記

    自分を知ってもらおうと、必死だった時代
  4. テニス知識

    大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法と…
PAGE TOP