テニス知識

「怪我をする前に気を付けろ!」テニスの試合で勝つには疲労をコントロールすることが大切

俺は比較的、故障が少なかった選手だったと思う。

一度靭帯損傷の怪我を負ったけど、それ以外はさほど深刻な慢性的な怪我に悩まされた記憶はない。

それでもたまに、手首、肩、腰なんかは痛くなって病院行ったりマッサージ行ったりしながら選手活動を続けていたんだけど、ある程度そういうのを繰り返すと、故障が起こるプロセスが見えて来るもんだ。

 

「怪我をする前に気を付けろ!」テニスの試合で勝つには疲労をコントロールすることが大切

 


 

怪我の原因はまず疲労の蓄積から始まる。

練習や試合で精いっぱいプレーすると、当然疲れる。

でもこの疲労、ストレッチしたりマッサージ行ったりサプリメント摂ったりしながら、その日のうちに取っておきたいんだけど、それが出来ずに次の日のプレーまで残ってしまうと、前の日の疲労の上に更なる疲労が蓄積されてしまう。

疲労が溜まれば溜まるほど、筋肉の収縮がスムーズではなくなるので、動きが鈍くなるんだけど、頭の中のイメージはそんな状態でも元気いっぱいのテニスがイメージされる

だから身体に要求するのは、疲れていてもいつも通りの良い動き。

しかし筋肉は疲労によって固まっているから、収縮が不十分。

結果、筋肉の収縮不足分が筋肉の付け根の腱に及んでしまい、肘だの膝だのに炎症が起きてしまい、「痛い・・・」ってことになる。
 



 

だからまず、日々のプレーの疲労を次の日に持ちこさないようにすることが大事だ

でもねぇ、それがそう簡単には取り切れないし、多少の疲労は何も感じなかったりするので、知らず知らず蓄積するんだよ。

マッサージで揉んでもらって初めて、「あっ!そこ筋肉がカチカチだ・・・」と分かったりするのだ。

怪我が多い人は、とにかく疲労をその日のうちに取るように。

ストレッチ、サプリメント、食事など色々活用して頑張ってもらいたい。

でも完全には取り切れないので、定期的にマッサージなんかには行って、実際自分の身体を触ってもらって確かめた方が良いと思うよ。

それから、肘とか手首が痛い人は炎症が起きているのでもちろん冷やすことと、プレーを控えることが大事なんだけど、控えたことによって炎症が無くなり痛みが消えても、炎症が起きた原因の筋肉疲労がそのまま残っていると、テニスやるとまたすぐに痛くなるので
その根本的な疲労をちゃんと取り除いてね。

痛くなる前の疲労段階でしっかり取り除けば、怪我は減るのでメンテナンスはしっかり行ってくれ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. ご質問頂いた件につきまして
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  5. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに

関連記事

  1. テニス ラケットバッグ

    テニス知識

    会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

    社会人でテニスを楽しむ人の悩み、それは「荷物」じゃないでしょうか。…

  2. テニス ウェイト

    テニス知識

    テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です

    テニス選手として必要な筋力トレーニング、皆さんどんな感じでやってますか…

  3. ピラティスポール

    テニス知識

    テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメです

    テニスを長く続けていると、肩が上がらなくなる・・・。これは最近…

  4. テニス ボール

    テニス知識

    テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?

    いつもT-PRESSをご覧頂き、ありがとう御座います!今回は、…

  5. テニス

    テニス知識

    急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない

    テニス選手にとっても、また学生、社会人の皆さんにとっても、体調管理は重…

  6. テニス ルール

    テニス知識

    「カウントコール」を忘れてしまうのは、カウント毎のプレーを変えていないから

    テニスの試合の中で、恥ずかしいこと。意外と気付いていない人が多…

特集記事

  1. テニス シングルス

    シングルス

    シングルスの試合に出たいのに、「ダブルスの練習しか出来ない・・・」ときに意識した…
  2. テニス 練習

    ストローク

    テニス初心者の方にありがちな、「ストロークで肘が後ろに残る形」を修正しよう
  3. サーブ

    サーブのトスは上げるんじゃなくて、自然に「上がる」感じで
  4. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います…
  5. テニス スマッシュ

    フットワーク

    「足元に沈められるストローク」を返球する、現代テニスには必須のボレーに必要なフッ…
PAGE TOP