テニス知識

「怪我をする前に気を付けろ!」テニスの試合で勝つには疲労をコントロールすることが大切

俺は比較的、故障が少なかった選手だったと思う。

一度靭帯損傷の怪我を負ったけど、それ以外はさほど深刻な慢性的な怪我に悩まされた記憶はない。

それでもたまに、手首、肩、腰なんかは痛くなって病院行ったりマッサージ行ったりしながら選手活動を続けていたんだけど、ある程度そういうのを繰り返すと、故障が起こるプロセスが見えて来るもんだ。

 

「怪我をする前に気を付けろ!」テニスの試合で勝つには疲労をコントロールすることが大切

 


 

怪我の原因はまず疲労の蓄積から始まる。

練習や試合で精いっぱいプレーすると、当然疲れる。

でもこの疲労、ストレッチしたりマッサージ行ったりサプリメント摂ったりしながら、その日のうちに取っておきたいんだけど、それが出来ずに次の日のプレーまで残ってしまうと、前の日の疲労の上に更なる疲労が蓄積されてしまう。

疲労が溜まれば溜まるほど、筋肉の収縮がスムーズではなくなるので、動きが鈍くなるんだけど、頭の中のイメージはそんな状態でも元気いっぱいのテニスがイメージされる

だから身体に要求するのは、疲れていてもいつも通りの良い動き。

しかし筋肉は疲労によって固まっているから、収縮が不十分。

結果、筋肉の収縮不足分が筋肉の付け根の腱に及んでしまい、肘だの膝だのに炎症が起きてしまい、「痛い・・・」ってことになる。
 



 

だからまず、日々のプレーの疲労を次の日に持ちこさないようにすることが大事だ

でもねぇ、それがそう簡単には取り切れないし、多少の疲労は何も感じなかったりするので、知らず知らず蓄積するんだよ。

マッサージで揉んでもらって初めて、「あっ!そこ筋肉がカチカチだ・・・」と分かったりするのだ。

怪我が多い人は、とにかく疲労をその日のうちに取るように。

ストレッチ、サプリメント、食事など色々活用して頑張ってもらいたい。

でも完全には取り切れないので、定期的にマッサージなんかには行って、実際自分の身体を触ってもらって確かめた方が良いと思うよ。

それから、肘とか手首が痛い人は炎症が起きているのでもちろん冷やすことと、プレーを控えることが大事なんだけど、控えたことによって炎症が無くなり痛みが消えても、炎症が起きた原因の筋肉疲労がそのまま残っていると、テニスやるとまたすぐに痛くなるので
その根本的な疲労をちゃんと取り除いてね。

痛くなる前の疲労段階でしっかり取り除けば、怪我は減るのでメンテナンスはしっかり行ってくれ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  5. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス タオル

    テニス知識

    男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを

    頂いたアンケートを拝見していて、感じたこと。意外と、「シングル…

  2. テニス知識

    ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だった

    スピン量を増やして、ストロークで押していきたい。安定感の無いフ…

  3. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットとボールが、喧嘩しない柔らかさ

    「柔らかいテニスって、どんなテニスですか?」というご質問を、よく頂きま…

  4. テニス グッズ

    テニス知識

    テニスの試合に行くときに、ラケットバックに入れとくと便利なグッズ6選

    テニスの試合会場、「あれ持ってくるの忘れたー!」ということ、皆さん経験…

  5. テニス知識

    高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

    冬場の時期、トレーニングに汗を流すテニスプレイヤーのみなさんも多いと思…

  6. テニス知識

    テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

    テニスの試合の現場で、「あれ?こういう時って、ルールどうだっけ?」と思…

特集記事

  1. その他

    テニス部内で士気を下げる、「テニス評論家かぶれ」は必要ありません
  2. 日々の雑記

    T-PRESSのYouTubeチャンネルが目指すもの
  3. ロブ

    スマッシュを深いロブで返す為に、必要な5つのコツ
  4. ダブルス

    簡単に失点しない、ペアが意識していることは?
  5. テニス スポーツ

    戦術

    負けている時は、焦るな、もがくな
PAGE TOP