テニス メンタル

練習メニュー

テニスの練習では、「不確定なランダム要素」を取り入れないと、試合とのギャップを埋められない

練習と試合は違う。

違うと分かっているから、なるべく練習を試合の環境に近付けようと、皆さん工夫していますよね。

基礎を固める練習では、ある程度「想定される通り」の内容で進めて問題無い。

球出しで決まったところに出して、動いて、打って・・・というのが出来ないと、もちろん試合も出来ない。

ですが実際にある程度基礎の技術が身に付いてきたら、どんどんランダム的な要素を入れていきましょう。

部活やサークルで、どんな工夫が出来るでしょうか?

 

テニスの練習では、「不確定なランダム要素」を取り入れないと、試合とのギャップを埋められない

 


 

■ラリー練習の球出しを、第三者がやってみる

例えばラリー練習。

この球出しは、練習する2人のどちらかが出していることが多いと思いますが、これを第三者が出すようにする。

球出し係りを作ることで、「本人が想定していない」ようなところに出す、という工夫が出来ます。

ラリーをする2人のどちらかが出すと、どうしても「打ちやすい球」で始めがちですよね。

これは試合とはかけ離れたシチュエーション。

球出しを別な人がやる、だけで緊張感も増してランダム要素も入り、良い練習になるはずです!

 

■1球目から「どこに打っても良い」というルール、活かせてる?

シングルスやダブルスの形式で、横から球出しをしてポイントを獲るゲーム形式の練習、皆さんもやっていると思います。

1球目のコースを限定する場合と、そうで無い場合があると思いますが、「どこに打っても良い」というときに、どんな選択肢があるか。

チームの中で、全体的にオールラウンドな技術を磨こうという意識があれば、ここで色々なショットが出て来る。

いきなりロブ、ストレートアタック、ドロップショットから前にいく・・・なんてのも、有りですよね。

ランダム要素を作り出すのは、自分たち自身です。

試合に近い練習をしたければ、まず「打てるショットのバリエーション」を増やしていくことが大事です。

 

■ランダムの球出しも、「逆を突く」最高のイメージ練習に!

球出しをするにしても、ランダム要素は大事。

「フォアとバック、どちらに出すか分かりませんからね・・・」という感じで、テニススクールでも練習しますよね。

これ、受けるだけじゃなく球出しする方も最高の練習になります。

相手がどう考えているか、体重はどちらの足か、予測のパターンは・・・?と考えて、逆を突けるような球出しが出来ると、最高です。

それはそのまま、試合に活かせる技術になるのですから。

 

試合が上手い選手って、球出しが上手い。

ランダムに出す、それだけで相手は逆を突かれたようになることも多い。

普段の練習から、「相手が打ちやすい」ような球出し、1球目から始めることが多すぎませんか?

見直してみることで、きっと試合に勝てる、粘りが身に付く。

予測力を磨くことは、こういったランダム要素が一番大切。

そして何より、テニスの試合に近い緊張感が練習から生まれますよね。

少しずつ、練習メニューを変えていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. テニス 準備

    練習メニュー

    まず軌道から入る、技術は後から

    自分が打ちたいショット、その軌道。みなさん、しっかりイメージ…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事

    テニスの試合って、ポイントの奪い合い。どっちかが取れば、次に取…

  3. テニス ストローク

    練習メニュー

    来る場所も打つ場所も決まっている球出し練習なんて、試合で使えると思う?

    「球出し練習は、どうやれば良いですか?」というご質問を、よく頂きます。…

  4. 練習メニュー

    練習メニュー

    テニスが上手くなりたいなら、練習から全ての癖を変えることが大事です

    普段のテニスの練習、アナタはどんなことを意識していますか?大き…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    強くなりたければ、自分自身のイージーミスのレベルを上げよう

    テニスを強くなりたいなら、ミスを減らさないといけない。でも、ミ…

  6. テニス ミス

    練習メニュー

    素振りでテニスが上達する選手には、「ある共通点がある」ことはあまり知られていない

    皆さん、家や学校でラケットの素振り、していますか?「地味だし面…

特集記事

  1. テニス ストローク

    戦術

    相手を観察するコツは、自分で基準を具体化出来ているかどうかが肝になる
  2. テニス ボレー

    ボレー

    片手バックボレー、左手の形をキープして安定感アップ!
  3. テニス ストローク

    ストローク

    相手がネットに出て来ているのに、「後ろ足体重でベースラインからストローク」で粘る…
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「はまらないと勝てないテニス」は、カッコ悪い
  5. リターン

    「レシーブ上手になりたいね」テニスの試合で最初に返球する技術の重要性
PAGE TOP