練習メニュー

前に落とされると弱い、根本的な要因は?

「前に落とされると、弱いんです…」という方を、結構な割合で見る気がします。

特に女性のみなさん、ダブルスの試合でも前に落とされて決められるケース、思い出してみると多くないですか?

元々、脚力が弱って来ているから…と、何となく逃げる理由を探したくなりますが、もっと根本的な問題点がある気がします。

前に落とされると弱い、その要因は?

技術的なこと、体力的なことの前に、ある問題に目を向けてみましょう。

自分が普段、どういうプレーをしているか?

前に落とされると弱い、ドロップ系のショットをよく決められるという方は。

ご自身は、普段どういうプレーをしていますか?

と言いますか、「しないプレー」というのが無いでしょうか?

前に落とされると弱い、という方は、普段自分が「前に落とす」というショットをプレーとして選択していないケースが多い。

ドロップ系のショットを、そもそも打たない、練習しない。

特に真面目な方、女性の方、スクールで決まった練習しかしない方ほど、こういう傾向が多いように思います。

自分が前に落とすショットを打たない方ほど、前に落とされると弱い。

これは、私の経験上ほぼ高確率で当てはまります。

自分がやらないプレーは、想定出来ない

テニスに限らず、普段の生活でもそうだと思います。

自分がやらないことは、相手にやられると想定出来ない。

だから苦手意識も生まれて、試合でいざ打たれると焦ってしまう。

自分がプレーしないから、相手のプレーが予測できない…というシンプルなポイントに、早く気付けるかどうか。

気付いてしまえば、ここから世界は変わります。

自分でも練習する、打つようになれば、自然と相手のドロップ系のショットにも反応出来るようになるはず。

騙されたと思って、ぜひみなさんも再度意識してみて下さい。

ドロップ系のショットを、どんどん練習でも使っていく。

失敗しても良いんです、周りに何と思われても良いんです。

これくらいの割り切りがないと、試合に強くなる、自分が変わることは難しいでしょう。

中級者から先は、このプレー次第

前に落とすショット、これが試合で使えるかどうか。

中級からステップアップしたい方は、避けて通れない問題だと思います。

前を使えるようになれば、テニスのプレーの幅はすごく拡がる。

そして、テニスプレイヤーの中でも「希少種」になることが出来るんです。

みなさんの周りを見てみて下さい。

きっと、「前に落とすショット」が上手い人ってそう多くないと思うんですよね。

それはなぜか、簡単です。

練習しないから。

なぜ練習しないのか、それは練習の段階でミスが増えて迷惑をかけたり、決まったとしても「何あの人」となるのが目に見えているから。

前に落とされて弱い人は、まず自分のプレーや練習スタンスを見直すこと。

でもやっぱり、みんなが前に落とす、ドロップ系の練習をするのは難しいですよね。

練習前の一言、「今日はどんどん、ドロップを使っていきましょう」「ミスを気にしないで」「打たれた側は、頑張って走る!」ことを共有する。

どうでしょう、これだけで雰囲気が変わると思いませんか?

練習が変わればプレーも変わり、苦手意識も消える。

前に落とされても…自然と相手が打つ前に、走り出せるようにもなるはずです!

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  4. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ボレー

    練習メニュー

    テニスの試合で、「流れるようなネットプレー」を身に付ける為の練習メニュー

    ダブルスの名手、ブライアン兄弟も実践する練習を取り入れてみましょう。…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    「出来ない」のではなく、「やっていない」だけ

    たくさんの方からお悩みのご相談を頂き、その内容を拝見して感じること、が…

  3. テニス ルール

    練習メニュー

    1日5分間で良いから、「テニスについて真っさらな頭で考える」時間を作ろう

    テニスについて、考える。「ちゃんと考えてるよ!」と言う人もいる…

  4. テニス メンタル

    練習メニュー

    練習から、「負けたまま」で終わる癖を付けないようにすることが大事

    テニスの試合って、ポイントの奪い合い。どっちかが取れば、次に取…

  5. テニス トレーニング

    練習メニュー

    自分が好きな練習しか出来ない人は、結局その程度のテニス選手

    年が明けて新規一転。今年こそテニスを頑張るぞ!と思っている方、…

  6. テニス

    練習メニュー

    ダブルスのボレーボレーの中からポーチに出る!為に、効果的な練習メニュー

    今回は、参考となる動画を元に練習メニューをピックアップ。ネット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ボレー

    「ボレー、多方向へ打てるかい?」テニスの試合では、人のいないコースを狙おう!
  2. テニス フットワーク

    ストローク

    重たいスライスの返球に、必要なアイデア4つ
  3. テニス メンタル

    戦術

    「ここ一番」で踏ん張れる人、崩れる人
  4. フットワーク

    身体の向きだけで、相手を翻弄出来るのが強いテニス選手
  5. テニス ボレー

    日々の雑記

    40-30は、アドバンテージサイド?バックサイド?
PAGE TOP