練習メニュー

前に落とされると弱い、根本的な要因は?

「前に落とされると、弱いんです…」という方を、結構な割合で見る気がします。

特に女性のみなさん、ダブルスの試合でも前に落とされて決められるケース、思い出してみると多くないですか?

元々、脚力が弱って来ているから…と、何となく逃げる理由を探したくなりますが、もっと根本的な問題点がある気がします。

前に落とされると弱い、その要因は?

技術的なこと、体力的なことの前に、ある問題に目を向けてみましょう。

自分が普段、どういうプレーをしているか?

前に落とされると弱い、ドロップ系のショットをよく決められるという方は。

ご自身は、普段どういうプレーをしていますか?

と言いますか、「しないプレー」というのが無いでしょうか?

前に落とされると弱い、という方は、普段自分が「前に落とす」というショットをプレーとして選択していないケースが多い。

ドロップ系のショットを、そもそも打たない、練習しない。

特に真面目な方、女性の方、スクールで決まった練習しかしない方ほど、こういう傾向が多いように思います。

自分が前に落とすショットを打たない方ほど、前に落とされると弱い。

これは、私の経験上ほぼ高確率で当てはまります。

自分がやらないプレーは、想定出来ない

テニスに限らず、普段の生活でもそうだと思います。

自分がやらないことは、相手にやられると想定出来ない。

だから苦手意識も生まれて、試合でいざ打たれると焦ってしまう。

自分がプレーしないから、相手のプレーが予測できない…というシンプルなポイントに、早く気付けるかどうか。

気付いてしまえば、ここから世界は変わります。

自分でも練習する、打つようになれば、自然と相手のドロップ系のショットにも反応出来るようになるはず。

騙されたと思って、ぜひみなさんも再度意識してみて下さい。

ドロップ系のショットを、どんどん練習でも使っていく。

失敗しても良いんです、周りに何と思われても良いんです。

これくらいの割り切りがないと、試合に強くなる、自分が変わることは難しいでしょう。

中級者から先は、このプレー次第

前に落とすショット、これが試合で使えるかどうか。

中級からステップアップしたい方は、避けて通れない問題だと思います。

前を使えるようになれば、テニスのプレーの幅はすごく拡がる。

そして、テニスプレイヤーの中でも「希少種」になることが出来るんです。

みなさんの周りを見てみて下さい。

きっと、「前に落とすショット」が上手い人ってそう多くないと思うんですよね。

それはなぜか、簡単です。

練習しないから。

なぜ練習しないのか、それは練習の段階でミスが増えて迷惑をかけたり、決まったとしても「何あの人」となるのが目に見えているから。

前に落とされて弱い人は、まず自分のプレーや練習スタンスを見直すこと。

でもやっぱり、みんなが前に落とす、ドロップ系の練習をするのは難しいですよね。

練習前の一言、「今日はどんどん、ドロップを使っていきましょう」「ミスを気にしないで」「打たれた側は、頑張って走る!」ことを共有する。

どうでしょう、これだけで雰囲気が変わると思いませんか?

練習が変わればプレーも変わり、苦手意識も消える。

前に落とされても…自然と相手が打つ前に、走り出せるようにもなるはずです!

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. 練習メニュー

    ラリーを楽しみたい?甘えるんじゃないよ

    最近、私が練習していて感じること。私自身、テニスの練習ってこ…

  2. 練習メニュー

    武器を作る、1つに集中してみよう

    本気で自分の武器を作りたい、そう考えているみなさん。私から、一…

  3. テニス ドロップショット

    練習メニュー

    「この打ち方って合ってますか?」テニスに必要な自己調整能力、上達には不可欠です

    打ち方を覚えるって難しい。俺もレッスンの時に「この打ち方って合…

  4. 練習メニュー

    練習は何のためにやるのか、という基本

    練習は、何のためにやるのか。この問いかけを、最近アナタ自身行い…

  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    厳しくて続かないトレーニングは、身体も心も消耗するだけ

    「今年の冬は、毎日10km走り込んでいくぞ!」と思って、頑張ろうと思っ…

  6. 練習メニュー

    ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず

    普段、素振りを習慣にしている方、きっと試合に熱心に出続けている方でしょ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブの伸びが足りないと感じている人・・・?
  2. テニス ストローク

    ボレー

    相手ストロークをボレーするときは、「シンプルに同じ軌道」で返球出来ればOK
  3. テニス 試合

    Q&A

    Q&A 「テニススクールに通っていますが、上達しません。なぜでしょうか?…
  4. テニス メンタル

    ストローク

    苦し紛れのドロップショットは、結構相手にバレバレです
  5. サーブ

    ファーストサーブを打つ前の「ボール選び」は、しっかりこだわりたい!その理由につい…
PAGE TOP