フットワーク

良いショットで悪いポジション、悪いショットで良いポジション

試合だけでなく、練習でもミスは多い。

これ、テニスという競技の宿命だと思うんですよね。

動いているボールを自分も動いて打つ、相手が返して来て、それの繰り返し。

当たり損ないを無くすなんて、無理ですから。

ですが、当たり損ないを無くすことは出来なくても、「考えることを損ねる」ことは確実に減らせる。

そう、良いショットの後に良いポジション、は理想の話。

理想的に事が運べない時こそ、その人の進化が問われます。

動画はコチラ

打った後のポジションは、自分次第

良いショット、悪いショット。

ここでは、悪いショット=ミスショット、としましょうか。

当たり損なって甘くなる、何とか相手のコートに返るけど、自分の想定とは違う場所に落ちる…ようなショット。

これを無くすのは、プロ選手でも無理。

ですが、強い選手は打った後が違います。

打った後のポジショニング、これにミスが無い。

打つことにミスは生じても、その後のポジショニングのミスを減らすことで、失点を出来るだけ減らす。

こういう発想が出来る人、パッと切り替えが出来る人には、誰でもなることが出来ます。

大事なのは、自分次第という所に気付けるかどうかです。

悪いショットで良いポジション、でも得点できる!

実際の試合で、こういうポイント多いですよ。

自分のショットがイマイチでも、その後にサッと良いポジションを取って相手がチャンスをミス…。

みなさんも、想像できませんか?

アプローチショットが甘くなっても、サッと切り替えて良いポジションを自分が取る。

そうすれば、相手はチャンスであっても非常に嫌なものなんです。

でも、現実はどうでしょうか?

自分が当たり損なったり、甘くなった時点で落ち込んで、怯んでしまう。

相手から打ち込まれる場面で、良いポジションを取れずに下がってしまう。

この失点、もしかしたらポジショニングで防げていたかも知れない…と、感じられるかどうか。

この観点が、まず大事なんです。

良いショットで悪いポジションで勝てるのは…

自分よりかなり実力が下の相手だけ、です。

良いショットを打って、その後にポジションがアバウトでも何とかなってしまうんですよね。

相手から返球が無かったり、何となくうやむやになってしまいますから。

でも、強い相手は違います。

少しの隙を探して、最後まで諦めない、カウンターショットを狙っている。

良いポイションを取っていないと見ると、リスクを少なく反撃出来るのがテニスです。

じゃあ、「良いポジション」とは何なのか?

そこを知るにはまず、セオリーを知ることがスタートになります。

ぜひ、動画を見てご自身で答えを探ってみて下さい。

数学の問題のように、確実な正解はありません。

テニスは相手がいる競技ですから、その場面や相手の性格、アナタ自身の体力によっても変わります。

まずは、「良いポジション」は練習して掴めるんだということに、気付くこと。

そこからがスタートです!

ピックアップ記事

  1. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  4. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス サーブ

    フットワーク

    明日から出来る試合での改善策は、リズムとテンポを良くしていくこと

    今ある技術で、試合を上手くこなしていく。その中で意識したいのは…

  2. テニス フットワーク

    フットワーク

    テニスの基本、「自分が打ったボールがコードボールになったら、迷わず前!」に全力で走ろう

    コードボール、つまりラリー中にボールがネットの白い部分に当たって、自分…

  3. テニス ストローク

    フットワーク

    スプリットステップは、相手に合わせる癖を

    試合で必要な、スプリットステップ。これって、みなさん毎回どんな…

  4. フットワーク

    コートカバーが遅れる、本当の理由

    試合で、相手に動かされると弱い人って、多いですよね。3回くら…

  5. テニス シングルス

    フットワーク

    サイドステップよりも早い!「クロスオーバーステップ」を!

    シングルスの試合、左右前後に走り回ってコートをカバーする。でも…

  6. テニス ストローク

    フットワーク

    「片足スプリットステップはテニスプレイヤーなら誰でも使える!」試合での反応を良くする5つの理由

    漫画「ベイビーステップ」でも紹介され、最新のテニス業界の技術の一つ「片…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. スマッシュ

    自分のスマッシュをワンランクレベルアップさせたければ、「角度を付けて絶対に触らせ…
  2. テニス ストローク

    ボレー

    ポジショニングが上手いネットプレイヤーは、「相手にあえてショートクロスを打たせて…
  3. テニス 格上相手

    その他

    テニスの試合で「シード選手との闘い」をドラクエ風に考えてみると・・・
  4. テニス ストローク

    サーブ

    ダブルスの試合で、「センターにサーブを打ちたいなら、センター寄りに立つ」基本を、…
  5. テニス メンタル

    その他

    「強い選手になりたければ、強い選手と一緒に過ごす時間を作る」ことがテニス選手にと…
PAGE TOP