テニス リターン

フットワーク

テニスの試合、ライジングショットで攻撃していく為には、「速めのフットワークで足を決める」ことが大切です

ライジングショットのストロークが使えると、相手に時間を与えないでテンポ良く攻撃出来る。

「今のって、ライジング?」って思うようなショットでも、上手い選手は意識してバウンドが上がり切る前に打っていること、多いです。

確かに練習が必要で難しい技術ですが、その基本となるのはまずフットワーク。

間違っても、走り抜けながらライジングショットなんて・・・打てないですよね?

 

テニスの試合、ライジングショットで攻撃していく為には、「速めのフットワークで足を決める」ことが大切です

 


 

1.足を決める、それをとにかく速くするのが第一!

ストロークは止まって打つ、のが基本ですが、ライジングショットはよりその速さが求められる。

ボールの速さ、ではなく足を決める速さです。

相手が打った瞬間に、バウンド位置とその回転、伸びを予測して、自分が止まって打つ場所に速く移動する。

そしてスタンスを決めて膝を軽く曲げて、ボールがバウンドして頂点に届く前に打てるようにするのが理想です。

何より相手のボールから、自分がどうやって打つのかを瞬間的にイメージする力が求められます。

 

2.オススメはオープンスタンス!その理由とは?

ライジングショットは、とにかくオープンスタンス、がオススメです。

なぜなら理由は簡単、はっきり横向きを作るクローズドスタンスよりも、足を速く決めやすいから。

浅いボールなら軸足となる足を前、に出すだけで準備が完了してしまう場合もあります。

右利きの方であれば、フォアハンドのライジングを打つ時には右足が前、で軸足を作る。

このスタンスを速く作ることが出来れば、絶対にライジングショットは安定します。

 

3.速く足を決めれば、打点だって高くできる!

足が決まっていない、バタバタと打っている人は打点も低い。

もちろん深いボールで低い打点になってしまうこともありますが、ライジングショットの基本は高い打点。

胸から肩の高さで、しっかりボールを抑え込めるようにイメージして練習しましょう。

スピンはもちろんOKですが、少しフラットドライブ気味にしたほうが攻撃力も出ます。

高い打点で打てるときには、はっきり攻撃していく意識で臨みましょう!

 

ライジングショットが打てると、相手はただ「山なりで返球」がやり辛くなります。

時間を作ろうと思っても、与えてくれない。

そんなプレッシャーが、ミスを引き出してくれるのがテニス。

ライジングショットでテンポ良く攻撃、できるように練習していきましょう。

きっとテニスで楽にポイントが獲れるようになると思います!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    フットワーク

    試合の中でチャンスかどうかは、「自分が立っているポジション」で違ってくる

    自分のポジションを、しっかり把握しておくこと。アナタが思ってい…

  2. テニス 打点

    フットワーク

    攻撃的なボレー、あのフットワークが肝

    ボレーが弱い!と、お悩みのみなさん。なぜ、アナタのボレーが試合…

  3. フットワーク

    滑りやすいコートで使える「スライドフットワーク」は、コレがポイント!

    砂が多く滑りやすいテニスコート、オムニコートやクレーコートで多いですよ…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    打った後に動かない、のが強いテニス選手の基本姿勢

    強い選手は、姿勢がぶれない。特に打った後、じゃないですかね。…

  5. フットワーク

    テニス選手ならしっかり身に付けたい、「スプリットステップ」の基本から応用まで厳選記事7つ

    テニスはフットワークが大事。その基本となるのは、動き出しを早く…

  6. フットワーク

    速いボールをボレー、スプリットステップのコツ

    相手の速い攻撃に、押されてしまう。反応出来ないし、いつも後手後…

特集記事

  1. テニス 気付き

    ストローク

    「たかがショートラリー、されどショートラリー」は、テニスの試合で使える大事な要素…
  2. テニス セルフジャッジ

    その他

    セルフジャッジの試合では、「相手に聞こえる声でコールする」のが基本ルールです
  3. テニス 雑記

    日々の雑記

    2018年1月~3月で、最も読まれた記事TOP10
  4. フットワーク

    浅いボールを打ち込む、簡単なパワーアップ方法は?
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合中に怒る人、練習中に怒る人
PAGE TOP