テニス リターン

フットワーク

テニスの試合、ライジングショットで攻撃していく為には、「速めのフットワークで足を決める」ことが大切です

ライジングショットのストロークが使えると、相手に時間を与えないでテンポ良く攻撃出来る。

「今のって、ライジング?」って思うようなショットでも、上手い選手は意識してバウンドが上がり切る前に打っていること、多いです。

確かに練習が必要で難しい技術ですが、その基本となるのはまずフットワーク。

間違っても、走り抜けながらライジングショットなんて・・・打てないですよね?

 

テニスの試合、ライジングショットで攻撃していく為には、「速めのフットワークで足を決める」ことが大切です

 


 

1.足を決める、それをとにかく速くするのが第一!

ストロークは止まって打つ、のが基本ですが、ライジングショットはよりその速さが求められる。

ボールの速さ、ではなく足を決める速さです。

相手が打った瞬間に、バウンド位置とその回転、伸びを予測して、自分が止まって打つ場所に速く移動する。

そしてスタンスを決めて膝を軽く曲げて、ボールがバウンドして頂点に届く前に打てるようにするのが理想です。

何より相手のボールから、自分がどうやって打つのかを瞬間的にイメージする力が求められます。

 

2.オススメはオープンスタンス!その理由とは?

ライジングショットは、とにかくオープンスタンス、がオススメです。

なぜなら理由は簡単、はっきり横向きを作るクローズドスタンスよりも、足を速く決めやすいから。

浅いボールなら軸足となる足を前、に出すだけで準備が完了してしまう場合もあります。

右利きの方であれば、フォアハンドのライジングを打つ時には右足が前、で軸足を作る。

このスタンスを速く作ることが出来れば、絶対にライジングショットは安定します。

 

3.速く足を決めれば、打点だって高くできる!

足が決まっていない、バタバタと打っている人は打点も低い。

もちろん深いボールで低い打点になってしまうこともありますが、ライジングショットの基本は高い打点。

胸から肩の高さで、しっかりボールを抑え込めるようにイメージして練習しましょう。

スピンはもちろんOKですが、少しフラットドライブ気味にしたほうが攻撃力も出ます。

高い打点で打てるときには、はっきり攻撃していく意識で臨みましょう!

 

ライジングショットが打てると、相手はただ「山なりで返球」がやり辛くなります。

時間を作ろうと思っても、与えてくれない。

そんなプレッシャーが、ミスを引き出してくれるのがテニス。

ライジングショットでテンポ良く攻撃、できるように練習していきましょう。

きっとテニスで楽にポイントが獲れるようになると思います!

ピックアップ記事

  1. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 【出張企画やります!】関西在住のみなさんへ
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス フットワーク

    フットワーク

    「テニスラケットを持って、コートを全速力で走って打つ!」為には、脚力と同時に技術と考え方が必要です

    普通に陸上競技でトラックを走る走力と、テニスコートを走る走力とは全く別…

  2. フットワーク

    テニスの守備範囲を、劇的に変える基本とは?

    テニスの試合で使える、守備力アップの秘策。いくつかありますが、…

  3. フットワーク

    相手が打つ時スプリットステップ、それでポーチ間に合いますか?

    ポーチに動いて、しっかり決めることが出来る前衛。スプリットス…

  4. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスのテニスの試合で、「左右に大きく走らされたとき」に必要な返球意識4つ

    左右のフットワークはテニスの基本。しっかりした守備力には体力が…

  5. テニス ボレー

    フットワーク

    アレーにしっかりコントロールしたければ、横向きを徹底してボールに入ろう

    レベルが高い試合になってくると、当然ダブルスでも「アレー」に打つ機会が…

  6. テニス メンタル

    フットワーク

    「スライス慣れ」していない選手は、完全にバレている

    試合の中で、「この相手、スライス苦手だな・・・」と分かるとき。…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュの攻撃力をアップしたいなら、「スマッシュを打つ機会」をどんどん増やす意…
  2. テニス 試合

    メンタル

    これで良いと思った時点で、テニスの成長は止まる
  3. テニス メモ

    戦術

    記憶力が乏しい選手は、テニス選手として成長出来ない
  4. テニス メンタル

    戦術

    他人の土俵で戦わないことは、逃げでは決して無い
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない
PAGE TOP