シングルス

シングルスの試合で、「どこに立って待てば良いのか・・・?」ポジショニングがよく分からない方へ

シングルスの試合では、シングルスコート全てを一人で守る。

そう考えると・・・結構立ち位置、迷いますよね。

まずは真ん中に立ってみるけど、それだとバックを狙われそうだし、相手が打ってくる位置によっても求められる守備範囲は変わってくる。

今回は基本の「き」から、あくまでベーシックな考え方を確認しておきましょう。

 

シングルスの試合で、「どこに立って待てば良いのか・・・?」ポジショニングがよく分からない方へ

 


 

■基本は少しフォア側を空けておく

基本的には、少しフォアハンド側を空けておく。

プロ選手もほとんどが、6:4くらいのスペースで少しバック側よりに立っている選手が多いように思います。

錦織選手のように回り込みをどんどん使う選手は、もう少し空けて7:3くらいでしょうか。

両手バックハンドの選手は特にリーチが短い点が弱点になるので、上手く立ち位置でカバーしましょう。

そして当然、打った後は戻るのが基本。

よほど相手を崩したり、チャンスになっていない限りは、打ったら元いた場所で構え直す意識を強く持ちましょう。

 

■相手が動けば、自分のポジションも調整するのがテニス

正面で打ち合うだけだと、試合で必要なポジションはあまり動きません。

ですが実際の試合では、クロスの打ち合いから角度が付いたり、相手を外に追い出したりと、どんどんポジションが変わってくる。

ここで抑えておきたいのは、相手が外へ外へと動いたときには、より角度の付いたボールをケアする必要があると言う事。

当然クロスに打ちやすく、ショートクロスのようなショットが入りやすくなる。

相手をコートの外に追い出したとき、は逆にしっかりクロスの厳しい角度を注意して守るのがテニスのシングルスの基本です。

 

■サーブを打った後、リターンを打った後は・・・?

サーブはある程度、自分が意図したところに打てます。

ですからファーストサーブが入った後には、あまり下がらずに1歩前にいるくらいの気持ちが欲しい。

逆にセカンドサーブを打った後には、攻撃に備えるように1歩後ろに下がる。

この2歩の差を付けることが、テニスの試合、特にシングルスでは大事な要素になります。

後はサーブ&ボレーやリターンダッシュ、のように激しくポジションを動かしていくことにも慣れていきましょう。

 

ポジショニングには、正解はありません。

どんなに良い場所にいても、相手のナイスショットすべてをカバーすることは無理。

ですから、来る確率の高い場所、そして自分が得意なショットを呼び込みやすい場所を探してみましょう。

ケアする場所は、ある程度今回紹介したセオリー通りでOK。

基本に忠実にまずは戦ってみて、その中で自分でアレンジしていってみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  5. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    シングルス

    シングルスの試合で「打ってはいけないコース」の代表格はなぜ危険なのか?

    「あ、今のコースは違ったな・・・」と、感じる機会、ありますよね。…

  2. テニス サーブ
  3. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスの試合では、「長いラリーは自分のペース」と思えるように

    シングルスの試合に勝てない人には、ある共通の苦手意識がある。そ…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意識しよう

    シコラー相手に自分からミスしてしまう人。その心理を考えてみれば…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?

    人は、誰でも恥をかくことが怖い。テニスの試合でも、格下相手の選…

  6. シングルス

    シングルスの試合で、「低い打点のストローク」はクロスに来る

    シングルスの試合は、コートに自分一人。だからこそ、相手の打つコ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    強敵への勝利は、薬にも毒にもなる
  2. テニス 計算

    戦術

    テニスの試合、チャンスボールをミスしてしまう人は「逆算力」が足りないだけ
  3. テニス ダブルス

    その他

    テニスの団体戦で「ベンチコーチとして入ったとき」に、意識したいことはシンプルです…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    硬式テニスの試合では「薄いグリップで粘るスライス」を身に付けないと、守備範囲が拡…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    「今日の練習で良かったこと」を毎日一つテニスノートに記録していけば、それは自信に…
PAGE TOP