テニス ダブルス

シングルス

シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるようになるには・・・?

テニスの試合に強い選手は、どのショットも簡単そうに打っているはず。

決して速さだけではなく、コースとその選択肢の多さで相手からエースを奪う。

アナタ自身、ぜひ意識して欲しいのは「平凡ショットをエースにする」ということ。

シングルスの試合では、コートも広く守れるスペースは限られている。

そう、無理やり力で勝負していく必要は無いのです。

 

シングルスの究極のポイントの形、「平凡ショットでノータッチエース」が獲れるようになるには・・・?

 


 

■プロ選手の試合も、彼らにとっての平凡ショットが主体

プロ選手の試合も、長い試合の中でほとんどは「平凡」ショット。

特に試合の序盤、ファーストセットでは決して無理せずに相手を動かしながら戦っていく。

それでも、対戦相手が動けないようなエースになるのはなぜか。

そこには駆け引きがあり、選択肢の多さ、そして同じフォームから打ち分ける高度な技術、があるのです。

 

■攻撃していくときに「コースを隠す」ことの重要性について

テニスの試合での良いショット、アナタはどこに判断基準を置いていますか?

試合に勝てない選手に限って、打った後のボールの軌道にばかり気持ちがいってしまっている。

実際に試合で良いショットって、そうじゃない。

打つ前に、しっかり同じ構えを相手に見せておいて「足止めが出来る」ショットこそ、試合で良いショットと言える。

平凡なスピード、コースなのに、相手が動けないでエースになるのは「動けない」から。

アナタ自身、シングルスの試合でいかに「相手が動けないポイント」を作るかが、ステップアップとして大事なポイントです。

 

■相手が「どのコースを待っているのか?」が最大の関心事

私はいつも、「相手がどのコースで待っているか?」を気にするようにしています。

バックハンド狙いを徹底しておけば、おそらくバックで待っているだろう、という仮定のもとにフォアハンドが狙い目になる。

同じ構えからフォアハンドに展開出来れば、平凡ショットでも充分にエースになります。

相手がどのコースで待っているか、は相手の性格やプレースタイルにも寄ってくる。

そもそも、予測自体しないで無心で待っているような選手もいますしね。

考えて試合を進めていく癖を付ければ、アナタのシングルスの実力は確実に上がってくるはずです。

 

遅いショット、平凡ショットでエースが獲れると相手は嫌。

本当に嫌なんですよね。

決まったショットはさらに相手の頭にも刻み込まれるので、次はそのショットの逆も使える。

どんどん先手を打っていくためにも、ぜひ「同じフォームでの打ち分け」を実践してみて下さい。

速い準備、構えで、相手に「どこにでも打てる感」をアピールしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  2. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  3. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  4. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    シコラー相手に苦手意識が強い人は、「序盤にリードして精神的に優位に立つ」ことを意識しよう

    シコラー相手に自分からミスしてしまう人。その心理を考えてみれば…

  2. テニス メンタル
  3. テニス ボレー

    シングルス

    今すぐ、シングルスで強くなる秘策とは?

    シングルスの試合で、勝ちたいけど策が無い。そんな方に、今日は…

  4. シングルス

    シングルスの試合、パッシングショットは〇〇で良い

    シングルスの試合でも、前に出て来る選手はいます。ベテランの方…

  5. テニス ストローク
  6. テニス ストローク

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「自分の得意なパターンで攻撃していく」ために大切な4つの準備

    シングルスの試合は、自由にプレー出来る分、想像力が求められます。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    ネットプレイヤーに対するストロークの基本、「足元に沈めたら前をケアする」をとにか…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「う、動けない・・・」テニスのストロークラリーの中でドロップショットを混ぜるコツ…
  3. ダブルス

    挑戦企画は、こういうペアにお勧めです
  4. テニス知識

    バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. テニス チャンス

    フットワーク

    テニスの試合では、チャンスボールはその場で待っていても「チャンスにはならない」こ…
PAGE TOP