戦術

試合で失敗しない、スタートダッシュを切るコツ5つ

1セットマッチの試合、での試合の入り。

もう、正直これが全て、というくらい大事です。

今回は、私が経験して実践して、今もやっていることをまとめてみました。

みなさんの中で試してみて、ぜひ良いモノは残して継続してみて下さい。

本当に、試合なんて一瞬で終わります。

スタートダッシュこそ、差を付けていきたい大事な部分です。

 
 

1.リターンから入る

実践している人も多いと思いますが、リターンから試合に入った方が楽。

まだ身体がほぐれていないうちは、サーブの方がリスクが高いですから。

リターンから入って、ロブやストレート、色々なパターンを見せておくだけでも良い。

最悪、落としても相手のサービスゲーム、チェンジコートで気分も変わる。

スタートダッシュ、リターンゲームからが基本です。

2.ネットミスを無くして、深く打つ

ゆっくり、深く。

最初は、これだけでも充分に良い攻撃になります。

スタートダッシュ、何もスピーディーな攻撃が必要な訳じゃない。

むしろ、ネットミスのような焦ったミスを減らすだけで、相手には良いプレッシャーがかかります。

アウトミスはOK、ゆったりラリーするつもりで入ること。

これが、アナタ自身に必要な試合の入り方です。

3.奇策を一つ、入れてみる

ダブルスならポーチ、チェンジプレー。

シングルスなら、ドロップショットやサーブ&ボレー、でも良いでしょう。

相手はきっと、試合の出だしは様子見なところがありますから。

成功すれば一気に盛り上がるし、失敗しても相手の印象に残るプレーになる。

スタートダッシュを成功させたければ、序盤に奇策を一つ用意して実行してみましょう。

ダブルスなら、ペアで共通認識を持って準備する、ことが大事です!

4.テンポを急がない

試合のテンポを、急がないこと。

スタートダッシュに失敗する人って、リズムが悪いのにどんどん試合を進めていくから悪くなる一方。

もっと、ゆっくり時間を使いましょう。

相手がポジションに着いたのを確認してから、自分がセットする。

リードしても、あえて時間を使ってみる。

すると、自分の中でメンタルも落ち着くし冷静に試合が運べるはず。

最初の数ゲーム、テンポの上がり過ぎに要注意です!

   

5.相手のミスに、つけ込む

これは、具体的ですが効く作戦です。

序盤の相手のミス、につけ込んでいく。

バックハンドのミスが1つあれば、次もバック側に打ってみる。

そうすると、調整する余裕が無いのでどんどん落ち込んでいくでしょう。

試合の中盤以降なら、感覚も掴み直せるんですけどね。

試合の序盤に、ミスを修正するのは難しい。

ぜひ、意識して試合に入ってみて下さい。



やること、を決めて入ること。

これがスタートダッシュの大前提です。

普通に戦えば、普通にリード出来る。

ただし、当然強い相手は序盤の大切さを理解してますからね。

厳しい戦いになりますが、準備の時間は使った者勝ち、ですよ。

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. + POWER CUP について
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ロブ

    戦術

    あれも大事、これも大事、では大事な試合に勝てない

    たくさん大事なこと、を書いて来ましたが、全てを試合に持ち込むのは難しい…

  2. テニス ボレー

    戦術

    テニスの試合では「対極のショットを同じ構えから組み合わせる」ことで、相手を惑わすことができる

    試合で勝てる人は、テニスの技術はもちろん、その使い分けが上手い。…

  3. テニス マナー

    戦術

    夏こそ「先手必勝」、がテニスの試合の基本

    これからの時期の試合、考えるだけでも辛いですよね。でも、だから…

  4. テニス 戦術

    戦術

    試合で関節にサポーターを付けている人は、それなりの理由がある

    もうすぐ試合、ということで、コート脇で待っていると・・・相手も登場。…

  5. テニス 守備

    戦術

    速い球を速い球で返す、のは意外と簡単なのがテニス

    テニスをやっている人なら、「分かる・・・」という方も多いかも知れません…

  6. テニス 計算

    戦術

    テニスの試合、チャンスボールをミスしてしまう人は「逆算力」が足りないだけ

    チャンスボールを決めることが出来る人、ミスしてしまう人。この違…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ダブルス

    テニスの試合でダブルスを勝利に導ける前衛とは、「汗をかける前衛」である
  2. シングルス

    シングルスの試合で、使えるネットプレーの考え方7つ
  3. テニス 攻撃

    サーブ

    ワイドへのスライスサーブでしっかり相手を追い出したら、あえて「逆」のスペースを使…
  4. テニス ステップ

    ストローク

    ストロークのテイクバックが遅い人が、自分を変える為に必要な5つのポイント
  5. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ
PAGE TOP