テニス メンタル

メンタル

テニスの試合中に、「不安で迷ったら積極策を取る!」と決めておくと、迷い無くプレーできる

ゲームカウント4-4、30-40のセカンドサーブ・・・。

アナタはしっかり打ち切ることが出来ますか?

こういった、「入れにいくべきか、攻めるべきか・・・」と悩んでしまうのは、テニスの試合の中で多々あること。

迷いの無いプレーをする為には、事前に自分と約束しておくことが大切になります。

 

テニスの試合中に、「不安で迷ったら積極策を取る!」と決めておくと、迷い無くプレーできる

 


 

■しっかり積極策でトライして、結果を待つことが第一

積極的な作戦でポイントを落としたときは、仕方ない。

それくらいの割り切り感が、試合では必要です。

この準備が出来ていないと、試合中に考え込んでしまいリズムが悪くなってしまいます。

勝負所で、しっかりアグレッシブになれるように、自分と約束しておくことが大切です。

 

■積極策はポイントを落としても、相手へのプレッシャーになる

積極的な攻撃は、例え失点したとしても次に繋がります。

相手はアナタの攻撃自体脅威に感じていますので、「次に競ったポイントでも、攻撃してくるかな・・・」と考える。

このプレッシャーを与え続けることが、試合で勝うえで大切なのです。

 

■テニスの試合において、「不安はコントロールできる」感覚を養おう

どんなに強い選手でも、不安にかられることはたくさんあります。

むしろ、トーナメントを勝ち抜く選手ほど、この感情のコントロールが上手い。

自分の中で解消策、対応策があるからこそ、試合で表に出さないようにコントロールできるのです。

アナタは、試合中に自分としっかり会話して、コントロールできていますか?

 

自分がどんなときに不安になるのか、試合経験の中でポイントがあるはずです。

負けているとき?勝っているとき?マッチポイントのとき・・・?

アナタ自身の中で、それぞれどうプレーするべきかを確認しておきましょう。

事前にプランをテニスノートに書いておき、チェンジコートでも確認してみる。

メンタルが不安定だな・・・弱いな・・・と感じている人は、ぜひ一度試してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  4. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    メンタル

    試合で使えるメンタルの強さを身に付けるなら、眼光鋭く相手を睨む癖を付けよう

    「メンタルが弱くて、試合で負けている」この意識がある人は、もっ…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の中で、「グッドショット・リアクション」を無くしていこう

    試合に強い選手って、どんなショットを打っても基本一定、ですよね。…

  3. テニス ストローク

    メンタル

    「全ての深いボールは入って来る!」で、アナタのメンタルは鍛えられます

    深いストロークでオンライン、のボールを・・・つい、「アウト」の期待で待…

  4. テニス ミス

    メンタル

    自分を鼓舞して戦う選手は、自然と周りも応援したくなる

    テニスの試合、「応援されやすい」選手は、やっぱり試合でも強い。…

  5. メンタル

    悔しい気持ちを、誤魔化してはいけない

    テニスを続けていると、つい麻痺してしまう感覚。試合に負けて悔し…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    「テニスの団体戦も、結局は個人競技?」いいえ、違います!

    テニスの団体戦、皆さんは経験したことがあるでしょうか?高校生の…

特集記事

  1. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合、「ネットに詰めれば詰める」ほど、上半身はリラックスしていこう
  2. テニス 練習

    リターン

    「セカンドサーブを叩ける」相手には、ペアで息を合わせて!
  3. テニス ダブルス

    戦術

    テニスの試合では、「あえてコースを空けて待っている相手選手の罠」に、気を付けろ!…
  4. テニス ストローク

    戦術

    初心者の方でも5分で覚えられる、テニスの試合で大切な序盤の戦い方
  5. テニス サーブ

    その他

    「安全策や安定感は大事」だけど、長期的なテニスの視点では落とし穴になり兼ねない
PAGE TOP