テニス メンタル

メンタル

自分のテニスが上達しないのを「周りの環境のせいにしてばかりいる」人、いませんか?

テニスは残酷なスポーツ。

シングルスで結果が出なければ、全て自分自身で受け止めなければいけません。

その現実から逃げて、責任逃れをしている人、周りにいませんか?

アナタ自身、そうなっていませんか・・・?

 

自分のテニスが上達しないのを「周りの環境のせいにしてばかりいる」人、いませんか?

 


 

■テニスが上手くならないのは、誰かのせい?

人間ですから、弱い気持ちになってしまうときもあります。

精一杯練習しているつもりでも、「もっと強い人たちと練習した方が良いんじゃないか・・・」と、考えることもあるでしょう。

試合に勝てないのは、環境が悪いから」と、自分の居場所を否定してしまう気持ちも、分からなくもありません。

ですが、環境や他人は、そう簡単に変えることはできません。

変えることができるのは、自分自身、しかないのです。

 

■ベースとなる環境を変えるのではなく、意図的に外に飛び込んでいく

私自身、高校の部活時代は学校にテニスコートが無く、公営のコートを借りてみんなで練習していました。

その中で、何名かはテニススクールにも通い、何名かは外の学校と合同練習へ参加させてもらったり。

アナタ自身、工夫して外部のテニス環境を求めるのはとても良いことです。

それをぜひ、ベースとなる自分の部活なりチームに還元してみてください。

「あそこでは、あんな練習してたよ!すごくためになった!」という会話が仲間の中で出て来ると、面白いですよね。

 

■テニスが出来る環境に感謝できている人が、試合を勝ちぬいていく

ふと、忘れがちになってしまうことがあります。

ラケットやボール、テニスコートを作る人、練習仲間、そして育ててくれた両親に、大会を運営するスタッフの人。

誰か一人欠けても、アナタはテニスを、そして試合をすることはできないのです。

当たり前だと思っている眼の前の光景が、いかに恵まれているかを考えたことはありますか?

その答えを、ぜひテニスノートに書いてみて下さい。

自分自身の言葉で書くことで、きっとアナタのテニスが強くなっていきます。

 

テニスって、不思議なスポーツです。

生活が乱れる、精神が不安定になると、そのまま如実にテニスに現れる。

試合を勝ちぬいてトーナメントで優勝するような人は、もちろん技術的にも優れていますが、何より周りの人への感謝の気持ちがしっかりと存在している。

「最近、テニスを頑張り切れていないな・・・」と感じている人は、目を閉じて考えてみて下さい。

今、テニスができるという最高のこの瞬間。

感謝の気持ちで、満たされてはきませんか?

ピックアップ記事

  1. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  2. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  3. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  4. その練習を、疑おう
  5. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで「攻撃のメンタル」を養う為に意識したい5つのポイント

    「もっと攻撃的にプレーしたいけど、どうしても守備的になってしまう・・・…

  2. メンタル

    嫉妬心や羞恥心の隙間に、人の弱さが生まれる

    いつの間にか、勝てなくなってしまった。テニスは頑張っている、…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で求められる、「強いメンタル」を養う為に必要な準備5つ

    皆さんから寄せて頂く質問の中で、圧倒的に多いのがこの質問。「メ…

  4. メンタル

    「ネットインはラッキー?アンラッキー?」という発想は、テニスの試合では捨ててしまいましょう

    テニスの試合、ラリー戦の中ではネットインは有効。深く来る!と思…

  5. テニス 人脈

    メンタル

    「アイツ、苦手なんだよな・・・」と思う苦手意識は、ココから変えていきましょう

    どうにも、勝てない相手がいる・・・。それは、身内の仲間か、また…

  6. メンタル

    「無意識のうちにテニスをやらされている」人は、いつまでたっても強くはなれません

    テニス、楽しいですか?もちろん楽しい!と思うこともあれば、試合…

特集記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、隙だらけ
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、シンプルにまず「相手のどこを狙っていくか」を確認して試合に入…
  3. ストローク

    試合で相手に打ち損じさせる、ために必要な6つのストローク術
  4. その他

    「第90回全日本テニス選手権」本戦出場選手リストが発表!今年は面白いです
  5. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?
PAGE TOP