テニス メンタル

メンタル

自分のテニスが上達しないのを「周りの環境のせいにしてばかりいる」人、いませんか?

テニスは残酷なスポーツ。

シングルスで結果が出なければ、全て自分自身で受け止めなければいけません。

その現実から逃げて、責任逃れをしている人、周りにいませんか?

アナタ自身、そうなっていませんか・・・?

 

自分のテニスが上達しないのを「周りの環境のせいにしてばかりいる」人、いませんか?

 


 

■テニスが上手くならないのは、誰かのせい?

人間ですから、弱い気持ちになってしまうときもあります。

精一杯練習しているつもりでも、「もっと強い人たちと練習した方が良いんじゃないか・・・」と、考えることもあるでしょう。

試合に勝てないのは、環境が悪いから」と、自分の居場所を否定してしまう気持ちも、分からなくもありません。

ですが、環境や他人は、そう簡単に変えることはできません。

変えることができるのは、自分自身、しかないのです。

 

■ベースとなる環境を変えるのではなく、意図的に外に飛び込んでいく

私自身、高校の部活時代は学校にテニスコートが無く、公営のコートを借りてみんなで練習していました。

その中で、何名かはテニススクールにも通い、何名かは外の学校と合同練習へ参加させてもらったり。

アナタ自身、工夫して外部のテニス環境を求めるのはとても良いことです。

それをぜひ、ベースとなる自分の部活なりチームに還元してみてください。

「あそこでは、あんな練習してたよ!すごくためになった!」という会話が仲間の中で出て来ると、面白いですよね。

 

■テニスが出来る環境に感謝できている人が、試合を勝ちぬいていく

ふと、忘れがちになってしまうことがあります。

ラケットやボール、テニスコートを作る人、練習仲間、そして育ててくれた両親に、大会を運営するスタッフの人。

誰か一人欠けても、アナタはテニスを、そして試合をすることはできないのです。

当たり前だと思っている眼の前の光景が、いかに恵まれているかを考えたことはありますか?

その答えを、ぜひテニスノートに書いてみて下さい。

自分自身の言葉で書くことで、きっとアナタのテニスが強くなっていきます。

 

テニスって、不思議なスポーツです。

生活が乱れる、精神が不安定になると、そのまま如実にテニスに現れる。

試合を勝ちぬいてトーナメントで優勝するような人は、もちろん技術的にも優れていますが、何より周りの人への感謝の気持ちがしっかりと存在している。

「最近、テニスを頑張り切れていないな・・・」と感じている人は、目を閉じて考えてみて下さい。

今、テニスができるという最高のこの瞬間。

感謝の気持ちで、満たされてはきませんか?

ピックアップ記事

  1. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  2. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. メンタル

    テニスコーチに相談しに行くときには、どんな形でも「自分の意見」を持ってから

    テニスを真剣にやって試合に出ていれば、誰しもが勝ちたいと思う。…

  2. テニス 感覚

    メンタル

    格上選手相手にメンタルが折れる、弱さは発想で変えられる

    格上相手の試合、どうしても弱気になってしまう人。何度も自分を責…

  3. テニス 仲良し

    メンタル

    「ノリが良い選手」に、試合で運は味方する

    みなさんの周りで、「ノリ」が良い人はいませんか?少なからず、い…

  4. メンタル

    アナタの部活やサークル、「チームの中でしっかり、意見を言い合える環境」があるかどうか?

    日本は調和の社会。どこか今あるもの、今まで踏襲してきたものや継…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    胸を張れるかどうかが一つの基準になる

    「色々とご意見、ヒント、参考になるのですが、結局自分の正しいテニスが、…

  6. テニス 試合

    メンタル

    「なぜ、アナタは見た目だけでテニス選手の実力」を判断してしまうのか?という問題は深刻です

    試合会場に着いて、自分の名前が呼ばれる、または控えの試合に入る。…

特集記事

  1. テニス 雨

    テニス知識

    なぜ雨の日は、「ボールが弾まない、遅くなる」のかを硬式テニスの特性から考えてみる…
  2. テニス ダブルス

    サーブ

    ダブルスの試合のタイブレークで勝ちきれない人は、「今までのゲームとは違う場所から…
  3. ボレー

    バックバンドボレーの基本を見直すなら、「基本の構えと触るボールの箇所」を徹底しよ…
  4. サーブ

    サーブを打った後に構え直しが遅れる人は、「下までラケットを振り下ろす」のを止めて…
  5. 戦術

    自分で気付いて修正出来る、そんな人が試合でも勝ち上がっていく
PAGE TOP