テニス メンタル

戦術

試合で負けるときは、自分で決めている場合がほとんど

今日は、「分かっているけど、厳しい・・・」というお話。

試合は、最後まで分からない。

でも、もう諦めている自分もいる。

これは、大きな問題です。

 

試合で負けるときは、自分で決めている場合がほとんど

 


 

1.普通の人は、諦める

試合は、しんどいことの繰り返し。

思い通りになった試合なんて、年間でも数えるくらい・・・ですよね。

ほとんどが苦しみながら、勝ったり負けたり。

特に強い相手、との試合はどこかで「自分で途中で負け」と決めつけている。

そんなアナタを、責めるつもりはありません。

気持ちは分かります・・・その方が楽、になれますからね。

問題は、そういう自分をどうコントロールするか、です。

 

2.策があれば、諦めようとは思わない

どうやっても勝てない試合、というのはあるでしょう。

でも、せっかくの試合ですから、最後まで勝てる可能性を探したい。

メンタルが強い人って、結局最後まで模索出来る人。

そして、そうやって模索して試合を「まくった」成功体験を積んでいる人。

だからこそ、誰でもなれるんです。

逆転しやすい、試合に強い人、には誰でもなれます。

ただ・・・ほとんどの人は、それになれないままに、普通に「諦めていく人」になるんですけどね。

 

3.「まくって勝つ」経験を、早く経験しよう!

きっと、一度経験すると癖になりますよ。

諦めないで、最後まで色々やろうとすると・・・いつの間にか相手が崩れてくれて、試合に勝ってしまう。

こういう経験を2~3試合やると、最後まで諦めないと「良いことがある」ことに気付く。

その為に、しっかり相手を観察して「色々出来る」選手にならないと。

一つしか武器が無いとダメだし、体力が無いと試合の後半に集中力が続かない。

しっかり準備して、まくれる選手、になって欲しい。

それが私が読者の皆さん、に伝えたいことです。

 

まくって勝つ、という経験は誰にでも出来ることではない・・・ですか?

きっと、そんなことは無い。

しっかり準備して、色々なテニスが出来る準備が出来ていれば、誰でもなれる。

だからこそ、なった者勝ち、ですよ。

ほとんどの選手は、試合の途中で「諦めてくれる」訳ですからね。

ピックアップ記事

  1. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  2. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス リターン

    戦術

    相手コートにボールがある瞬間、こそアグレッシブに

    アグレッシブな攻撃って、どんなイメージでしょう。速いサーブ?強…

  2. 戦術

    ミックスダブルスで、男性が女性を攻撃していく基本戦術について

    ミックスダブルスの試合、こんな心理の男性プレイヤーの方は多いでしょう。…

  3. テニス ミス

    戦術

    緻密なコントロールこそ、試合では最高のプレッシャーになる

    相手にやられて、一番嫌なこと。みなさんは、何でしょうか?…

  4. テニス 打点

    戦術

    プレーの選択肢が少ないから、試合で追い込まれていく

    試合で自分のプレーをする、相手を倒す。そんなシナリオがキレイ…

  5. テニス スマッシュ

    戦術

    これは上級者のショット、なんて発想は逃げでしかない

    テニスには、色々なショットがあります。元々、ルール上ワンバウン…

  6. テニス 観察

    戦術

    スローボールを混ぜるだけで、アナタの最速球速は上がり続ける

    試合で「遅いボール」を混ぜること。勇気要りますよね・・・でも、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 練習

    メンタル

    1セットマッチ5-5からの試合終盤は、技術以上に〇〇の差が大きく出る
  2. テニス ストローク

    メンタル

    試合の終盤「ここぞ!」という場面では、失点を恐れてはいけない
  3. テニス 準備

    メンタル

    準備する意欲を持たない人は、これから先もエントリー費だけが消えていく
  4. テニス 戦術

    ボレー

    硬式テニスのボレーは、「ラケット面をしっかり作る」からコントロールできる!
  5. 練習メニュー

    テニスにおける技術は、身に付けるという意識より「どんどん丸呑みしていく」くらいの…
PAGE TOP