テニス 構え

ストローク

テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう

初心者の方もたくさん入部して、部活やサークルも活気付いていることと思います。

でもなかなか、テニスって動作が複雑だし難しい。

ラリーが繋がらないと、初心者の方はちょっと申し訳ない・・・と思って、テニスから離れてしまいがちですよね。

テニスの楽しさを感じられる為には、ラリーをしっかり継続できることが一番。

その為には、準備と構え直しの意識をしっかり伝えていきましょう。

 

テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう

 


 

■無意識でラリーしていれば、気が付けばフォアハンドばかりに・・・

初心者の方は、打った態勢が残りやすい。

例えば右利きの方であれば、フォアハンドを打った後はそのまま右を向いた形で次のボールも待ってしまう。

これはしっかり、間違いだということを教えてあげましょう。

テニスにおいて予測することは大事ですが、自分にとって都合の良い予測は成長の妨げになってしまいます。

 

■正面向きのスプリットステップを覚えれば、とても楽!

ただ構え直し、と言ってもなかなか伝わり辛い。

まずは正面向きに足を戻して、相手が打つ瞬間のステップを覚えてもらえるよう、声掛けしていきましょう。

ラリー練習では実際に後ろに立って、「構えて!」「ステップ!」という声をかけてあげると良いと思います。

自分でも頭の中で声を出して、自然に身体が動くようになるまで練習を一緒にしてあげましょう。

 

■構え直しが出来れば、ボレーも絶対上達が早い

ストロークだけでなく、ボレーも構え直しで劇的に上達します。

コツとしては、「自分が打ったボールを、不安そうに見ない」という点。

初心者の方は自分が打つボールに自信が無いので、つい打った後もジーッと見てしまう時間が出来る。

これを無くすだけで、だいぶ構え直しが早くなり、テニス選手らしい動きになるはずです。

 

意外と上級者の方、テニスを長く続けている方でも、構えるのが遅い人が多い。

ナイスショットに自分が満足してしまうんですよね。

これでは試合で通用しないのは、目に見えている。

初心者のうちから強く意識付けされたことは、上級者になっても大切な自分のベースになるはず。

アナタのチームでも、みんなで構え直しを意識してラリーのレベルを上げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. T-PRESS 読者アンケートにご協力をお願いします
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  5. その練習を、疑おう

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    いつも力んでしまう人は、脱力出来る具体的な方法を!

    テニスの試合、長ければ何時間も。そんな試合が1日に何試合も繰り…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスの試合で「深いストロークを合わせるだけの返球」になる人は、考え方から変えましょう

    深く入って来るストローク、アナタ自身、しっかり返球出来ていますか?…

  3. テニス リターン

    ストローク

    コントロールの良いストロークには、3種類の打点だけまずマスターしよう

    ストロークのコントロール、良い人と悪い人の差はどこにあるのか。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    キリオス選手の躍進を支えるのは、チャンスを引き出す基本となる「深いフォアハンド」です

    先週行われていたマイアミオープン、ベストマッチはやっぱり準決勝の フェ…

  5. テニス シングルス

    ストローク

    テニスのストローク、トップスピンの回転は「下向き面で安定させる」ことで試合で使えるようになる!

    ストロークでトップスピンを打つときのラケット面、どのくらい下を向けてい…

  6. テニス コントロール

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    自分のテニスの特徴、どんどん相手に見せていこう!
  2. テニス ダブルス

    ストローク

    ストロークで前に入りながらドロップショット、を打てれば相手は基本触れない
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「最先端のビッグサーバー対抗術」錦織選手の戦い方に観る、テニスの試合での攻略法4…
  4. テニス ボレー

    メンタル

    試合に勝てない人は、「楽な方に逃げた挙句に攻撃的なプレー」になっていることが多い…
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    「準備早めで!」テニスの練習から意識したいテイクバックのタイミング
PAGE TOP