テニス 構え

ストローク

テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう

目次

初心者の方もたくさん入部して、部活やサークルも活気付いていることと思います。

でもなかなか、テニスって動作が複雑だし難しい。

ラリーが繋がらないと、初心者の方はちょっと申し訳ない・・・と思って、テニスから離れてしまいがちですよね。

テニスの楽しさを感じられる為には、ラリーをしっかり継続できることが一番。

その為には、準備と構え直しの意識をしっかり伝えていきましょう。

 

テニス初心者の方はまずしっかり、「構え直し」から徹底してラリーをしてみましょう

 


 

■無意識でラリーしていれば、気が付けばフォアハンドばかりに・・・

初心者の方は、打った態勢が残りやすい。

例えば右利きの方であれば、フォアハンドを打った後はそのまま右を向いた形で次のボールも待ってしまう。

これはしっかり、間違いだということを教えてあげましょう。

テニスにおいて予測することは大事ですが、自分にとって都合の良い予測は成長の妨げになってしまいます。

 

■正面向きのスプリットステップを覚えれば、とても楽!

ただ構え直し、と言ってもなかなか伝わり辛い。

まずは正面向きに足を戻して、相手が打つ瞬間のステップを覚えてもらえるよう、声掛けしていきましょう。

ラリー練習では実際に後ろに立って、「構えて!」「ステップ!」という声をかけてあげると良いと思います。

自分でも頭の中で声を出して、自然に身体が動くようになるまで練習を一緒にしてあげましょう。

 

■構え直しが出来れば、ボレーも絶対上達が早い

ストロークだけでなく、ボレーも構え直しで劇的に上達します。

コツとしては、「自分が打ったボールを、不安そうに見ない」という点。

初心者の方は自分が打つボールに自信が無いので、つい打った後もジーッと見てしまう時間が出来る。

これを無くすだけで、だいぶ構え直しが早くなり、テニス選手らしい動きになるはずです。

 

意外と上級者の方、テニスを長く続けている方でも、構えるのが遅い人が多い。

ナイスショットに自分が満足してしまうんですよね。

これでは試合で通用しないのは、目に見えている。

初心者のうちから強く意識付けされたことは、上級者になっても大切な自分のベースになるはず。

アナタのチームでも、みんなで構え直しを意識してラリーのレベルを上げていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①
  5. ヨネックスの新作ラケット、Vコアのハイスピンテクノロジーによる超高弾道は本物だっ…

関連記事

  1. テニス フットワーク

    ストローク

    「ストロークのスピードコントロールは、回転量で」出来るようになるとミスが減って安定します

    テニスは回転量を操るスポーツ。特に試合では、ボールスピードをコ…

  2. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合で、「攻撃的にプレーゾーンを前」にしたければ改善しないといけない5つのこと

    テニスの試合、ここぞという場面では前に入りたい。ベースライン上…

  3. テニス 部活
  4. テニス メンタル

    ストローク

    「ラリーが続かない」「バコバコ打って、勝つ気が無い」という部活に嫌気がさしている方へ

    アンケートにご協力頂き、約120件の皆さんに回答頂きました。中…

  5. ストローク

    「走らされても安定感」テニスの試合で差が出る前への動きと対応方法

    皆、しっかり練習してるかい?安定したショットと攻撃のショットの…

  6. ストローク

    錦織選手のような、「空中で止まって見える」トップスピンロブを打つ為に必要な4つのポイント

    最近のプロテニス界で、改めて注目されているショットの一つに「トップスピ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合、「ストレートを守っている相手」にこそ、ストレートを打っていこう
  2. サーブ

    「サーブの安定感は前足から」身体の開きを抑えて土台を残す意識が、試合で使えるサー…
  3. フットワーク

    反応が遅れる人が、注意したいポイント
  4. テニス リターン

    リターン

    「リターンをいつもふかしてしまう人」は、横向き抑えが足りず打球フラットになってい…
  5. テニス 不安

    メンタル

    テニス選手なのに見苦しい「試合に負けて、言い訳ばかりする人」の特徴5つ
PAGE TOP