テニス ストローク

ストローク

ストロークで強力な武器になる、「フォアハンドのライジングショト」を鍛える5つのコツ

ストロークを武器にしたい、強化したい人は、まずこの技術をレベルアップさせていきましょう。

現代テニスで、フォアハンドが弱いということは致命的。

でも、私たちのように練習環境が限られる、走力、腕力も限られるテニスでは、何が必要なのか。

私はライジングショット、に活路を見出したいと思っています。

 

ストロークで強力な武器になる、「フォアハンドのライジングショト」を鍛える5つのコツ

 

1.ライジングショットの基本を見直す

ライジングショット、皆さんしっかりイメージ出来てますか?

ボールがバウンドして、そのバウンドの軌道が頂点に達する前に打つ、のがライジングショット。

それも、高い打点で打てるフォアハンドは強力な武器になります。

意識したいのは、早く足を決めて高いテイクバックを取ること。

高い打点には、高い準備が絶対に必要です。

素早くボールのバウンド地点を見極めて、構えた状態を相手に見せ付けるくらいの意識で打っていきましょう。

 

2.逆クロスのコースが打ちやすい

私は、フォアハンドはどんどん「逆クロス」に打っていくことをオススメします。

右利きの相手のバックハンド側を狙うことにもなるし、逆クロスは打つ方向を見ながら打てるはず。

多少身体から近くても、強引にコントロールも出来ますしね。

クロス方向へのライジングショト、は実は簡単なようで難しいんですよ。

打点が少し後ろになっても応用が効く、逆クロス方向へのライジングショット、どんどん使っていきましょう!

 

3.相手を走らせるショットと組み合わせる

でも、実際は「どういう場面で、前に入ってライジングを打てば良いのか・・・?」と悩む方も多いはず。

ズバリ、相手を走らせたらすぐに前、に入りましょう。

そこで相手は山なりなショットで逃げてくるはず。

ボレーでも最高ですが、そこまで前に出る勇気が出ない人は、1歩前に入ってライジングショトを準備する。

相手に、戻る時間を与えないからテニスでは良い攻撃になるんですよね。

相手を走らせるショットと、ライジングショットの組み合わせは現代テニスの基本です。

 

4.どんどんフォアで回り込んでライジングショットを打つ

2.でも書きましたが、回り込むと逆クロスにも打ちやすい。

ライジングショトの魅力は、激しい連続攻撃、のストローク展開が出来ること。

自分で、どんどんフォアハンド側を空けて待って、相手を走らせていきましょう。

戻る時間を与えない、こういう展開は錦織選手が得意にしていたパターンです。

自分の中で、フォアハンドのライジングショットを攻撃の軸に置いてみる。

ミスしても、気にしない。

前に入って攻撃していく、連続で相手を走らせていくイメージで、普段から練習していきましょう!

 

5.リターンからの返球を、ライジングのフォアハンドで打つ!

これは、もう決めてポイントに入る。

相手のリターンが、浅くなることを想定してフォアハンドで回り込んでライジングショット。

シングルスの試合では、なかなかサーブ&ボレーは難しい・・・けど、こういう準備で3球目攻撃、ならやりやすいですよね。

もし深いリターンが来ても、慌てない。

でも、良いサーブだったら、ほとんどのリターンってサービスラインより浅い所でバウンドすると思いませんか?

こういう相手の小さいミス、を逃してはダメなんです。

 

今回は、主にどう使うか?の考え方について書いてみました。

意外と皆さん、使えるシチュエーションで使っていない。

強い選手を見てみて下さいよ、もうえげつないほどライジングのフォアハンド、打ってますよ。

これは技術の問題じゃない。

自分自身、徹底して攻撃に舵を切れるかどうか、でしょう。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  5. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー

関連記事

  1. ストローク

    「守りから攻撃、切り替え要注意ポイント」テニスの試合では常に自分の軸足をチェックすること

    テニスの試合を何度も経験していると、勝つためにはまず何が必要か見えて来…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    テニスでは攻撃的な時ほど、ラケットスウィングは小さくなる

    テニスの試合で、どこにミスが出やすいのか。それって、実は「攻撃…

  3. テニス メンタル
  4. テニス ストローク

    ストローク

    どの軌道のストロークなら、ポーチを無効化出来るだろう

    ダブルスの試合での雁行陣、ストローク同士の打ち合い。相手の前衛…

  5. ストローク

    「ボールの変化は最小限で」テニスのライジングショットは高地のコートだとより有効に

    夏に合宿を行ったテニス部は多いと思う。いつもの学校のテニスコー…

  6. テニス スライス

    ストローク

    「スライス限定で試合をしないといけない」と考えると、テニスの幅がグッと拡がります

    スライスを覚えたいけど、どうしてもスピンに頼ってしまう。そんな…

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    「視野を広げたい」テニスで相手にコースを読ませないショットには回転量が不可欠
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?…
  3. テニス メンタル

    戦術

    トップ選手ほど、自分を変化させることに貪欲だから強い
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「自分が対戦相手より格上か、格下か?」を測るには、セカンドサーブが良い基準になる…
  5. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、他人のアドバイスも自分のこととして聞いている
PAGE TOP