テニス ボレー

ストローク

相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ

シングルスでもダブルスでも、「バックハンド狙い」は避けて通れない。

アナタが実践する効果的な作戦は、相手もやってくる、のは当たり前。

だからこそ、準備しておきたいと思いませんか?

バックハンドにボールを集められても、逆に反撃出来る策を。

 

相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ

 

1.ネットに出る

バックハンドを攻められて苦しいのは、後ろにいるから。

高い打点で深い位置、でのストロークはどうやったってしんどいのです。

ダブルスなら、前に出てストロークではなくボレー戦に持ち込む。

バックハンドボレーは難しいかも知れませんが、相手にとっては後ろにいてくれる方が楽ですし、バック狙いがしやすいんですよね。

 

2.ライジングショットで下がらない

相手の狙いは、アナタのバックハンドで「チャンス」を引き出すこと。

深いボールで後ろに下げる、ことが狙いですので、それをさせない為に前に入る。

ライジングショットは、攻撃というより攻撃的な守備、として絶対に必要です。

ベースライン上、もしくは1歩前、のイメージで速く準備して足を決めて、高い打点で打てるようにしていきましょう。

 

3.スライスショットを混ぜていく

バックハンド狙い、にも色々あります。

ジワジワと緩いボールでバックに集めるようなときや、ハードヒットでガンガン来る、ときもあるでしょう。

いずれも、バックハンドで「スライス」が使えないと自分が戻る時間を稼げない。

スライスを使えると、相手も「この選手はバックハンド、粘り強いな・・・」と思って、フォア側への展開にシフトしてくれる可能性も高い。

スピンやフラットしかないと・・・恰好のバックハンド狙いの餌食、になりますよ。

 

4.緩いボールは回り込む!

基本ですが、これが一番効果的です。

「君のバックハンド狙い、もうばれてるよ!」というメッセージを、相手に送る。

そしてフォアハンドで攻撃していくことで、逆に相手の狙いを反撃する。

思い切って、先回りするくらいで良いと思いますよ。

フォアハンドのグリップで、山なりなバックハンド側のボールを仕留めてきましょう。

 

5.バックハンドのダウンザラインを磨く

相手は恐らく、フォアハンドの逆クロス、でアナタのバックハンドを攻撃してくるでしょう。

この戦術に対抗するには、やはりアナタ自身、「バックハンドでダウンザライン」に打てるショットが欲しい。

右利き同士なら、相手のフォアハンド側の空いているところ、を狙って打っていく。

そうすれば、相手も無理に回り込むのが難しくなって、バックハンド狙いが出来なくなる。

シングルスではぜひ、意識して練習してみて下さい。

 

バックハンド狙い、としっかり向き合うこと。

逃げるのではなく、逆に相手からの配球を攻撃に活かす。

これくらいの思い切り、がある選手がテニスでは結果を出していく。

まぁ、もうやってくることは分かっている訳ですからね。

後はしっかり、準備しておくだけでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. ストローク

    「ビビった時は・・・」テニスの試合で緊張する場面のストロークで意識することとは?

    ドリル練習を行う時、ディフェンスで繋ぐストロークと、チャンスボールを打…

  2. ストローク

    「ショートラリーで攻撃力アップ」ウォームアップからテニスの試合に必要な技術は身に付く!

    色んな学校の部活へ行ってテニスを教えているけど、毎回最初はショートラリ…

  3. テニス ストローク
  4. ストローク

    実際の試合のパッシングショットは、「ネットプレイヤーへの対抗策の一つ」です

    ネットに出てきた相手、または前衛の選手の横を速いストロークで抜いていく…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークの打点が近くなってしまう人は、「ラケットの先を使う」というイメージで振ればOK!

    ストロークの打点が近い方、意外と学生の皆さんの中でも多いように思います…

  6. ストローク

    前衛を視界に入れながら後衛に打つ、ショットのレベルを上げよう

    ダブルスの試合で、使えるショット。みなさんの意識って、どうでし…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    あるレベルを超えると、「試合の流れを断ち切るサービスエース」が打てる選手が増える…
  2. テニス メンタル

    戦術

    「まだ序盤だし、いつでも取り返せる」って、思ってない?
  3. ダブルス

    ダブルスの試合での、ボールを打っていない人の考え方
  4. テニス ポジショニング

    ストローク

    大坂選手のキレ味鋭いバックハンド、最高に現代風だから参考になる
  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスでのスマッシュは、「積極的に自分の足で打ちに行く」ことで、守備範囲は拡げら…
PAGE TOP