テニス ボレー

ストローク

相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ

シングルスでもダブルスでも、「バックハンド狙い」は避けて通れない。

アナタが実践する効果的な作戦は、相手もやってくる、のは当たり前。

だからこそ、準備しておきたいと思いませんか?

バックハンドにボールを集められても、逆に反撃出来る策を。

 

相手のバックハンド攻めを逆に活かす、試合で必要な発想5つ

 

1.ネットに出る

バックハンドを攻められて苦しいのは、後ろにいるから。

高い打点で深い位置、でのストロークはどうやったってしんどいのです。

ダブルスなら、前に出てストロークではなくボレー戦に持ち込む。

バックハンドボレーは難しいかも知れませんが、相手にとっては後ろにいてくれる方が楽ですし、バック狙いがしやすいんですよね。

 

2.ライジングショットで下がらない

相手の狙いは、アナタのバックハンドで「チャンス」を引き出すこと。

深いボールで後ろに下げる、ことが狙いですので、それをさせない為に前に入る。

ライジングショットは、攻撃というより攻撃的な守備、として絶対に必要です。

ベースライン上、もしくは1歩前、のイメージで速く準備して足を決めて、高い打点で打てるようにしていきましょう。

 

3.スライスショットを混ぜていく

バックハンド狙い、にも色々あります。

ジワジワと緩いボールでバックに集めるようなときや、ハードヒットでガンガン来る、ときもあるでしょう。

いずれも、バックハンドで「スライス」が使えないと自分が戻る時間を稼げない。

スライスを使えると、相手も「この選手はバックハンド、粘り強いな・・・」と思って、フォア側への展開にシフトしてくれる可能性も高い。

スピンやフラットしかないと・・・恰好のバックハンド狙いの餌食、になりますよ。

 

4.緩いボールは回り込む!

基本ですが、これが一番効果的です。

「君のバックハンド狙い、もうばれてるよ!」というメッセージを、相手に送る。

そしてフォアハンドで攻撃していくことで、逆に相手の狙いを反撃する。

思い切って、先回りするくらいで良いと思いますよ。

フォアハンドのグリップで、山なりなバックハンド側のボールを仕留めてきましょう。

 

5.バックハンドのダウンザラインを磨く

相手は恐らく、フォアハンドの逆クロス、でアナタのバックハンドを攻撃してくるでしょう。

この戦術に対抗するには、やはりアナタ自身、「バックハンドでダウンザライン」に打てるショットが欲しい。

右利き同士なら、相手のフォアハンド側の空いているところ、を狙って打っていく。

そうすれば、相手も無理に回り込むのが難しくなって、バックハンド狙いが出来なくなる。

シングルスではぜひ、意識して練習してみて下さい。

 

バックハンド狙い、としっかり向き合うこと。

逃げるのではなく、逆に相手からの配球を攻撃に活かす。

これくらいの思い切り、がある選手がテニスでは結果を出していく。

まぁ、もうやってくることは分かっている訳ですからね。

後はしっかり、準備しておくだけでしょう。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. + POWER CUP について
  3. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  4. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+
  5. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選

関連記事

  1. テニス ラケット

    ストローク

    ストロークでラケットを振り切るコツは、「ラケットを振り切ろう」とは思わないこと

    試合でストロークが振り切れない人。モヤモヤして、精神的にも安定…

  2. テニス スライス

    ストローク

    シングルスの試合こそ、「ロブの技術には精度」が求められる、その理由とは?

    シングルスの試合、強い選手の特徴って、どんな部分が目立ちますか?…

  3. テニス ストローク

    ストローク

    ラケットヘッドを立てれば「高い打点のストロークも回転をかけやすい」から女性にもお勧めです

    テニスのストロークラリーの中で、低いボールが苦手・・・という方も多いで…

  4. テニス 練習

    ストローク

    「ミスの対処能力がテニスの能力」テニスの試合の中で自分で修正していくコツとは?

    テニスでパーフェクト試合をしたことある?俺は無いんだけど、かつ…

  5. テニス シングルス

    ストローク

    テニスの試合でのストローク、「勇気があれば振り抜ける」わけではなく・・・ですよね?

    トップスピンでストロークを打つ時、当たり前だけどトップスピンの回転が掛…

  6. テニス 打点

    ストローク

    ライジングショットのコツが掴めない人は、ボールがバウンドする前からラケットを前に降り出そう

    ライジングショットを身に付けたい、と思ってもなかなか感覚が掴めないとい…

特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス知識

    これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスにおいて、どんな部分に「癖」は付きやすいのか?
  3. ロブ

    浅いボールをロブで切り返し、楽に崩す方法
  4. 戦術

    ミスをして良いポイントで、ミスは大丈夫
  5. テニス スマッシュ

    メンタル

    テニスの試合では、ポイントイメージが固まるまでポジションにはつかないこと
PAGE TOP