テニス メンタル

その他

テニスがプレー出来るというのは、「当たり前」では無いということ

毎年8月になると、私は何とも言えない気持ちになります。

真夏、テニスもインターハイや全日本ジュニア、インカレ、様々な試合が開催されるこの時期。

すごく古い、昭和な人間と思われるかも知れませんが・・・私は思うんです。

今この時代、だからこそテニスが出来る。

でもそれって、当たり前のことじゃないんだ、と。

 

テニスがプレー出来るというのは、「当たり前」では無いということ

 

1.テニスが出来るということに、心から感謝を込めて

私は、実は広島の出身でして。

高校生まで過ごした街は、8月という月を毎月迎えるにあたり、色々な感情が巡ります。

このT-PRESSのサイトを見て頂いている半数の方は、中学生から高校生、大学生の方でしょう。

そういった若い皆さんには理解しがたいことかも知れませんが、平和にテニスが出来る、自分がやりたいことが出来る、ということは当たり前のことじゃない。

一昨日は終戦記念日。

「何をそんな、辛気臭く?」と思うかも知れませんが、テニスが出来ることに感謝出来る人、選手は、確実に試合にも強くなります。

平和であること、それから何より、アナタ自身が健康であること。

これが、テニスを通じて自分の人生をより良く、豊かに過ごしていける条件、であることは覚えておいて下さい。

 

2.感謝出来る人は、感受性が豊かでテニスも上達出来る

何も、説教じみた話をするつもりはありません。

ただ、何かに感謝出来る人は、それだけ自分の感受性が豊かな人。

そういう人の周りには、自然と人や情報、良いオーラが集まるように出来ている。

逆に何ごとに対しても無関心で、ただ何となくテニスをしている人は、上達は難しいし試合にも勝てない。

いや、ちょっとした結果は出せるかもしれませんが、テニスを通じて良い人生を歩めるかと言えば、それは難しいでしょう。

日々、小さいことに感謝出来ること。

これって才能というよりは、気付きです。

いくつになっても、人はちょっとしたきっかけで変わることが出来る。

それがテニスである、という人をたくさん見て来ました。

だからテニスって、面白いんですよね。

 

3.テニスの先にある何か、を伝えたいと思い続けてます

テニスの試合に勝つ。

そのためのネタでありアイデア、ヒントを、私は書き続けているつもりです。

時にそれは、ある人にとっては間違った情報かも知れません。

そもそも、私の書いている内容はいわゆる「王道」からは外れてますしね。

でも、それでも、必要だと思うこと、私が実践してきたことは全て、書き出しているつもりです。

そして、テニスを通じて自信を付けて自己表現が出来る、その先の未来を皆さんと一緒に観たい。

テニスを通じて、より良い人生であり、より豊かな感情を持ってもらえれば、これほど嬉しいことはありません。

テニスの、その先にある何かを伝えたい。

8月になると、そういう気持ちがグッと湧き出て来るんですよね。

 

よく分からない文章になってしまいましたが、今もしアナタがテニスに悩んでいるなら、思い出して欲しい。

テニスを始めた頃のこと。

そして、今テニスが出来るのはたくさんの人の支えであり、環境、それからアナタ自身の健康、があってのことだということを。

いつ何時、テニスが出来なくなるかも知れない。

そうなっても良い、と思えるくらい、真摯にテニスと向き合えてますか?

私も今まで以上に、気を引き締めて記事を書いていきたいと思います。

2017年8月、読者の皆さんに感謝の意を込めて。

ピックアップ記事

  1. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  5. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…

関連記事

  1. その他

    「高西トレーニング遍歴」テニスの試合で使える体力を順序を追って身に付けていく

    32歳で選手活動を引退したんだけど、一番プレーが充実していたのは、引退…

  2. テニス メンタル
  3. テニス ミーティング
  4. テニス 環境

    その他

    どんなに大事な試合に勝利したときにも、「敗者への配慮」を忘れてはいけない

    最近、特に気になることがあります。学生の皆さんやジュニアの大会…

  5. テニス トレーニング

    その他

    「俺はムキムキだぜ。」テニス選手でも陥るトレーニング中毒に注意!

    幼稚園の頃に喘息に掛かり、小学生の低学年の頃までは病院にお世話になりっ…

  6. その他

    「こんな奴とはテニスの練習をしたくない!」と感じてしまう人の特徴4つ

    普段練習している仲間でも、「正直コイツとはあまり練習したくないな・・・…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークの超基本、「バウンドに合わせてラケットを引かない」を実践できている人は…
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    初対面の人とペアを組むときに、意識したいコミュニケーション4つ
  3. その他

    「男は分析して満足」な生き物だから、テニスで落とし穴にはまりやすい
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「失敗が怖い」ということは、メンタルが弱いことには結びつかない
  5. テニス ダブルス

    戦術

    試合に振り回されるのか、自ら試合を主導するのか
PAGE TOP