テニス メンタル

メンタル

イップスの経験こそが、テニス選手のスタートライン

プロ野球の試合でも、最近「イップス」という言葉がニュースでもよく出て来ますね。

色々な解釈があるようですが、要は精神的に不安定になってボールを投げたり打ったり、出来なくなる現象、のこと。

テニスでも、たくさんの選手が悩んで来たと思います。

それって、メンタルが弱い選手だから?性格の問題?

いえ、そんなことは無いと思います。

イップスの経験こそが、テニス選手のスタートライン

1.イップスを経験していないテニス選手なんて、底が浅い

私は、そう思います。

色々偉そうに書いてますが、高校2年生、大学3年生くらいのときに、怖くてサーブのトスアップが出来なくなったこともある。

見習いのテニスコーチ時代には、球出しの手が震えて何も出来なくなって、コートから出さされたこともある。

これらの経験、私は恥ずかしいと思ったことは無いです。

いや、当時はすごく苦しくて苦い思い出・・・ですけどね。

それくらい、真剣にテニスと向き合ってましたから。

きっと読者のみなさんの中にも、イップスとまではいかなくとも緊張に悩まされた、今も悩まされている人、いると思います。

声を大にして言いたいのは、その経験が出来てこそのテニス選手、だということ。

イップスを知らないテニス選手なんて、私は何の興味も沸きません。

2.自分の弱さを知らない選手は、強くなれない

自分の血を見る、ようなもの。

戦いって、自分の血を見てからが本番、ですからね。

テニスもネットを挟んだ格闘技、みたいなもの。

激しい主張がぶつかり合い、勝利を得ようと必死になる、だからこそイップスにもなるんです。

勝ちたい、そして負けたく無いという想いが無い選手は、そもそも経験自体出来ないことです。

イップスを経験してからが、私は本当の意味でのテニス選手のスタート、だと思いますよ。

自分の弱さを知る、という意味では。

3.イップスは必ず、乗り越えることが出来る

もし今、悩んでいる人がいれば焦る必要は全くありません。

それはアナタが真剣に勝ちたい証拠、ですから。

むしろ誇りに思った方が良い。

自分を責めるのではなく、自分と向き合う。

自分の弱さを受け入れて、強くなっていくステップだと思って欲しい。

試合って、苦しいことの繰り返しですから。

イップスを乗り越えた先に、必ず強くなった自分、そして勝利があるはずです。

何の参考にもなりませんが、T-PRESSもそんなアナタを応援する一人、であることは覚えておいて下さい。

アナタが目標としている選手、強いと思う県内No.1の選手だって、絶対に悩んだ経験があるはず。

ラケットを振れない、そんな自分を責めて苦しめないようにだけ・・・は、意識して欲しいと思います。

イップスを経験して、乗り越えてまた経験する。

この繰り返しは、テニスで真剣勝負している限りずっと付いて回ると覚悟する。

そんなの辛過ぎる?

いや、これを楽しめるような選手に、アナタ自身なって欲しいというのが私の願いです。

ピックアップ記事

  1. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  2. メルマガ配信、登録を開始します!
  3. 【プロトレーナーに聞いてみた!】痙攣対策とアミノ酸について
  4. 【満員御礼】佐藤・土居ペアに挑戦&プチレッスン企画 開催します
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. メンタル

    良くない自分を、試合中に認めることで勝機を見出す

    今日の自分は、イマイチだ。そう感じたら、試合はどうですか?…

  2. テニス メンタル

    メンタル

    「練習では色々出来るのに、試合になると何も出来ない」人は、どんな意識で試合に臨めば良い?

    練習と試合では、やっていることが違い過ぎる人。練習では得意なシ…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合が終わっても、アナタのテニス選手としての仕事は終わってはいない

    私はすごく、感じることがあります。テニスの試合で、「あ、この人…

  4. テニス ダブルス

    メンタル

    試合での対戦相手だって、「ミスをする人間」ですから

    本当に、気持ちの持ちよう一つだと思うんです。テニスの試合で力を…

  5. テニス リターン

    メンタル

    「決まった!」と思う癖を無くさない限り、いつまで経っても詰めの甘いテニス選手で終わります

    昨日の錦織選手とジョコビッチ選手の試合、長いラリーの応酬・・・が多かっ…

  6. テニス ボレー

    メンタル

    テニスの試合で「粘るプレイヤー」に対しては、緩急の「緩」の返球を狙いポイントを獲ること!

    テニスの試合、特に団体戦では「粘り」が得意な選手が力を発揮することが多…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス ダブルス

    ボレー

    大事な場面で前衛としてポーチ、心構えで9割が決まる
  2. テニス 観察

    サーブ

    サーブで狙うコースが安定しないときには、「ボディからセンター」みたいな感じで良い…
  3. ダブルス

    沈められたら繋ぐ、そんな相手はやりやすい
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「下がりながらやっと届いたバックハンドハイボレー」から態勢を戻しつつ攻撃する、ア…
  5. 練習メニュー

    「部活の練習の雰囲気を変える!」勝てるチームが実践している、競争原理に基づく工夫…
PAGE TOP