テニス スマッシュ

ボレー

厳しいボールを飛びついてボレーキャッチ、のときには「ボールの少し下」を触ろう

守備力が高い選手は、ボレーも上手い。

特に、相手から打ち込まれた場面ですよね。

足元に打たれても、触れる範囲ならしっかり返球する。

この意識、凄く試合では大事です。

 

厳しいボールを飛びついてボレーキャッチ、のときには「ボールの少し下」を触ろう

 

1.相手のチャンスを「諦めない」心を持つことは大事

テニスの試合、良く観ると諦めが早い人は多い。

相手のチャンス、特に打ち込まれるような場面では、もう背を向けて逃げてしまう。

確かに、顔に当たるのが怖いし危ない場面はありますけどね・・・冷静に相手を見れば、意外と触れるボールもあるはず。

そう、このまずは「触る」という意志が大事。

そして、触れたなら返球出来る、という強い自信を持てるように練習していきましょう!

 

2.ボールの下を触れば山なりなボレー、が打てるはず

相手の攻撃をしのぐには、ボールを上方向に飛ばしたい。

足元に打たれたようなボールも、一旦フワッと返球して時間を作りたいですよね。

これには、漠然と待つのではなく「ボールの下を触ろう」と思って待ち構えること。

スタンスは広く、態勢を低くして待ち構える。

グリップもしっかり、薄目で待ちましょう。

丁寧に、ラケットを合わせていく意識があれば守備力は各段に上がるはずです。

 

3.狙いは「相手前衛の頭の上」で良い

ダブルスなら、相手の前衛の上、を狙いたい。

「攻撃されてるのに、狙うなんて・・・無理!」と思わずに、ラケット面をどう作れば相手前衛の上に飛ぶのか、を考えておく。

漠然と下を触って上方向、の方が中途半端でやり辛いはず。

普段の練習から、このカウンターの意識は強く持っておきましょう。

攻撃されているときこそ、上に逃げて反撃するチャンスがある、と。

ポイントはボールのどこを触るか、です!

 

実際、相手の攻撃をしのぐのはそんなに難しくないです。

ボール自体に力があるのでその向きを変えてあげる、ような感じですよね。

ダブルスの試合、触れるボールは上に打つ、そしてしっかり反撃のチャンスを伺う。

こういう1プレーが出来る選手は、試合でも強いです。

ピックアップ記事

  1. ご質問頂いた件につきまして
  2. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  3. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!

関連記事

  1. ボレー

    「ボレーで打つコースを隠す」ことができれば、ゆっくりしたボールでもポイントが獲れる

    テニスにおいて、ネットプレーでポイントが獲れない選手に共通しているのが…

  2. テニス ダブルス
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合、相手ネットプレイヤーに足元を攻撃されても、「面だけ作るロブボレー」が打てれば反撃できる…

    ダブルスでの試合、前衛にいるときには相手の前衛に攻撃されるケースも多い…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ボレーが上手く打てない人は、「外側から内側へ」ラケットを動かしてみよう

    ボレーが上手くコントロール出来ない方に、オススメしたいコツ。色々あ…

  5. テニス 言葉

    ボレー

    ネットに詰めて、相手のいないところに落とすから決まる

    ダブルスが上手くなっている、と急に感じる瞬間。これは、きっとみ…

  6. ボレー

    やっと届いたハイボレー、逆クロスにしか打てないはず

    相手のロブが良い、手を伸ばしてやっと届いた時・・・コースはどうでしょう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ガット

    サーブ

    試合で良いサーブを打った後に、「次の攻撃に備えてグリップチョイス」が出来てますか…
  2. スマッシュ

    余裕があるときのスマッシュでも、ダブルスではしっかり声を出して打っていこう!
  3. テニス スライス

    フットワーク

    テニスにおける「ネットプレーで広い守備範囲」を身に付ける為に必要なフットワークの…
  4. ダブルス

    みっともないミックスダブルスをした男性ほど、その後のテニスは強くなる
  5. ボレー

    ドロップボレーは、反応で打てるようになろう
PAGE TOP