テニス スマッシュ

ボレー

厳しいボールを飛びついてボレーキャッチ、のときには「ボールの少し下」を触ろう

守備力が高い選手は、ボレーも上手い。

特に、相手から打ち込まれた場面ですよね。

足元に打たれても、触れる範囲ならしっかり返球する。

この意識、凄く試合では大事です。

 

厳しいボールを飛びついてボレーキャッチ、のときには「ボールの少し下」を触ろう

 

1.相手のチャンスを「諦めない」心を持つことは大事

テニスの試合、良く観ると諦めが早い人は多い。

相手のチャンス、特に打ち込まれるような場面では、もう背を向けて逃げてしまう。

確かに、顔に当たるのが怖いし危ない場面はありますけどね・・・冷静に相手を見れば、意外と触れるボールもあるはず。

そう、このまずは「触る」という意志が大事。

そして、触れたなら返球出来る、という強い自信を持てるように練習していきましょう!

 

2.ボールの下を触れば山なりなボレー、が打てるはず

相手の攻撃をしのぐには、ボールを上方向に飛ばしたい。

足元に打たれたようなボールも、一旦フワッと返球して時間を作りたいですよね。

これには、漠然と待つのではなく「ボールの下を触ろう」と思って待ち構えること。

スタンスは広く、態勢を低くして待ち構える。

グリップもしっかり、薄目で待ちましょう。

丁寧に、ラケットを合わせていく意識があれば守備力は各段に上がるはずです。

 

3.狙いは「相手前衛の頭の上」で良い

ダブルスなら、相手の前衛の上、を狙いたい。

「攻撃されてるのに、狙うなんて・・・無理!」と思わずに、ラケット面をどう作れば相手前衛の上に飛ぶのか、を考えておく。

漠然と下を触って上方向、の方が中途半端でやり辛いはず。

普段の練習から、このカウンターの意識は強く持っておきましょう。

攻撃されているときこそ、上に逃げて反撃するチャンスがある、と。

ポイントはボールのどこを触るか、です!

 

実際、相手の攻撃をしのぐのはそんなに難しくないです。

ボール自体に力があるのでその向きを変えてあげる、ような感じですよね。

ダブルスの試合、触れるボールは上に打つ、そしてしっかり反撃のチャンスを伺う。

こういう1プレーが出来る選手は、試合でも強いです。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレーの基本はラケットヘッドを立てる」だけだと、低いボールの処理が難しい

    低い位置でのボレー、出来ることなら打ちたくないショットですよね。…

  2. テニス ロブ

    ボレー

    ネットにいる相手に向かって、沈めて前に出る勇気を持てる選手は強い

    「あ、この人は試合慣れしているな」と、感じるプレー。みなさんは…

  3. ボレー

    少し前に出るだけで、前衛は効果大

    ダブルスで前衛、ネット近くに立っているつもり。それって、本当に…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ

    ダブルスの試合、前衛で「落ち着いている人」いますよね。すごく上…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    試合で意外とよく使う「ハーフボレーの感覚が分からない・・・」人は試して欲しい4つのアイデア

    ハーフボレー、しっかり返球できるとネットプレーに隙が無くなります。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合で、「相手のドロップボレーを見切る裏技」を公開します

    テニスの試合、いかに「予測」が大事かは何度も書いてきました。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き
  1. テニス メンタル

    戦術

    「省エネテニス」に必要なテニスの試合でのボールスピード、コースのコントロール術
  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーは、「スライス回転をかけるから安定する」ことに気付けると、テニスはもっと楽…
  3. テニス ストローク

    ストローク

    振り回されてボールを追えないのは、メンタルが弱いのではなくて「技術不足」
  4. テニス ストローク

    戦術

    テニスの試合で、主導権を握る方法5つ
  5. テニス ロブ

    ストローク

    身長が高いテニスプレイヤーは「ボディへのアタック」から崩す、が大原則です
PAGE TOP