テニス ミス

ダブルス

格上相手のダブルスペアに勝つなら、「リターンにポーチで飛び込む勇気」が絶対に欠かせない

「格上のダブルスペアを倒したい」

そう考えている人に、何度も書いてきたテーマですが、改めて書いて置きたいと思います。

格上ペア相手に、やらなければいけないこと。

それはまず、勇気を持つことから始まります。

 

格上相手のダブルスペアに勝つなら、「リターンにポーチで飛び込む勇気」が絶対に欠かせない

 

1.「怖い」と思うのか、「やってやろう!」と思うのか

結論から言えば、相手リターンに前衛がポーチで飛び込む。

これだけです。

飛び込む、と言ってもガムシャラに飛びつくのではなく、味方パートナーがサーブを打った瞬間にセンターストラップ付近に前衛が詰める。

ストレートは捨てて、後衛に任せる。

これを、ほとんどの選手は「怖い」と思ってやらない。

そして普通に戦って、普通に2-6くらいで負けていく。

そんな試合が、テニスでは普通なんです。

「やってやろう!」と、思えるかどうか。

それはアナタ次第です。

 

2.「怖い」と思うのには2種類の理由がある

1つは、ボールが速いという恐怖心。

相手は強いペアですから、強力なリターンが来るのは間違いない。

身体に当たったら痛そうだし・・・と思うと、ついストレートを守って逃げておきたくなる。

もう一つの「怖い」と思う理由は、「自分が失敗する」という怖さ。

ポーチに出てミスしたら、どうしよう・・・と思って、結果的に後衛任せになってしまう。

この両方の恐怖心を、アナタはしっかり克服していかないといけないのです。

そう、試合前から勇気を持って自分にコミットする。

相手リターンの恐怖心に負けない、しっかりポーチに出る、と心に決めてやりきること。

それが出来れば、きっと格上ペアにも勝利は見えてきます。

 

3.「確率論」で冷静に考えてみよう

私がいつも考えるのは、これは「ポーチに出る」のと「後衛同士が戦う」ので、どちらがポイントを獲れる確率が高いんだろうという点。

もう試合中は、これだけです。

私が格上のペアなら、後衛勝負で負ける気がしないのでポーチに出てこない、おとなしい前衛の方が絶対に楽。

どんなに強力なリターンでも、相手にネット近くで触られたら、そりゃ嫌ですよ。

例えそれがミスになっても、次からリターンでは色々考えてしまう。

この段階までもっていかないと、格上ペアにダブルスの試合で勝なんて無理。

前衛の選手がポーチに出る勇気を持たないと、試合にならないと思っておいて間違いないです。

 

「そんなことしたって、簡単にストレート打たれて終わりだよ」

と思う方も、多いでしょう。

確かにそうかも知れません。

ですが、ストレートに展開させた時点で、何かいつもと違う動き、になったと思いませんか?

後衛がそのボールを走って拾う、チェンジプレーを作戦で使えば良いだけの話。

やってみようと思うのか、まだ怖いと思って動かないままなのか。

全ては、アナタ次第です。

ピックアップ記事

  1. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」

関連記事

  1. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのストレートアタックは、そのままボレー戦に持ち込むつもりで前に踏み込もう!

    ダブルスのストレートアタック、皆さん試合で実践出来てますか?「…

  2. テニス ダブルス
  3. ダブルス

    雁行陣の前衛に必要な、洞察力について

    雁行陣での戦いで、しっかり攻撃的にプレーしたい。でも、しっかり…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「アレーを捨ててでもセンターを守る」並行陣が強い

    2人でネットに出る並行陣。ここには、実は大きな秘密が隠されてい…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスでは、「前衛にも複数のポジション」がある

    自分がダブルスの前衛のポジションにいるとき、どのくらいの「パターン」を…

  6. テニス ミス

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合では、「女性側に上げるロブの精度」に実力差が最も現れます

    ミックスダブルスで、まず狙われるのは女性の頭上。これはどのレベ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    現代のストロークのパワーの源は、「高い位置での速いテイクバック」から生まれる
  2. テニス ダブルス

    戦術

    試合に振り回されるのか、自ら試合を主導するのか
  3. テニス ミス

    その他

    「テニスの試合は過酷である」真夏の暑さ対策として大切な「汗」について
  4. ボレー

    今一度確認しておきたい、ボレーの基本5つ
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスに強い人は、弱っている後衛を前で助けることが出来る
PAGE TOP