テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合で取り入れたい、チェンジプレーの基本4つ

ダブルスの試合、積極的に入れて欲しい作戦。

それは、チェンジプレーです。

前衛の選手がクロスにポーチに出て、そのまま担当ポジションをチェンジする。

ぜひ、初心者の方でも取り入れて欲しい作戦、そのポイントを紹介します

 

ダブルスの試合で取り入れたい、チェンジプレーの基本4つ

 


 

1.サーブを打ったらすぐにポジションチェンジ

ここに、迷いは必要ありません。

思い切って、前衛がクロス方向に飛び出して、サーブを打った人は反対側のサイドへ走る。

相手がどこに打って来ても、この作戦を実行する決意が大事です。

ポジション変更、は必須ですので思い切って。

担当のエリアが変わること、を意識しましょう。

 

2.クロスロブは捨てる

クロスのロブ、をもし打たれたら・・・これは、ある意味仕方ない。

捨てる、くらいの意識が大事です。

「追えば、間に合うかも・・・」と思うかも知れませんが、サーブを打った選手は反対側、つまり前衛がいたサイドに走りますので、速いクロスロブは捨てるくらいでちょうど良い。

この覚悟、があるからこそ他のエリアをしっかり守ることが出来るのです。

もちろん、ポワーンとしたクロスロブ、であれば追いかけて返球しましょう!

 

3.ポイントを取られても、やるだけで成功

この意識、が大事です。

相手に、思い切った作戦、チェンジプレーを見せておくことが大事。

失敗しても、次から普通にクロスにリターンは出来なくなりますからね。

思い切ってチェンジプレー、をしっかり行うこと、やり切ることが大事。

しっかりポイント前に打ち合わせして、ペアを信じて走ってチェンジ!しましょう

 

4.チェンジプレー後は、その効果を活かすことに注力

大事なのは、こういったチェンジプレーをした後の試合の進行指針。

相手は、「思い切った動きしてくるな・・・ストレート、クロスロブを打たないとな・・・」と、考えるでしょう。

この心理を、しっかり利用したい。

きっと、まともなクロスへのリターンは少なくなる、プレッシャーがかかるはず。

ストレートへのリターン、も増えるでしょう。

それを逃さず、チェンジプレーの後はストレートケア、のように組み合わせていきましょう。

 

しっかり、しっかり実践する。

ことをまずは意識する。

「ボレーは苦手だから・・・」と思っている方、発想を変えましょう。

苦手だから、「上手いフリ」が出来るのがチェンジプレー。

思い切って、前衛が動いていくことで、ダブルスの試合の勝率は上がります。

そう、格上相手にも、です。

ピックアップ記事

  1. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選
  2. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  3. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  4. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスでパートナーが、完全に外に追い出されたら…どうする?

    ダブルスの試合で、自分のパートナーがコートの外に追い出される。…

  2. ダブルス

    「意外とこれがポーチチャンス!」パートナーのセカンドサーブがテニスの試合では勝負の分かれ目に

    ダブルスの試合の中でポーチボレーをちゃんと仕掛けている?せっか…

  3. ダブルス

    ストレートロブを抜かれた後、抜いた後のダブルスの戦術について

    ダブルスの試合で、よくあるストレートロブを抜かれた後の展開。後…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    「ミックスダブルス初心者は、まずこう戦おう!」基本となる作戦5つ

    「ミックスダブルス、一緒に出ない?」と誘われること、きっと社会人になっ…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    「ダブルスは片方のペアの集中狙い」が有効?やるならまず序盤に徹底的に、です!

    ダブルスの試合でしばしば議論にあがる、この問題。相手ペアに実力…

  6. テニス 前衛

    ダブルス

    テニスの試合に強いダブルスペアは、「勝利の為ならプライドを捨てる」勇気がある

    テニスの試合、第1シードが圧倒的な強さを見せて勝ち上がる。そん…

特集記事

  1. 戦術

    相手の武器は、全力で潰しにいくこと
  2. テニス ストローク

    リターン

    片手バックハンドのリターンは、ココを意識すると上手くいく!
  3. テニス ストローク

    メンタル

    テニスを続けていて、身体と技術の成長は見えるけど「心の成長は見えない」から、難し…
  4. テニス 粘り

    ストローク

    肩を入れて逆クロス、にドロップショットを打ってみよう
  5. テニス ダブルス

    フットワーク

    試合の中で、「スプリットステップを忘れてしまう」人が意識したいポイント5つ
PAGE TOP