テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合で取り入れたい、チェンジプレーの基本4つ

ダブルスの試合、積極的に入れて欲しい作戦。

それは、チェンジプレーです。

前衛の選手がクロスにポーチに出て、そのまま担当ポジションをチェンジする。

ぜひ、初心者の方でも取り入れて欲しい作戦、そのポイントを紹介します

 

ダブルスの試合で取り入れたい、チェンジプレーの基本4つ

 


 

1.サーブを打ったらすぐにポジションチェンジ

ここに、迷いは必要ありません。

思い切って、前衛がクロス方向に飛び出して、サーブを打った人は反対側のサイドへ走る。

相手がどこに打って来ても、この作戦を実行する決意が大事です。

ポジション変更、は必須ですので思い切って。

担当のエリアが変わること、を意識しましょう。

 

2.クロスロブは捨てる

クロスのロブ、をもし打たれたら・・・これは、ある意味仕方ない。

捨てる、くらいの意識が大事です。

「追えば、間に合うかも・・・」と思うかも知れませんが、サーブを打った選手は反対側、つまり前衛がいたサイドに走りますので、速いクロスロブは捨てるくらいでちょうど良い。

この覚悟、があるからこそ他のエリアをしっかり守ることが出来るのです。

もちろん、ポワーンとしたクロスロブ、であれば追いかけて返球しましょう!

 

3.ポイントを取られても、やるだけで成功

この意識、が大事です。

相手に、思い切った作戦、チェンジプレーを見せておくことが大事。

失敗しても、次から普通にクロスにリターンは出来なくなりますからね。

思い切ってチェンジプレー、をしっかり行うこと、やり切ることが大事。

しっかりポイント前に打ち合わせして、ペアを信じて走ってチェンジ!しましょう

 

4.チェンジプレー後は、その効果を活かすことに注力

大事なのは、こういったチェンジプレーをした後の試合の進行指針。

相手は、「思い切った動きしてくるな・・・ストレート、クロスロブを打たないとな・・・」と、考えるでしょう。

この心理を、しっかり利用したい。

きっと、まともなクロスへのリターンは少なくなる、プレッシャーがかかるはず。

ストレートへのリターン、も増えるでしょう。

それを逃さず、チェンジプレーの後はストレートケア、のように組み合わせていきましょう。

 

しっかり、しっかり実践する。

ことをまずは意識する。

「ボレーは苦手だから・・・」と思っている方、発想を変えましょう。

苦手だから、「上手いフリ」が出来るのがチェンジプレー。

思い切って、前衛が動いていくことで、ダブルスの試合の勝率は上がります。

そう、格上相手にも、です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?

関連記事

  1. ダブルス

    何度でも書きますが、「ストレートを抜かれる前衛」こそ使える前衛です

    ダブルスの試合、「良い前衛」ってどんな前衛か?と聞かれると、私…

  2. テニス ボレー

    ダブルス

    並行陣が難しいと感じる人は、ミニ雁行陣だと思えば良い

    どうしても、「並行陣」というのが難しいと感じる方へ。テニススク…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で必要な、「ペアでのメンタルの切り替え方」はトレーニングで養えます!

    ダブルスの試合、勝っているときは全く問題無いけど・・・。試合の…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合、セカンドサーブこそポーチチャンス

    普通に考えると、ピンチな状況。こういう場面にこそ、実はテニスで…

  5. ダブルス

    強い並行陣は、後衛のポジショニングに秘密有り!

    並行陣で、手堅くプレーしていく。安定感のあるダブルスは、ミスが…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合では、相手が自信を持っているボールを前衛が潰せば勝てる

    ダブルスの試合で、強い相手を倒したい。だったら、この作戦は欠か…

特集記事

  1. テニス サイト

    ストローク

    ショートラリーで振り切ってラリー、ちゃんと出来ますか?
  2. テニス ダブルス

    フットワーク

    「結果的に入っても取れる」フットワークを
  3. テニス 準備

    その他

    自分のテニスが好調なときは、しっかり気を付けたい5つのポイント
  4. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合でサーブが入らなくなると、つい「顔の近くで打ちたくなってしまう」から…
  5. ボレー

    テニスのネットプレーで、「ハイボレーで横回転をかける」ことが上級者への大事なステ…
PAGE TOP