テニス ダブルス

ダブルス

ミックスダブルスで女性に深くボレー、「ロブケアとセット」で考えること

目次

ミックスダブルスで、女性を攻撃していくときに気を付けたいこと。

うかつにどんどん前、にいくと彼女たちの得意技を引き出してしまう。

大事なのは、次のボールをセットで考えること。

これが出来ない男性選手は、まずミックスダブルスで勝てないでしょう。

 

ミックスダブルスで女性に深くボレー、「ロブケアとセット」で考えること

 


 

■ミックスダブルスでの女性は、「ロブの使い手」になる

男子ダブルスと女子ダブルスでの大きな違い、それは「ロブの使い方」でしょう。

男子ダブルスなら、ロブはトップスピンロブが中心で攻撃の一種。

でも女子ダブルスなら、それは守備的なロブでも使われる機会が多い。

ミックスダブルスでは・・・やはり女性は、ロブを上手く使うことに慣れている。

まずここをふさいでおかないと、男性といえどもいなされて後ろのスペースを活用されてしまう。

特に深いボレーで追い込んだとき、には注意が必要です。

 

■ロブをふさいでしまえば、ほとんどの女性選手は手詰まりになる

つまり、深いボレーを打ったら、詰め過ぎない。

または前に詰めるフリをして、後ろをケアする。

これが出来る男性選手は、絶対にミックスダブルスで強い。

相手の女性は、ロブをしっかりケアされると手詰まりになる可能性が高いですよね。

手詰まりになると、無理やりなパッシングが増えて、女性らしい粘りが無くなって自滅してくれる。

そんな流れを作っていくと、試合では効果的です。

 

■ミックスダブルスの女性を、絶対に侮るな!

草トーに出てくるようなミックスダブルスペアは、本当に試合慣れしている。

ミックスダブルス自体に慣れていない学生の皆さんは、上手くいなされてやられてしまう。

良い機会ですので、打った後のポジショニングを磨く良い機会にして欲しい。

そう考えると、ミックスダブルスのトレーニングって、侮れない。

女性も侮れない。

しっかりロブをケアしていても、なかなか一発では崩せないでしょう。

とにかく準備と根気良さ、がミックスダブルスには必要です。

 

深いロブ、を打たれると必ずロブを上げる選手は意外と多い。

それなのに、前に前に・・・と攻めるだけだと、いつまで経っても試合には勝てない。

相手に打たれる、のではなく打たせる。

ロブだってしっかり待っていれば、しっかりスマッシュ出来る。

ミックスダブルスでは特に、ボレーとロブケア、セットで考えられるようにしましょうね。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「並行陣から引き出したチャンスボール」を、どう後衛から攻めるか?を考えてみる

    社会人になると、プレーする機会が増える並行陣。ストロークは「沈…

  2. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスに試合で「ポーチに出る良いタイミング」は、相手の打点が低いときに限る

    ダブルスの試合で、流れを大きく動かすのはやはりポーチ。前衛の動…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合では、「前衛が触った瞬間にペースアップする」ことを頭に入れておこう

    ダブルスの試合、シングルスとの大きな違いとして意識したいこと。…

  4. テニス 練習

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、味方のサーバーがまだボールを下に突いているときにできる、フェイントとは?

    ダブルスにおける心理戦、それが一番激しいのはどこの場所か分かりますか?…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    4人全員がネットについた4アップの状態では、「シンプルにセンター狙い」を徹底していこう

    人は、慣れていない視界が広がると慌ててしまう。ダブルス慣れして…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合で、「若手ペアに勝てない・・・」と悩むシニアのペアの方へ

    早速、今回頂いたアンケートの中から少しだけ。ベテラン、シニアのみな…

特集記事

  1. テニス 練習

    ボレー

    なぜ、上級者のドロップボレーは触れないのか?
  2. テニス ミス

    その他

    「テニスの試合は過酷である」真夏の暑さ対策として大切な「汗」について
  3. テニス ストローク

    ストローク

    「俺はずっと、これでいく」テニスの片手バックハンドストロークが優れていると思う4…
  4. テニス 雪

    日々の雑記

    私はこれからも、「決断する人」をテニスを通じて応援していきます
  5. テニス ストローク

    ボレー

    ローボレーが苦手な人が身に付けたい、「掴んで放すスライスボレー」のコツ4つ
PAGE TOP