テニス ダブルス

ダブルス

ミックスダブルスで女性に深くボレー、「ロブケアとセット」で考えること

ミックスダブルスで、女性を攻撃していくときに気を付けたいこと。

うかつにどんどん前、にいくと彼女たちの得意技を引き出してしまう。

大事なのは、次のボールをセットで考えること。

これが出来ない男性選手は、まずミックスダブルスで勝てないでしょう。

 

ミックスダブルスで女性に深くボレー、「ロブケアとセット」で考えること

 


 

■ミックスダブルスでの女性は、「ロブの使い手」になる

男子ダブルスと女子ダブルスでの大きな違い、それは「ロブの使い方」でしょう。

男子ダブルスなら、ロブはトップスピンロブが中心で攻撃の一種。

でも女子ダブルスなら、それは守備的なロブでも使われる機会が多い。

ミックスダブルスでは・・・やはり女性は、ロブを上手く使うことに慣れている。

まずここをふさいでおかないと、男性といえどもいなされて後ろのスペースを活用されてしまう。

特に深いボレーで追い込んだとき、には注意が必要です。

 

■ロブをふさいでしまえば、ほとんどの女性選手は手詰まりになる

つまり、深いボレーを打ったら、詰め過ぎない。

または前に詰めるフリをして、後ろをケアする。

これが出来る男性選手は、絶対にミックスダブルスで強い。

相手の女性は、ロブをしっかりケアされると手詰まりになる可能性が高いですよね。

手詰まりになると、無理やりなパッシングが増えて、女性らしい粘りが無くなって自滅してくれる。

そんな流れを作っていくと、試合では効果的です。

 

■ミックスダブルスの女性を、絶対に侮るな!

草トーに出てくるようなミックスダブルスペアは、本当に試合慣れしている。

ミックスダブルス自体に慣れていない学生の皆さんは、上手くいなされてやられてしまう。

良い機会ですので、打った後のポジショニングを磨く良い機会にして欲しい。

そう考えると、ミックスダブルスのトレーニングって、侮れない。

女性も侮れない。

しっかりロブをケアしていても、なかなか一発では崩せないでしょう。

とにかく準備と根気良さ、がミックスダブルスには必要です。

 

深いロブ、を打たれると必ずロブを上げる選手は意外と多い。

それなのに、前に前に・・・と攻めるだけだと、いつまで経っても試合には勝てない。

相手に打たれる、のではなく打たせる。

ロブだってしっかり待っていれば、しっかりスマッシュ出来る。

ミックスダブルスでは特に、ボレーとロブケア、セットで考えられるようにしましょうね。

ピックアップ記事

  1. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「相手の前衛がポーチに出るタイミング」を、アナタは先読み出来ていますか?

    ダブルスの前衛として、試合で一番考えることは何か?やっぱり後衛…

  2. テニス 調子

    ダブルス

    「ダブルスペアとのポイント間の話し合い」って、テニスの試合で実際どうやってる?

    コンビネーションが大切なダブルスでは、当然パートナーとのコミュニケーシ…

  3. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう

    ダブルスの試合で、例えば・・・打ち合わせしていないポーチに、つい身体が…

  4. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

    プロのテニスの試合を見ていると、特にダブルスは、「1回のブレイク」がセ…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのセンターセオリー、が分からない人の為に必要な5つのアイデア

    「センターセオリー」と言われても、何をやったら良いのか分からない・・・…

  6. ダブルス

    ダブルスでのストレートケアとは、前衛が前に詰めることです

    ここの部分、もう一度ハッキリさせておきましょう。ダブルスの試合…

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事
  2. テニス 夜

    メンタル

    テニスの試合で格上相手に勝ちたければ、「アナタが格下相手にやられて嫌なこと」を徹…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合が終わっても、アナタのテニス選手としての仕事は終わってはいない
  4. テニス チャンス

    戦術

    試合中の自分のリードは、守るんじゃなくて投資に使う
  5. 日々の雑記

    最近インスタグラムで見つけた、面白いトレーニング動画
PAGE TOP