ダブルス

テニスにおいて、前衛は2種類しかいない

目次

私が試合に出ていて、感じること。

ダブルスの試合、前衛って大きく分けて2種類しかいない。

この事実、アナタ自身もっと深く考えておくことをお勧めします。

自分は、どうなのか。

今日の対戦相手は、どうなのか。

2種類だけと思えたら、対策も立てやすいと思いませんか?

 
 

動く前衛か、動かない前衛か

自分で動くのか、動かないのか。

ボールを待つのか、後衛のボールまで奪いにいくのか。

大きく分けると、この2種類なんですよね、前衛って。

本人のスタンス、ペアの作戦、色々あるでしょうが、やはり前衛の動きってすごくテニス観が現れる。

動いて来る前衛は、プレッシャーをかけたいと必死だし、動かない前衛は慎重派。

もちろん出たり、出なかったりはあると思いますが、上のレベルになるとより特徴が鮮明になると思いますよ。



どちらが良い、という話ではありません

一概に、どちらが良い、という話ではありません。

例えば、完全に縦割りでプレーするダブルスもいますしね。

シングルスが好きな選手、強いペアが組むと、ハッキリとこうなりますからね。

プロ選手の試合では、こういうペアの方が試合で勝ち残ったりもします。

でも、この完全縦割り分業制で勝ち上がれるのって、個人のショット力が必要。

私たちが目指すのは、出来るだけ少ない力で相手にプレッシャーをかけて、良いプレーをさせないテニス、なはず。

そうなると、動ける前衛になった方が絶対に得ですよ。



一度なってしまえば、後は楽

正直、動かなくても相手へのプレッシャーになる。

試合の序盤にポーチに動いて、動ける前衛になったら、その後は動かないでも効果が発揮される。

「次はいつ、動いて来るのか・・・」と、気になるじゃないですか、相手も。

一度動ける前衛になってしまえば、後は楽なのがダブルス。

動かない前衛は、後衛への負担も大きい。

自分もその負担の大きい後衛でプレーする、というなら良いですけど。

私たちの試合は、1日に何試合も短時間でこなして、勝ち上がらないといけない。

そう考えると、動ける前衛方が私はお勧めです。

   

技術は後から、付いて来る

「よし!じゃあ来年はしっかりボレーを練習して、動ける前衛になろう!」と思ったら。

思い立ったら、まず動いてみる。

技術は後から付いて来ますし、工夫しながらカスタマイズ出来ますから。

そもそも、まず動くだけで良いんです。

足を動かして、ポジションを変えるだけなら、誰でも出来る。

あとは、本当にやるか、やらないか。

動ける前衛になっておけるかどうか、はアナタ次第です。



2種類しかいない、今日の相手はどっちだろう?

という確認から、まず入りましょう。

自分が動けるようになると、動いて来る相手だって怖く無い、気持ちが分かるようになります。

「プレッシャーかけようとしてるな・・・」と気付ければ、もうプレッシャーは半減しているようなもの。

ぜひ、試合の中で意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. + POWER CUP について
  2. TOALSON(トアルソン) スイートエリアラケット、これは使える
  3. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  4. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  5. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ワンランク上、の前衛になろう

    テニスの試合で、結果が出せる。周りからも、初めて組んだペアに…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    草トー女子ダブルス大会の壁、「デッドゾーンの魔術師」への対抗策とは?

    学生の皆さんは、もしかしたら経験が無いかも知れない。一般の方、…

  3. ダブルス

    サーブ&ボレーの相手に、スライスでチップ&チャージ!

    ダブルスの試合で、使えるテクニック。並行陣で来る相手に、足下…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要がある

    今回は、かなり厳しいお話を少し。どうも皆さん、ちょっと勘違いし…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で後衛にいるとき、クロスのボールに前衛は「触れないかも」と思っておいた方が良い

    ダブルスの試合で、非常に難しい部分。前衛がポーチに出たけど・・…

  6. ダブルス

    相手がポーチに出て来てからストレートに打っても、それは後手の策

    ちょっとした差ですが、この違いは大きいです。ダブルスの試合で、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    テニスの試合で「ハーフボレーの苦手意識」を克服する為の4つの視点
  2. テニス ストローク

    戦術

    「次やったら勝てないな」で、良い
  3. テニス 怪我

    テニス知識

    急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  4. テニス ストローク

    ストローク

    手打ちにならないストローク、に変えていく5つのヒント
  5. テニス 戦術

    ダブルス

    相手のドロップショットをカウンターで切り返す、のは前衛の仕事
PAGE TOP