テニス メンタル

ダブルス

前衛のポーチが簡単なのは、並行陣?雁行陣?

「前衛は、ポーチに出ないといけない!」と、焦ってしまう。

確かにポーチに動くことは大事ですが、どんな場面でも、どんな陣形でも・・・という訳にはいきません。

今回は、ダブルスの2つの陣形について、前衛はどう動くかを考えてみましょう。

整理しておくと、楽になりますし、ここぞの場面では動けるようになるはず。

並行陣と雁行陣、前衛に違いってあるんでしょうか・・・。

 

前衛のポーチが簡単なのは、並行陣?雁行陣?

 


 

1.動きやすいのは、雁行陣

後衛が両方共にベースライン付近に立つ、雁行陣同士の戦い。

この時には、前衛は動きやすいですよね。

まず、ラリーがストローク対ストロークですので、テンポがゆったりしている。

それに、最悪ポーチに出て触れない、ストレートを抜かれても、後衛が後ろにいるのでカバーしてもらいやすい。

動きやすいし、失敗も取返しやすい、のが雁行陣の前衛のポーチでしょう。

だからこそ、どんどん動いて良いと思います。

逆に動けないと・・・相手から先に動かれますし、ストレートも狙われますよ。

 

2.並行陣は、少し動き辛い

ここは、意見が分かれるところだと思います。

並行陣、つまりは2人で前にいる状態になると、ポーチには出辛くなります。

後衛同士のラリーがボレー対ストロークになりますので、ラリーのテンポが速いですしね。

それに、いざポーチに出てもストレートを抜かれたら後衛はカバーに走れません。

走れるのは、ロブのカバーだけでしょう。

ですから、並行陣になったらポーチには出辛い、だからこそ縦割りでじっくりボレーで打ち返すというペアが多いと思います。

もちろん、ここぞという場面では動いて良いと思いますが、雁行陣と比べると難易度はグッと上がりますね。

 

3.簡単なのは雁行陣、だけど・・・

前衛のポーチ自体が簡単なのは、雁行陣でしょう。

ですが、難点もあります。

ストローク同士の打ち合いですから、相手もストレートへ展開しやすい。

抜かれても良い、のが大前提ですが上手い相手には「動き出すタイミング」が求められます。

並行陣の前衛の場合、もっとハッキリしたチャンスが来やすいでしょう。

後衛がナイスなボレーを深く打てば、浮いてくる機会も多いはず。

雁行陣の前衛の方が、動きやすいけど抜かれやすい、そのタイミングが求められるという点。

ここは、意識しておきましょう!

 

4.それでも、動くのが前衛でしょう!

私のスタンスは、これ。

ダブルスの試合、どんどん動くのが大前提。

並行陣になっても、例えば後衛が女性なら相手は「足下に沈めよう!」と思うじゃないですか。

だったら、男性の前衛がポーチに動いた方が良い。

前衛が動いた方が良い、ポイントが取れる確率が高い、と感じる力があるかどうか。

ダブルスでこのセンス、大事ですよ。

ぜひ、動きながら、失敗しながら身に付けていきましょう!

 

並行陣はどっしり構えて、雁行陣はアグレッシブに前衛が動く。

このメリハリだけでも、試合に安定感が生まれます。

もちろん、相手もそう来るでしょうから・・・アナタ自身はどう動きますか?

普段の練習から、前衛のポーチについて意識を高めていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 【応募受付完了しました】佐藤プロ&土居コーチ 無料レッスン 9/1(火) 15~…
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 【重要です:視聴者アンケート】ご協力のお願い
  5. 全日本テニス5回優勝!佐藤博康プロにボレーのコツを聞いてみた①

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    「サーブが強い、ボレーも手堅い・・・」そんな強豪ダブルス並行陣ペアを倒すのに、必要な意識4つ

    ダブルスの試合をしていて、サーブもボレーも強力で手強い。並行陣…

  2. ダブルス

    リターンするパートナーに、「前衛は気にしないで良いよ」の安心感を与えよう

    「前衛につかまっても、気にしないで!」と、一言、言えるかどうか。…

  3. テニス スマッシュ

    ダブルス

    ポーチが上手い選手が意識している、5つのコツ

    ダブルスの試合で、ポーチに出て決める。カッコ良いですよね、ダブ…

  4. ダブルス

    どんな名コンビダブルスでも、2人でボールを打つことは出来ない

    ダブルスの試合、良いコンビネーションを繰り出してくるペアは、どこが優れ…

  5. ダブルス

    ダブルスの試合で並行陣が不安な人に、基本のポジショニングについて

    テニススクールでも、中級以上になると必須になる並行陣。ダブルス…

  6. ダブルス

    ミックスダブルスは、女性の前のスペースでチャンスメイク

    ミックスダブルスの試合での、鉄板パターン。それは、どのレベルに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 客観視

    日々の雑記

    日本のスポーツ中継を観ていて、気持ち悪いと感じるのは私だけでしょうか?
  2. サーブ

    相手のセカンドサーブを正確にチャージ出来れば、「ダブルフォルトが増えて自滅」して…
  3. テニス 練習

    リターン

    女性の速いサーブ、試合では要注意な件
  4. テニス ストローク

    ストローク

    テニスで速いショットを極めたいなら、その対極の遅いショットも
  5. 戦術

    6割の力で試合を進める、ことに慣れよう
PAGE TOP